2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ナイトウィザードルール確認 | トップページ | 小雪の背景変更しました。(BlogPet) »

2005.02.08

汀 本編

クラナドのお話で、「汀 本編」というお話を読みました。
渚も汐をなくなった後のお話で、杏とつきあうことになったという感じで話が進みます。

個人的に良かったのが、ことみ・ゆきね・渚の章です。あとは、終章もぐっと来てしまいました。

このお話は無声映画な印象をうけました。
おそらく意図的に「」が使われていないからだと思うのですが。
だから会話文に「」があると、おお、しゃべってるよっておもったことが何度かありました。

ことみの章は基本的にモノクロのイメージで、杏たちがくるとカラーになるそんな印象でした。

「汀」この字はみぎわと読むのですが、なぎさともよめるんですよね。
だから最初、杏との話なのに子供がなぎさか? と思ってしまいました。

« ナイトウィザードルール確認 | トップページ | 小雪の背景変更しました。(BlogPet) »

おはなし」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
突然失礼いたします。
汀の作者のひでさんです。
私は初期のチャップリンやバスターキートンの
無声映画に強い影響を受けた人間ですが、
読み手の方でそのように指摘して
くださった方は初めてでかなり嬉しいです。
あと、ことみの章は改めて読みなおして
モノクロ、というご感想に納得しました。
また何なりと感想突っ込みありましたら
遠慮なく入れてください。

コメントありがとうございます。
作者の方からコメントをいただけるとは思っても見なかったので、びっくりしました。
googleで「汀 本編」で検索するとこのページかなり上の方に来るんですね。 作者さんだったら、読んでくれた人がいるんだ。ってたしかに見に来るよなっておもいました。


他の方もそうだと思いますが、自分は話を読むときに、頭の中に情景を浮かべます。
読んだハシから頭の中で映像に変換するという感じでしょうか。
汀 本編というお話も当然そういった読み方になるわけですが、通常、会話の時は登場人物が普通にしゃべるわけですが、このお話の場合は、しゃべっている台詞がカットインしてくる感じでした。
なんでだ? と改めてみると、「」がないからなんだなと。それで、無声映画みたいなという印象を受けました。

同じように、ことみの章は基本的に全編モノクロなのに、杏たちが来ると、カラーに変わるそんな感じでした。

汀の方は完結したと思ったら、それからっていう新しいお話が始まっているんですね。
長編は、完結してから読もうと思っている人なので、読みに行くのはだいぶ先になるかもしれませんが、是非読んでみたいと思います。

短編の方読んでなかったので、今度読ませてもらうと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63691/2847793

この記事へのトラックバック一覧です: 汀 本編:

« ナイトウィザードルール確認 | トップページ | 小雪の背景変更しました。(BlogPet) »

@Happy_24h

  • twilog

Amazon

趣味関係