2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004.12.31

今年最後の日

12/31は、当然のごとく大晦日。
今年は、両親のいる名古屋で年越し、年明けを迎えます。

一年間ありがとうございました。
年明けにはお話が2本は公開できそうです。

こみけ

こみけに行ってきました。
こみけに行ったのは久しぶりです。
到着したのは2時ごろでしたが結構人がいました。
店じまいしている所も多かったですが。
今度、戦利品をリストアップしてみようと思います。

2004.12.29

ONE終了

七瀬・長森終わりました。

七瀬のお話は結構前に終わったのですが、長森と一緒に書こうと思っていたら、ずいぶん日が経ってしまいました。
七瀬は結構かわいかったですが、選択肢がやっぱりひどいなあ・・・。BAD→ENDでした。
エンディングは、まあ良かったですが、毎日ドレスで待つことや、冬の日もドレスで待つのは少し無理があるかなと思いました。


長森は、攻略ないと無理ですね。
せめて、そういうコトさせるなら、もう少し前ふりを下さいと言いたいなあ。
いきなり否定的につきあうのは、難しいよ。
長森ENDはもう少し、永遠の盟約に踏む込むかと思ったけど、さらっといっちゃいましたね。
長森をといる分には、永遠の盟約は履行されていると思うのですが違うのかな?
永遠がちょっと、消化不良な感じでした。
最後の方のウサギのぬいぐるみのシーンはぐっと来ました。

シナリオの評価は
みさき・茜
澪・繭・長森
七瀬

とこんな感じでしょうか。
点を付けるのであれば、70点くらい。
減点要素は、永遠の消化不良、選択肢の難解さ、もう少し頑張って欲しいシステムといったところです。

眠っているのを頑張って起こした甲斐があったソフトでした。


次にやるゲームは、ToHeart1、2
発売日前に予約したのは、かなり久し振りです。
1をやったこと無かったので限定のデラックスパックです。
このゲームもファンの多いゲームのなので今から楽しみです。

あゆのおはなし

第5回ピンポイントお題シリーズの投稿用の作品が下書き完成しました。
何とか締め切りまでに、もう一本いけそうな感じです。
期間が短く、少し推敲が甘くなりそうな気配ですが。
とりあえず、キャラをかぶらないように書くという目標は、達成できそうです。
こっちは、ほんわか系のお話。呼び名が変わる日に近い雰囲気のお話になりそうです。

タイトルはまだ未定。

2004.12.28

水瀬さんちのお米屋さん

第5回ピンポイントお題シリーズの作品が完成しました。

今回のお題は「玄関」
場所は夢幻の砂浜でやっています。
締め切りは1/10までなので、頑張ればまだ間に合います。参加してみてはどうですか?


で、今回のお話は水瀬さんちのお米屋さん。
ギャグというか壊れというかそんな感じのお話になりました。

でもこの話の参加は本意ではないので、もう一本頑張って書いています。
そっちの方も、もう少しでめどがつきそうです。

お風呂の話は校正段階で停止中。もう少しなんだけどねえ・・・。

2004.12.27

理解できないフィルタリング

社会不適合サイトリングというのがあります。
これは、キッズgooサーチにフィルタと言う名の社会的差別を受けたサイトさんによる社会不適合サイトリング、と言うか同盟。だそうです。

で、しあわせのおもちゃばこは、当然フィルタリング関係ないだろうなと思っていましたが、
結構はじかれるページがあります。
高波発生所がはじかれたのは、びっくりでした。

納得いかなかったのが、お話のページ。
ぽかぽかはいいよ。百歩譲って、お風呂の話だし、キスもしてるし、裸だし、フィルタリングされても許すよ。
でも、
呼び名が変わる日がフィルタリングされるのは納得いかないぞ! こらキッズgooどういう基準でフィルタかけとるんじゃい。

というわけで、あとで、このリングに参加しようと思います。


2004.12.26

ビールの真実

恵比寿麦酒記念館にいってきました。
恵比寿麦酒記念館にはティスティングラウンジといって、ボールを飲ませてくれるところがあって、安くビールを飲ませてくれます。(エビス 360mlぐらい 250円 Guinness ハーフパイント 250円)
相方と時々ビールを飲みに行くのですが、そこのビールは嘘みたいに美味しいです。
これがビール本来の味なんだなあと実感します。
今回特に美味しかったのがGuinness甘く感じたGuinness初めてでした。

エビスの黒もとても美味しかったです。

2004.12.24

ラブひな

アニメのラブひなの第1話を見ました。
漫画は結構前にそろえたのですが、アニメは全然手つかずでした。
で思ったことは、この景太郎。妄想おおすぎ。まるで、ときメモの高見公人みたいだとか思ってみてました。
漫画版ではこんなやつじゃなかったのですが。
話が終わって、エンディングの流れる中、当然声の出演が出るわけで・・・。
景太郎役、上田祐司ですか? 高見公人と思った自分もあながち間違いじゃなかったなと笑ってしまいました。


  
 

2004.12.21

19インチの実力

買ってきたモニターを設置しました。

感想は、でかいぞモニター。
テレビいらないジャン。

ゲームとかやるときにテレビに出力していたのをやめちゃっても良いと思えるくらい、画面が大きいです。
画面のサイズだけ言ったら、横に並んでいるテレビとほぼ同じです。

うちのシステムは、パソコンとテレビとオーディオがくっついていて、
パソコンの音と画面をテレビに出力してそのテレビの音はオーディオから出力できるようになっています。
このシステムの欠点は、テレビをつけないと音が出ないところでした。

これは、ビデオをとか見たときに、テレビの音をオーディオから出力できるようにしてあるからなのですが、
その辺を全部モニターに持ってきて、テレビは独立させても良いかなとか思います。

どうしようかな・・・。

2004.12.19

PCパワーアップ

今日は秋葉原で大きな買い物をしてきました。

DVDドライブと液晶モニターです、19インチです。
お金はちょっぴり痛かったですが、19インチのモニターというのは未知の領域です。
DVDはデュアルレイヤー対応のパナソニック製のドライブです。
今のパソについている、DVDドライブは、DVDRAM読み書き可で、+とか-とかもかけるそこそこのやつなのですが、最大の欠点として、CDが焼けないというのがあります。実は意外と不便です。

近いうちに載せ替えて2層書き込みを試したいなと思っています。

2004.12.12

水瀬さん

お話を書くときに、人称は結構重要で、気を遣わなきゃいけない所だと思います。
Kanonでいうと、名雪はわたし、香里はあたし、北川はオレとか。
相手がいる呼びかけは当然全てを覚えているわけではないので、呼称表を掲載してあるページを参考にしていたのですが、昨日調査したら、呼称表と違っている部分がありました。
そののページには北川→名雪は「水瀬」と書かれていて、かつ本編でその呼び方をしているとかかれていましたが、本編で、北川が名雪のことを呼んでいるところは無いみたいです。
まあ、北川は香里のことを、美坂と呼ぶので、名雪のことを水瀬と呼ぶのは、当然の推測ですし、
CDドラマとかで、呼んでるのかもしれないです。
でも、本編で、書かれているのと書かれていないとでは大きな差だったりします。

自分の中では、北川は名雪のことを水瀬さんと呼ぶイメージでした。だから、今まで、すごく違和感がありました、
本編に登場していないみたいなので、ボクの話の中では、北川→名雪は「水瀬さん」と呼称にしようかなと思っています。

2004.12.11

パンドラの箱

ゲームのアイテム名に使おうとパンドラの箱について調べてみました。

開けては行けないといわれた箱をパンドラが開けてしまって、その中に閉じこめられていた災厄を開放してしまった。
パンドラはあわてて、箱を閉じた。そこに残ったのは希望だけだった。

というのがたぶん一般的な解釈じゃないかな? 
ちがう? でも自分の中では、これなので、これを一般的な解釈とここでは定義するね。

パンドラの箱は元々、壺で、翻訳するときに小箱にと訳されたところからパンドラの箱と広がったらしいです。
閉じこめられていた物も一般的には「希望」みたいですが、「前兆」だったりすることもあるみたいです。
閉じこめられている希望は「まやかしの希望」だったりするみたいです。

ここでふと思ったのは、パンドラの箱に残った物は開放されたのか?

前兆は開放しなかったみたいです。これを開放しちゃうと、これからの不幸なことがわかって絶望しちゃうから。
でも、希望は開放されたのだろうか?

希望と解釈された場合は、災厄にまみれた世界に絶望して死なないように、希望が与えれたそうです。
ということは、希望は開放されたと考えるのが普通だけど・・・。それがまやかしであっても・・・。
開放しなかった場合は、人間に最後に残されたのは希望だったという解釈もできるけど、
パンドラが箱を開放しなかったら、人間に残されたのは災厄だったとなるわけで、なんか矛盾な気がします。
深い考察はまったくするつもりがないので、この辺で切り上げますが、よく知っているはずの神話も調べてみるとけっこう奥が深くて面白いです。
ちなみに、箱と筺では箱の方が一般的なようです。
筺で検索したときは、神話系のページが全く出てこなかったので。


今回検索で引っかけて参考にしたページ
参考ページ1
参考ページ2
参考ページ3

2004.12.10

君の瞳の色は

ONE シュンEND
この人は攻略を見ながらやったので、一回でENDにいけました。
隠しキャラだけど、本質みたいなキャラ。

ちょっと、話が難しかったです。

ONEはお話が難しいです。

2004.12.04

茜END

DNMLとか作っていたせいで、ONEが滞っていました。
前は、長森が、七瀬といっていましたが、攻略ページを見ると茜のフラグがずいぶんと立っているので、
茜にすることに。
先輩のシナリオも良かったけど、茜のシナリオも良かったです。
でも、選択肢難しすぎ。
茜BAD・茜BAD・茜BAD・茜END

このシナリオは待つシナリオなのに、探しに行かないと行けないの?
カツ、探しに行くときも一回待たなきゃだめって・・・・。
ちょっとひどいです。

茜のシナリオは主人公がいなくなることがわかっているだけに、他の人たちよりも切ないなあと思いました。

「呼び名が変わる日」完成

無事にDNML版の呼び名が変わる日が完成しました。
結局1週間かかりました。次回があるとすれば、もう少しペースがあがりそうです。

個人的には、満足のいく仕上がりになりました。

2004.12.01

ズッコケ3人組

ズッコケ3人組シリーズというのがあります。
ハチベエ・ハカセ・モーちゃんという3人が主人公の本です。
このシリーズ結構好きで、中学生くらいまで読んでました。
最後に読んだのは何だったかな?
結婚相談所を読んだか読んでいないかいうくらいだと思う。
そのズッコケシリーズが50作目で完結するそうです。

今はもう読んでいないシリーズだけど、終わると思うと少し寂しいなと思います。
那須正幹の本は読んでいてすごく楽しかった記憶があります。
ズッコケシリーズの他にはお江戸の百太郎のシリーズも好きでした。


読んだことがないというなら、一度読んでみてはどうでしょうか?

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

@Happy_24h

  • twilog

Amazon

趣味関係