2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005.07.31

マリア様はがちゃがちゃがお好き

ということで、新コンテンツです。
新コンテンツはマリア様が見てるで
マリア様はがちゃがちゃがお好き。
以前紹介した、ランダムで題が作成されるがちゃがちゃSS掲示板に投稿した物をまとめた物です。
既に、kanonと同じくらい作品数があります。
作成意図が違うからなんですけどね。
kanonはじっくり作り上げていく感じ。まりみては、早く書く練習。
まりみては早く書いている分校正・構成がkanonに比べて甘いと思います。
せっかく作ったので楽しんでもらえたらと思います。

2005.07.30

おはなし追加

おはなしのおもちゃばこに「親の心子知らず この心子知らず」「プレゼント」を追加。
まだ両作品とも、このぺーじで公開をしていません。リンク先で読んでください。
オリオンの少女加筆修正。
気になっていたオリオンを修正。今度は気が向いたらほったらかしてあるDMNLだなあ。
マリア様はがちゃがちゃがお好きを準備中。
マリア様をコンテンツに格上げ準備中。
その他のおはなしのなかに、追加してます。
機会が有れば、早いうちにに公開できると思う。

作品提出

ということで、旋律の作品を提出しました。
タイトルは「プレゼント」になります。
いよいよ、残りはまこみしこんび+男性陣。真琴はきついなあ………。

とりあえず、一息ついたので、近いうちにオリオンの修正でもしようかなと思ってます。

2005.07.29

旋律ほぼ完成

mixiの日記より転載。

ps4-8の作品がほぼ完成。
後は改行調整と、HTML化のみ。
今回は、参加できないかも知れないなあと考えていただけに、とりあえず一息。

2005.07.25

デザイン変更(BlogPet)

きょうは、ゆうとここまでゆうはデザインしたの?
ゆうはここにゆうとここへ変更したの?
きょうは変更した。
こゆきがゆうが変更されたみたい…
きょうこゆきはここへゆうが変更しないです。
こゆきはここにテンプレートにデザインするつもりだった?
ゆうとここへ変更すればよかった?
きょうこゆきはデザインするつもりだった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こゆき」が書きました。

背景更新

こうさぎの背景が表示されなくなったからどうしたのだろうと思ったら、移転されてました。
ということで、URLの張り直し。

夏っぽい背景になりました。

2005.07.22

魔法少女なkanon

PowderSnow Fairy 雪国少女なゆきちゃんを読みました。

自分はどちらかというと、原作重視なのでその世界観から逸脱する魔法少女ものっていうのは、あまり読まないのですが。

読んだ感想はすごく好みでした、名雪はかわいいし、ぴろも関西弁でしゃべるあのピロだし。

ARIA ~いつか見上げた空に~を読んでいると、ピロの思考が何となく見えるようで・・・。
全然関係ない話だけど実は裏でこっそりつながってる(あるいはそれを類推させる)のに弱いです。


魔法少女ものということでもう一つ。

佐祐理の世界
これは、厳密に言うと魔法少女ものではないんですけど、ここに。
なんでかは、読めばすぐにわかります。
佐祐理壊れっぷりがすごいのですが、鼻につく壊れ方じゃないのがいいです。
ちょっと転がしたって感じで、いやじゃないです。壊れているのにキャラが自然なんですよね。
佐祐理さんならしそうだよなーというレベルで展開していく物語がすてきです。
サブキャラの方々もいい味出してました。


魔法少女ものではないですが、ARIA ~いつか見上げた空に~の話題が出たのでそっちの紹介も。

kanonSS自動リンクで行われたコンペの参加作品で11番の作品。個人的にはもっと上だと思ったんですけどね。


自分は10点をつけました。
以下そのときの感想。

ピロという視点で、真琴の話の補完をして、
名雪やあゆまで、フォローを入れて、
非常におもしろかったです。
猫又という設定もよかったです。

このとき10点つけたのは確かこの作品だけだったはず。・・・違ったかな?

このお話が縁でエルラさんとは仲良くしてもらってます。

2005.07.21

ソードワールド100

何でもソードワールド関連書籍が100冊越えたとか。
すごいなあ。7月の新刊であの作品が帰ってくるそうです。
『サーラの冒険5 幸せをつかみたい!』
新井素子のブラックキャットシリーズ並のほったらかし度でしたね。
今から楽しみです。
ソードワールドリプレイ、へっぽこーずが最終巻だそうです。
へっぽこは面白かっただけに、寂しいですね。
NEXTもでて、こっちは舞台がファンドリアになるんだとか。
短編集も出るそうで、今回もへっぽこ。短編集でこれだけ出てくるとは、へっぽこの人気の強さが伺えますね。

発売されたら、4冊速買いぽいです。

2005.07.19

コミックバトン

只忘卻訪問的地方・・・の参謀中佐さんからコミックバトンが回ってきましたので、答えてみようと思います。


Q1.あなたのコミックの所持数は?
300から400くらいかなあ。数えたことないから、よくわかんないです。


Q2.今読んでいるコミックは?
実際に購入して継続的に読んでいるという意味なら以下のものになります。
はじめの一歩」森川 ジョージ
マガジンで連載している、有名なボクシング漫画です。

せんせいのお時間」ももせたまみ
マンガライフMOMOで連載している4コママンガ。
個性的なキャラが織りなすスクールライフは、愉快の一言です。個人的な好みは、先生大好き北川さん。

OL進化論」秋月りす
週刊モーニングで連載している4コママンガ。世間と日常の視点が良いなあと思います。課長さんがお気に入り

ういういDays」犬上 すくね
少女マンガ雑誌で連載していないのが不思議なくらいの恋愛もの。甘酸っぱいもどかしさ満点のお話です。

かなあ、他にもありそうだけど。とりあえずはそんなところで。


Q3.最後に買ったコミックは?
東鳩英雄伝説」ルーシア
この手の同人系のお話はあまり買わないんだけど、古本で買ったので、値段がやすかった。
雫。痕も知ってないと、つらいところもあるけれど。ToHeartと銀英伝を知ってればなんとか楽しめます。

パパ×ママ りばーしぶる森島明子
これも、中古でやすかったから。
ぱぱがままな話し。なんだかんいって結構好きです。


Q4.よく読む、または思い入れのあるコミック5つ
危険がウォーキング」星里もちる
彼女の汗はニトログリセリン!?というキャッチコピーなお話し。そしてそのコピーに偽りなし。
個人的には赤面高熱症の園子さんがいい味だしているので大好きです。

ちまりまわるつ」竹本泉
現代社会に、魔法が普通にとけ込んでる社会。
魔法が技術の一部として存在してる、そんな世界。
魔法検定制度とか自分のお話の世界に取り込んでみたいなと思ったマンガです。

「プレゼントフロムレモン」桂正和
演歌歌手だった、お父さんの夢を追って歌手を目指した子供の話し。
最終回がものすごく印象的で大好きです。
ウイングマンとか、DNAとかに比べたら無名の作品なんだろうなあ・・・。

「パーマン」藤子・F・不二雄
最近再映画化しました。
まあ、映画のお話はファンとしてはいまいちだったんだけど・・・。尺が足りなかったよな・・・。
まあそれはそれとして。
パーマンとみつおの反応の違いに悩んだり。ただの活劇譚じゃないところが良いです。
1号を巡るパー子とのみっちゃんの恋愛模様や、ドラえもんであかされる、
1号を待ち続けるパー子のけなげさ。その辺が大好きです。
魔土災炎もいい味です。


そのほかにあげるとしたら、
無敵のビーナス
キャッツアイ
ウイングマン
TPボン
のび太の宇宙開拓史
のび太の魔界大冒険
ドラゴンクエスト ダイの大冒険

こんな所かなあ・・・。


Q5.バトンを渡す5人

最近よく見かけるbatonですが、人によっては、チェーンメールのようだといって嫌う人もいるみたいです。
で、次に回す5人をどうしようかなと考えるわけです。これ、本当に回しても良いのかなと。

まあこの文は、musical batonからの転載なわけですが、コミックバトンはどういう物なんでしょうか?


こっちは、日本人の人が始めたみたいですね。まあ、次回以降バトンが回ってきたら、コミュニケーションの一貫でやってると自分は好意的に解釈しておきます。

どりーむぷろじぇくとのエルラさん
相互リンクにもなりましたし、バトンもいただいたのでそのお礼に。
進呈作品の方は言うことが二転三転してますが許してください。
そのうちに何か書いたお話をそちらに進呈という風に受け取ってもらえるのが、一番良いみたいです。
コンペの中編が終ったら、コンペの短編の終了からコンペ中編の終了までに書いた作品で、エルラさんが気に入った物を進呈しようかなと考えています。

名前がダミーだったのですっかり忘れてましたがコンペ短編部門3番なんですよね。おめでとうございます。

WILD TULIPのTsukaさん
先日誕生日を迎えたそうなので。誕生日プレゼント代わりにどうぞ。
子育ての合間の息抜きにネタとして使ってもらえればなとおもいます。
返品は不可ですが、道ばたに捨ててもかまいません。


やむすたのたからばこのやむすたさん
いきなり渡されてびっくりするだろうなあ・・・。
コリアンジェノサイダーnayukiの記事を書いたときに、書き込みをしてくれたので見てくれているんだろうなと思って渡してみます。
体調悪いみたいだけど大丈夫かな? お互い身体には気をつけましょう。

ヌルハチ大銀河のヌルハチさん
時々リンクからたどってきてくれているようなので。前回マツオ君とどっちに渡そうか迷って、blogのあるマツオ君を優先させた経緯もあります。
マツオ君からmusical batonも回ってるので頑張ってね。


mixiからGMとものさん
もう回ってるかな? mixiが結んでくれた縁と言うことで、バトンを回してみたいと思います。
お仕事忙しいでしょうが、息抜きに遊んでもらえたらと思います。

というわけで、コミックバトンまとめ。

以下の質問に答えてください。
Total volume of comic on my Bookshelf(本棚に入ってる漫画単行本の冊数)
Comic thought to be interesting now(今面白い漫画)
The last comic I bought (最後に買った漫画)
Five comic I read to a lot, or that mean a lot to me (よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画)
Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5名)

注意事項
このbatonをもらった人は上記の質問に答えなくてもOKです。
このbatonをもらった人は誰かにbatonを渡さなくてもOKです。


それでは、こっそりと投げたbatonどうなるか楽しみにしてみています。

2005.07.18

グリーンスリーブスめどがたち(BlogPet)

きょうは、物語が参加したいです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こゆき」が書きました。

愛・地球博に行ってきました

暑いし、混んでるからという事で、夕方から入ることにしました。(PM5:00からはナイトチケットが販売されてます)
藤が丘駅からリニモに乗って、万博会場駅に。
混み混みです。コミケのユリカモメをイメージしてもらえば間違いないでしょう。休日なのに、常磐線並みのラッシュでかなりめげました。
リニモは車輪+レールのゆれが無いので不思議な感じでした。
ただ、電車に比べて、抜群に静かです。その点ではかなりリニモ優秀です。外でリニモを眺めていた場合、ほとんど無音で通っていく感じでした。

会場に着いたら、入場券を買うのに1時間待ち。
7/17は今までで最高の混みだったとか。
まあ、ディズニーランドに比べれば軽いものなんでしょうけどね。

☆全日の前売り券を持っていたのですが、チケット売り場に持っていったら、ナイトチケット2枚に交換してくれました。

で、なんとか、チケットを手に入れて、会場に。
前もって2chで情報収集してあったので、評判が良かった所を廻ることにしました。
企業パビリオンゾーン・グローバルコモン1をサクッとスルーして、グローバルコモン2へ。
ここの2chのお勧めは・・・。
アメリカ
メキシコ
中南米共同

アメリカは混んでいたので、メキシコと中南米共同へ。
メキシコ。
メキシコの自然を中心に置いた展示。サボテンとか自然を題材にしたアート・文化は結構良かったです。

中南米共同。
いろいろな国の海岸の砂が置いてあり、その砂がさわれるのが面白かった。
国によって、ぜんぜん砂の質が違うのが面白かったです。
ここは、ショップで休憩したのですが、コーヒーが美味しかったです。
コーヒー好きなら気に入るのではないかと。
マンゴーのミックスソフトは味が濃厚でした。
時間によっては藍染めや、ツアー見たいのをやってるみたいでした。
時間が遅くて自分らが行った時には、終わってましたが。


その後は、センターゾーンをサクッとスルーして、グローバルコモン3へ。
ここの2chのおすすめは
イタリア
クロアチア
スペイン
ドイツ
トルコ
モロッコ

並んでいないところをめざして、ということで、
リビア
おすすめにはいっていなかったけど、建物も小さく、混んでなかったので。
絨毯とか、結構きれいでした。
まあ、ちょっとした寄り道にはいいかな。ここをめざしていくことは無いと思います。

トルコ
ここが今回行った中で、一番良かったです。
自然と幾何学? 感覚に訴える感じ。お勧めです。


モロッコ
展示としては下の下。
接客も下の下。
でもミントティーは美味しかったです。量は少なかったけど(450円)
クッキーもまあまあ、ぼりすぎだけど(1枚200円)
休憩所として、利用するのがいいでしょう。

それから、今度はグローバルコモン4へ
ここの2chのおすすめは
イギリス
チェコ
ベルギー
ポーランド
ルーマニア
ロシア
コーカサス共同


というわけで、行ったのは、
コーカサス共同。
自然と長寿がテーマだったかな?
ここは絵とかの展示。
美術が好きだと結構気に入るかも。
自分はそれなりに楽しめました。

ベルギー
に、はいろうと思ったらたいむいずあっぷ。
ベルギー閉まったので、近場で並んでいない所に


北欧共同
で、はいったのがここ。
一般市民のアイテムを展示。
北欧を身近に感じてもらおうというコンセプトは買うんだけど・・・という感じでした。


で、時間になったので、IMTSに乗って、北ゲートまで。
ハンドルがかってに動く様はなんか見ていて不思議な感じがしました。


で、帰ろうと思ったら、すごい人。
リニモ50分待ちとか言っています。
混み混みです。コミケのユリカモメをイメージしてもらえば間違いないでしょう。
いろいろあって、なんとか無事に帰ったんですが、かなり大変でした。
で、今回経験した結論から言うと・・・

☆帰りの道筋は・・・
シャトルバスで万博八草駅→藤が岡がいいみたいです。
切符は先に買っておいたほうがいいけど、最短区間で、無駄になってもいいようにかったほうがいいみたいです。


総括

メキシコ   ★★★★
中南米共同  ★★★
リビア    ★
トルコ    ★★★★★
モロッコ   
コーカサス共同★★
北欧共同   

て感じです。

入るのと出るのが大変でしたが、それなりに楽しめた万博でした。

行くならば、それなりに情報収集をしてから行った方がいいと思います。
適当ふらつくには当たり外れが結構あるので、お勧めできません。

2005.07.17

デザイン変更

blogのデザインを変更してみました。テンプレート変えただけなんだけど。
夏っぽい涼しげになったかなあとは思います。

まあ、気が向いたら、また変えようと思います。

グリーンスリーブスめどがたち

PS4-8に参加する、グリーンスリーブスが聞こえる(仮)めどが立ちそうです。
来週中ごろには、参加表明できそうです。

しかし、今回の長さはだいたい14Kくらいかなあ・・・もう少し長くなるのかな。
まあそれくらいの予定です。
とりあえず、参加できそうで、一息です。
今回はちょこちょこ書いていたんだけど、なかなか、まとめる気にならなくて大変でした。
それが今日になって、筆が進む進む。一気にエンディングまでのシーンが完成しました。
あとはシーンをつないで、物語に組み込むだけです。

その勢いで、てをいれようと思っていた、オリオンも追加分下書できました。
近いうちに、と言っても、グリーンスリーブスが終わり次第でしょうけど、改稿できそうです。

それが終わったら、今度は、コンペの中篇を書く予定。
PS4-7でだそうと思って、御題から離れたため没にした作品で、短編にだそうと思って20K超えてしまった作品。
やっと日の目を見そうです。


親の心子知らずに手を入れるのはかなり先になりそう。
エルラさんのところには、親の心かグリーンスリーブスか、中編参加作品か、どれかエルラさんが気に入ったものを進呈しようかなと。3つあれば、どれかは気に入ってもらえる・・・といいなあ。
親の心はあまり気にってもらえなかったみたいなので。

まあ、自分も、あの作品はコンペにあわせて無理無理出した作品といえなくも無いし。
自己採点では6点ですよ。作品自体は、ちゃんと校正したし、個人的にはそれなりに気にっているんですけどね。

2005.07.15

のび太の恐竜が帰ってくる!

 今春の公開を見送っていたアニメ映画「ドラえもん」が、2年ぶりにスクリーンに帰ってくることが14日、分かった。タイトルは「のび太の恐竜2006」で、80年のシリーズ第1作「のび太の恐竜」のリメークに挑戦する。来年3月4日公開。
 映画「ドラえもん」は、80年から毎年春休みに公開。年300万人もの動員を記録する人気シリーズだった。しかし製作側が「時間をかけて、スケールも大きく、クオリティーの高い作品をつくりたい」として、昨年の25作目「のび太のワンニャン時空伝」を区切りに、今春の製作・公開を見送っていた。
 従来の倍の準備期間を得た新作は、原点回帰と再スタートの意味を込め、第1作のリメークを選択した。原作者の藤子・F・不二雄さんが生前「シリーズの中で最も愛着の深い作品」と明言していた作品でもある。巨大な恐竜を現代に誕生させてしまう設定はそのままに、最新の学説をふんだんに取り入れ、最新のCG技術を駆使した迫力ある映像を目指す。
 テレビシリーズは4月から声優陣が総入れ替えとなったが、映画版もそれを引き継ぐ。スタッフも、最新技術を使ったアニメを手掛けてきたメンバーを新たにそろえた。新作の予告編は16日から各劇場で上映。
(日刊スポーツ) - 7月15日より


しかし、うちのページで3連続ニュースからとは珍しい。
ま、それはいいとして、ドラえもん。
コミックに載った「ボクのぴーすけのび太の恐竜」を大幅拡大して映画になったのはよく知られるところ。
え? しらない?

初期の作品だけにつっこみどころ満載だったり。
タイムマシーンが壊れた! 帰れない!!
 →タイムふろしき使えば?
 →タイムベルト+どこでもドアというコンボもあるよね。

みたいな。

個人的にはのび太の恐竜よりも、のびたの宇宙開拓史・のび太の魔界大冒険あたりが好きなのですが。
新どらの声をまだ聞いていないので、この機会に一度聞きたいなあと思います。
ていうか、映画館に見に行こうかなあ・・・。

2005.07.14

消える! 火曜サスペンス

日テレ「火サス」視聴率低迷で今秋終了

 2時間ドラマの代名詞的存在にもなっていた日本テレビ「火曜サスペンス劇場」が今秋、24年の歴史に幕を閉じることが13日、分かった。81年9月のスタート当初は、視聴率25%を超えることもたびたびあったが、ここ数年は10%台前半の視聴率が多かった。00年ごろから「サスペンスにこだわった番組制作は、時代に合わない」などと、終了が検討されてきた。後番組の詳細は決まっていない。
 四半世紀にわたり茶の間に親しまれてきた「火曜サスペンス劇場」が消える。すでにドラマの収録はしておらず、9月末で終了の見込み。10月以降は単発の2時間枠として残る予定だが、放送番組については現在、検討が進められている。
 同劇場は81年9月29日にスタート。82年7月27日放送の「松本清張の指」では、平均28・0%を記録するなど、高視聴率を連発してきた。真野あずさの「弁護士 高林鮎子」や、故いかりや長介さんの「取調室」など多数の人気シリーズを生み、主題歌でも「聖母たちのララバイ」(岩崎宏美)などを大ヒットさせた。79年スタートのテレビ朝日「土曜ワイド劇場」とともに2時間ドラマの老舗として固定ファンをつかんでいた。
 しかし、最近は10%台前半の視聴率が多く、内容のマンネリ化も指摘されていた。関係者は「数年前から、サスペンスに絞ったストーリー展開が視聴者に飽きられるようになった。2時間じっくりドラマを見て、謎解きを楽しむような時代でもなくなった」などと終了の理由を挙げている。
 背景には、日本テレビがフジテレビと展開する激烈な視聴率競争もある。日本テレビは一昨年まで10年連続で年間視聴率3冠(ゴールデン、全日、プライム)を達成。しかし、昨年は巨人戦中継の低迷などで3冠王をフジに譲った。今年はさらに苦戦続きで、ゴールデンタイムの4~6月期平均視聴率で、テレビ朝日、TBSにも抜かれ4位となった。
 「王者奪回」が同局の至上命題で、今秋には大幅な番組改編が予想される。「火サス」もその波にのまれた形だ。4月には「速報! 歌の大辞テン」「摩訶! ジョーシキの穴」などが終了している。
(日刊スポーツ) - 7月14日

ものすごーく長いタイトルがつく事で有名な火曜サスペンスが消えるようです。
元々テレビはあまり見ない方だから、火曜サスペンスを最後に見たのか覚えていないけど、なんか寂しい気がします。

印象的なのは長いタイトルとCM前のジングル。
あれが無くなるのはちょっと寂しいかな・・・。

2005.07.13

フランス語は国際語失格?

<石原都知事>「フランス語は国際語失格」発言で提訴される

 石原慎太郎・東京都知事が「フランス語は数を勘定できず国際語として失格」などと発言したのは名誉棄損に当たるとして、都内のフランス語学校校長、マリック・ベルカンヌさん(46)や日本人のフランス語研究者ら21人が13日、石原知事を相手に、新聞への謝罪広告掲載と計1000万円余の慰謝料を求めて東京地裁に提訴した。
 石原知事は昨年10月、首都大学東京(今年4月開学)の支援組織設立総会で「フランス語は数を勘定できない言葉だから国際語として失格しているのも、むべなるかなという気がする」と発言。フランス語は「70」を「60+10」、「80」を「4×20」などと数えるため、知事の発言はこうした数え方を念頭に置いたものとみられる。
 これに対し、原告は「フランス語は数を数えられ、国際機関や多数の国で公用語として使われている。虚偽の発言で母国語として話したり研究する者の名誉を傷つけ、学習者の意欲をそぐことで語学校の業務を妨害した」などと主張している。原告代理人の酒井幸弁護士は「一部に変わった言い方があるが、『数えられない』との発言は理解できない」と批判した。
 石原知事の発言を巡っては、01年の雑誌インタビューで大学院教授の言葉を引用し「『文明がもたらしたもっとも悪(あ)しき有害なものはババア』なんだそうだ」と述べ、02年に都内の女性が慰謝料を求めて同地裁に提訴。今年2月「個々人の名誉を傷つけたとはいえない」と棄却され、原告側が控訴中。【井崎憲】
 都知事本局秘書課の話 訴状が届いていないので何とも申し上げられない。
(毎日新聞) - 7月13日より

上記の考え方だと1万を「10×1000」と表現する英語も国際語失格ではないのかなと思うのだけどどうだろう?
訴える方もどうかと思うけど、他の国の言葉に対して失格呼ばわりするのはどうかなとか思ったり。

言葉は重要な文化。好き嫌いはあっても否定はしちゃいけないと個人的には思います。

2005.07.11

Keyキャラ相性占い(BlogPet)

ゆうで、恋愛した?
きょうこゆきは恋愛したいです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こゆき」が書きました。

musical baton続き

Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人) で一度切ったのは意味があります。

最近よく見かけるbatonですが、人によっては、チェーンメールのようだといって嫌う人もいるみたいです。
で、次に回す5人をどうしようかなと考えるわけです。これ、本当に回しても良いのかなと。

で、元々、このmusical batonは元々どういう物なんだろうと調べてみました。

元々、外国人(オランダ?)が始めたのが起源。日本では、このbatonを起源としないで、勝手に始めた傍流が、ながれている模様?

元々、コミュニケーションの一貫として回されたみたいです。じゃあ、結構気兼ねなく回しても良いかな。
という結論に達しました。


じゃあ、誰に回そうかなと考えて・・・。
まあ、落としてもいいそうなので、気楽に考えることにします。
もう既に終わっちゃった人はスルーしてください。

きなこのへご部屋のきなこさん
大学の先輩ですね。音楽関係は得意だろうということでbatonを渡してみます。
問題はものぐさだし、うちのページを全く見に来ないことでしょうか。
mixiでもほとんど見に来ないし・・・。


kobaxの小部屋のkobaxさん
mixiでお友達になったので、その記念にbatonを渡してみます。
コンペの中編部門はお互い頑張りましょうね。


英☆康作の行先不明宇宙戦艦の英☆康作さん
PS4でお世話になっています。ミュージシャンの人なので、この手のお題は得意かなと。
でも、もう終わってるかな?
高波発生所にピン題関係ということでリンクしています。一応ご報告を。
ピン題の作品。今回は落としそうな予感がしてます。頑張ってるんですけどねえ・・・。


HeavenlyPlaceのマツオ タカシさん
高校連で、blogか日記を持ってる人。たまにうちのページに見来てくれているみたいなので、batonを渡してみます。
果たしてこの記事に気がつくかな?


おさんぽ共和国のケテル・ウィスパーさん
多分、この記事を見たら一番びっくりするのは、このひとでしょう。間違いない。
我ながら突然だと思うし。
がちゃがちゃSS掲示板でお世話になってる人。
瞳子のリリアン摩訶不思議報告はまだ連載途中ですが、かなりお気に入りだったり。
最近よくうちのページに遊びに来てくれているようなので、batonを渡してみます。


ということで、最後にmusical batonまとめ
Total volume of music files on my computer (PCに入っている音楽ファイルの容量 )
The last CD I bought (最後に買ったCD)
Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)


注意事項
このbatonをもらった人は上記の質問に答えなくてもOKです。
このbatonをもらった人は誰かにbatonを渡さなくてもOKです。


それでは、こっそりと投げたbatonどうなるか楽しみにしてみています。

musical batonがやってきた。

musical batonがやってきました。
mixiとwebで同じようなタイミングで1本ずつ渡されたのは内緒です。
かぶるときにはかぶる物ですね。いままで、全然もらったこと無かったのに。


ということで質問に答えてみます。

Total volume of music files on my computer (PCに入っている音楽ファイルの容量 )
6.51GB
持っているCDのほとんどをPCに入れたせいです。
PCにいれて一回も聴いてない曲もかなりあります。


Song playing right now (今聞いている曲)
ゲームCLANMADの「そららど」「そららどあぺんど」
オリジナルサンドトラックから「小さな手のひら」とかかな。

全部CLANMAD関係ですね。
自分はコミュニティ作っちゃうくらいCLANMADのヒロインの渚ちゃんが好きなので、
彼女のテーマソングに歌がついた「小さな手のひら」は本当に好きです。
あとは「空にひかる」この曲はうまく言えないのですが、優しい雰囲気ですごく好きです。


The last CD I bought (最後に買ったCD)
浜崎あゆみの「LOVEppears」とおもったら、こみけでCD買ってたっけ………。

最後に買ったCDはゲームCLANMADの「そららどあぺんど」「-memento-」
leafの「リーフ・オルゴール曲集」ですね。


Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

この質問は難しいなあ・・・。
曲じゃなくてアルバムにしてくれればいいのに。


「この道、わが旅」 ルーラ (ドラゴンクエスト2 エンディングテーマ)
アニメドラゴンクエスト「ダイの大冒険」のエンディングテーマでもあります。
その時に歌ってた人はルーラじゃないと思います。確か。
自分が小学生のころ週刊少年ジャンプに歌詞がのったことがあって、それ以来この曲は自分の中のお気に入りです。
最近はカラオケで歌えるようになってきたのも嬉しいです。

「K」 Bump of Chicken
とある定期更新型ゲームのOFF会のカラオケではじめて聞いたんですけど、
聞いていて、涙が出てきました。
歌で泣かされたのは今のところ後にも先にもこの一曲だけです。

「Monochrome」 浜崎あゆみ
上記のLOVEppearsはこの曲が聴きたいがためだけに買いました。
これは、ネットで見つけたKANONのMADデータで使用されていたのを聞いて好きになりました。
音楽関係疎いので歌詞から逆引きして探し当てたくらいで。
聞いた当時はこの歌を歌っているのが浜崎あゆみであることも知りませんでした。

「美しい星」 新居昭乃 (アニメ映画ウィンダリア エンディングテーマ)
ウィンダリアは藤川桂介が書いたお話です。
約束をテーマにしたお話で。悲劇的な悲しいお話です。
そんなお話の中最後に流れるこの歌は本当に悲しく綺麗で・・・。
当時テープに録音した物から、歌詞を書き起こしたくらいの気に入った曲で、
カラオケに入っていると、真っ先に歌うようにしているそんな曲です。

「思いでの数だけ・・・」 ときめきメモリアルサウンドコレクションより(藤崎詩織のテーマ)
ゲームそのもののサウンドトラックではなく、サウンドコレクションから、この曲を持ってきたのは意味があります。
ときめきメモリアルサウンドコレクションのアレンジは、ゲームの原曲より、一段綺麗だからです。
そして、そこに収録された曲に合わせて歌えるように、自分で作詞したからでもあります。
数少ないその歌詞を知る友人がコナミオフィシャルの「夕凪便り」より、こっちの方が好きといってくれたのも、思い入れのある曲に入っている理由の一つです。
じつはサイト内にこっそりとその歌詞を読むことが出来る場所があったりします。

この他にあげるとしたら、
「Winbee Neo Cinema Club 3 ~Tokimeki~」 コナミ矩形波倶楽部
ときめきメモリアルピアノコレクション
「PRAY」 ファイナルファンタジーヴォーカルコレクションズ

「告白」 ときめきメモリアルサウンドコレクションより(告白イベント)
「あなたに送るソナタ」 ときめきメモリアルピアノコレクションより(如月未緒のテーマ)
「クロノとマール ー遠い約束ー」 クロノトリガーサウンドトラックより
「ボーナスステージ」 迷宮組曲ボーナスステージより

になると思います。

Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)

次回に続く。

2005.07.09

白薔薇には永遠がよく似合う

mixiの日記より転載で追記

最近志摩子が永遠に誘われるというお話を続けてよんだので、
それで、何かお話かけないかなと考えてみる。

そもそも、まりみてに永遠を取り込むとしたら、誰が一番似合うのだろうか?

個人的には聖が一番なのではないかなと思う。
次期は当然、いばらの森直後。 
栞と別れた後。
志摩子と出会う前。
2年3学期が妥当じゃないかなと思う。

たとえば・・・。
蓉子に連れられて、薔薇の館に来た聖は、違和感を感じる。
一瞬、聖が誰だかわかない、そんな雰囲気が漂った。

クラスに居場所が無くなる聖
次々と忘れ去られていく聖。
祥子・令は言うに及ばず。紅・黄薔薇さまたちも。

江利子でさえ時には記憶があやふやになる。
そんな中、白薔薇さまと蓉子だけは、聖のことをまだ覚えていた。

そしていよいよ白薔薇と蓉子の記憶を揺らぎ始める。
そのとき聖は・・・・。

困った。おもしろそうだぞ・・・。

でもいばらの森嫌いなんだよねーとか思ってたら、がちゃがちゃで聖のお姉様が・・・というお題でるし・・・。(No.188)

しょうがないからいばらの森読み直してます。
30分でちょこちょこ書いて連載とかできればいいのかなとは考えてるけど・・・。
とりあえず、kanonを何とかしないとなあ・・・。
グリーンスリーブス難航中。
親の心子知らずも改稿したいし、中編用の話も書きたいし・・・

その代わりがちゃがちゃはよく進む。とうとう投稿10本超えました。

2005.07.07

人妻って共有資源ですよね?

タイトルはとあるSPAMのメールタイトル。

いくら何でもそりゃまずいだろうとか思ったり。
最近送られてくる数あるSPAMの中で、なかなかやるなっておもわせるタイトルでした。

2005.07.06

がちゃがちゃはまってます

そこから派生して、まとめ記事みたいのを作りたいなあとか思ったり。
仏像の話とか、瞳子の告白話とか、リレーぽくなってて、おもしろい。

kanonのグリーンスリーブスは何か光が見えてきた感じ。
いや、方向性がまとまりかけてきたと言うだけなんだけど。

ソロ・デュエット・クォテット・オーケストラな感じになればいいなあと思って書いてます。

2005.07.04

Keyキャラ相性占い(BlogPet)

今日は情熱と表舞台は苦手なあなたですができそうです
仕事は自分の知識を生かせるものがベター
研究職にも向いています
どちらかというと表舞台や一直線などをキャラしたかったけ?
に使い分けると、さらに楽しい恋愛ができそうです

琴吹さんは、周囲には頑張って応えてみました
今日、こゆきができそうです
恋愛面は、筋道など知らないの
好きと大きいタイプなどを経験したかった
と、こゆきは思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こゆき」が書きました。

新しい株かいました

株関係の記事は久し振り。あまりにうまくいかなかったから、ほっておいたのでした。
でも、最近その二つが持ち直してきたのでまた少しずつ手を出してみようかと。

で、新しく買ったのがこれ。

2005/06/27 14:57:00
JASDAQ9968/イチヤ
現物買い/指値
約定単価 24円
約定数量 1000株
受渡金額 25,033円


で、現状報告は・・・
シーマが現状18円で+6000円
ライブドアが現状397円で+1350円
イチヤが現状22円で-2000円

まあ、しばらくほっとくのが正解かなと思っています。

2005.07.02

Keyキャラ相性占い

Keyキャラ相性占いというのをやってみました。


琴吹さんは 神尾観鈴 です!

● 神尾観鈴さんは、物事を筋道立てて考える理論家さん。自分が納得するまできちんと考え、それから行動を起こすタイプです。沈着冷静で、なおかつひたむきに物事に取り組む姿勢は、周囲に大きな好感を与えます。どちらかというと表舞台は苦手なあなたですが、周囲の期待には頑張って応えてみて。その経験は必ずあなたの糧になり、あなたの成長を助けていくはずです。仕事は自分の知識を生かせるものがベター。研究職にも向いています。恋愛面は、これが意外と情熱家。好きになると一直線なのですが、押すところと引くところを上手に使い分けると、さらに楽しい恋愛ができそうです。

● 琴吹さんの弱点は、右耳です!

ふーんこの人はAIRのメインヒロインだったけ?
にははとかわらうんだっけ?
まだ遊んでないから、よく知らないの。

結果発表!

と、いうことで、SSこんぺですが、結果が発表されました。

琴吹の作品ですが、
25 親の心子知らず・この心親知らずでした。

順位は23番。
割合から考えると、前回よりワンランクダウンです。

今回はタイトルに関しての突っ込みが多かったようです。
名雪の心情も読みたかったってかかれてなるほどなあって思いました。

タイトルの意味は
親の心子知らず=秋子さん想いは名雪には伝わらない。
子の心親知らず=名雪の想いは秋子さんに伝わらない=語られることはない。
という意味だったんですけど、省略しすぎのようでした。
親の心子知らずだけでとめるか悩んだよなあ・・・。
そっちの方がよかったのかもと思いました。

順位的には振るいませんでしたが、優しいお話ですという評価はこのお話にとって何よりの褒め言葉です。


それでは、応援企画の結果発表です。
その1 「おまえの作品なんぞ、お見通しだ!」
参加者 2名
正解者 1名(但し条件未達のため参考意見)

その2 「おまえの作品は、○○番だ!」
参加者 1名
正解者 0名

参加してくれたのは、エルラさんとぶりき猫さんでした。
以下二人の予想。

エルラさん>
琴吹さんの作品予想
25 子の心親知らず 親の心子知らず 
根拠1:文末に『FIN』と英大文字で打ってるのはNo.25のみ。琴吹さんが文末にFINを入れてない
ケースはなく、最近の作品では大文字の『FIN』を使用している。
根拠2:琴吹さんは、タイトルを最上部に配置することを好む。
根拠3:改行や『…』の打ち方も他の作品と似ている。
イジョ、これから25だと推測してみました(笑)

ぶりき猫さん>
琴吹さんのKanonコンペの作品は「18:はんばぁぐ」だと予想します。
16:何気ない日常、小さな幸せの方がキャラがらしいかなと思えてきました。
とりあえず、これを第二予想。
あたりはこっちかな。琴吹さんの好みっぽい感じがします。
順番予想は、そうですね、18:なら17番くらいかな?
13-17って気がします。
16:なら17-23くらい。

ぶりき猫さんの予想は、これだとちょっと幅が広すぎるので、後で確認して、予想順位は17番ということにしてもらいました。

ということで、残念ながら、正解者は無し。
でも、エルラさんの読みは完璧だったので、コンペの作品を修正してから、ドリームプロジェクトに寄贈しようかなと思います。

ぶりき猫さん順位予想かすってたんですけどね。残念でした。
そして参加してくれてありがとうございました。
何にも出来ませんが、ぶりき猫さんの作品に9点あげてるのでそれで許してください。

コンペは中編も参加予定です。
そのときにも、同じようにやろうかなと思ってます。

第2回KanonSSコンペ作品群感想

1 赤白黒 1
ダークというよりホラーかなと思いました。
表現が、痛々しくて読むのがつらかったです。

こういう傾向の作品は苦手です。自分にはあいませんでした。

2 卒業 4
よくわからないなと思ったのが、いとこ同士の結婚って、殴られるほど反対されるものなのかなということでした。
まあ、この話で、そこを否定したらいけないんでしょうけど。

お互いに好きな人同士が、離れなきゃいけない寂しさって言うのが伝わってきたおはなしでした。


3 例え、誰が覚えていなくとも 3
不可解系とはよく言ったものだなあと思います。
各シーンがパズルの一ピースのようで そのピースが無秩序に並べられて、
何となく一枚の絵ができあがっている。そんな感じの印象を受けました。
話がよくわからなかった。というのは、この話の場合ほめ言葉になるのでしょうか?


4 交差感情 4
佐由理さんの虚無感が、よく出てるなと思いました。
中盤から最後の方が、ずいぶんと駆け足になったそんな印象を受けました。

5 風鈴の鳴く夜に 4
弱さを感じさせる、秋子さんが良いなあと思いました。
最後の方、露骨な言葉がちょっと、雰囲気を壊しているなあと思います。


6 シフクノセツナ 5
栞が化けて出てきたお話というと語弊があるかな。
栞が出てきたのは、自分は幸せだったというのを再確認したかったからなのかなと思いました。

7 ふたりは391/199900*1/? 6
計算式がもう少しわかり安いモノならいいなと思いました。
作品を見て、どうしてこの計算式になったのかよくわからなかったので。
多分意味はないんでしょうけど。

茶目っ気たっぷりな栞がかわいいなと思います。

8 名残雪の人 3

シリアスなお話ですね。
高校生で出産というのは色々大変ですよね。
重いお話だなと思いました。


9 まことだった。 5
淡々とした感じで話が進んでいきますね。
カギ括弧が一つもない書き方は、無声映画をイメージさせるような気がします。
あと基本的に、美汐をと祐一がしゃべっているシーン以外はモノトーンのイメージがしました。


10 さいごのにんむ 2
話的には嫌いじゃないのですが、とにかく読みにくいです。
全部ひらがなというのは、小さい子供視点とか、知能障害の人とか
納得できる特定条件じゃないと正直受け入れがたいと思います。


11 過去に捧げるプレリュード 7
最初で笑いを取っ手おいて、
後半をほのぼのシリアスに持っていくところはうまいなあと思いました。

香里のちくりとした胸の痛みが出てるなと思いました。


12 梅雨前線北上中 4
コミカルですね。テンポ良く話が進んでいくような気がします。


13 三顧の礼 3
こめでぃですね。あゆって何か、こういう脳みそにおはなが咲いているような、
そんな役割を与えられるが多いような気がします。


14 百花屋奇譚~オトナとコドモ~ 3
語り手が百花屋そのものって言うのは、面白いアイデアだなと思いました。
でも、久瀬の語りが何か好きに慣れませんでした。
言ってることはよくわかるんですけどねえ・・・。


15 美坂香里の熱い一日とクラスメート達 8
熱いのにさわやかな感じの作品ですね。
結構好きな作品です。

君塚さんがいい味出していたなあと思います。


16 何気ない日常、小さな幸せ 7
良いお話でした。店員さんが良い味だしていたなと思います。

17 あわただしい最初の一ヶ月 9
ALLエンドのもののアンチテーゼとしてかかれたのかなと思います。
ちょっとけだるい終わり方をしているけど、
この作品にはそれがよく似合っているような気がします。
個人的にはかなり好みです。

18 はんばぁぐ 4
ハンバーグとピーマン肉詰めのセットて結構重い夕食だなと思いました。
真琴とあゆの精神年齢がちょっと低すぎるような気がちょっとしました。

はんばぁぐの描写は作ってるところも、食べてるところもおいしそうでよかったです。

19 安っぽくても、それでも 4
ほのぼのと流れていくお話だと思いました。

>きっかけは前日のドラマの直前、お天気おねーさんが告げたぱーふぇくとな翌々日24時間の降水確率、100%だった。

要するに、今日から見たら明日の天気と言うことなんだろうけど、
この文章はちょっとわかりにくいなあと思います。


20 しあわせ、もういちど 10
良かったです。折句のしかけもお話も。
あゆと栞の仲がいい話は、自分も描いてみたいと思っているので、
すごく参考になりました。


21 君を守る 8
絡むことのない舞に絡めて、きっちりあゆの理由付けするところはうまいなあと思いました。
この作品の方が、本編より舞の力の説明はわかりやすいかも知れないですね。


22 なゆきをあいしてる  4
> なゆきはかりすま。
> これほど彼女と相性の悪い単語も珍しかった。

この話はこの文がいいかなと思います。


23 いたずらかおりん 8
茶目っ気たっぷりな香里がかわいいなあと思います。
名雪もいい味出してるし。
名雪って絶対ヒロインよりも、名脇役だよなあとか個人的には思います。


24 リフレイン 8
祐一とあゆで、全然話の雰囲気が違いますね。
こういうの大好きです。

全体を通して甘々なお話でした。

25 子の心親知らず 親の心子知らず
あとがきは後ほど。

26 サウンド・オブ・サイレンス 6
意味のある言葉をあえて排除する。
こういうところでこういう作品を出すのはすごいなあと思います。

おそらく、祐一が名雪の何かを揉んでいて、名雪に気づかれた後。

㌢BQ・W㌦のように

意味のない羅列として、適当に文字が並んでいますが、
かなり機種依存文字が並んでるのが気になりました。
まあ、別に読めなくてもかまわないといわれればそれまでなのですが。


27 きんにくまん 6
ギャグですね。何となく暑苦しい感じがするのは。ネタが筋肉だからでしょうか?
気軽に読める作品だと思います。


28 みずたまり ~逢魔が時に~ 3
詩的なお話。
あゆの何となく不安な気持ちが出ていたと思います。

誤字が気になりました。
>鳴るんだと思う。
>だのから辞めてくれと、


29 心のゆくえ 3
変わり者同士惹かれるというお話なのかなと思いました。
オリキャラの藤村さんはかわいいなと思いました。


30 君の名は…… 4
同姓同名ネタですね。

名雪が良い味出してるなあと思いました。


31 青いゆりかご 7
駅員の親父が良い感じです。
北川も渋い感じです。

何となくほのぼので良いなあと思いました。


32 空回りのサーカス 9
聞き回ってるのが美汐という落ちが良いですね。

いい人は恋愛では報われない代表みたいに言われますけど、いい人を見てる人も絶対いると思うのです。
二人がうまくいくと良いなあと思いました。


33 心のかけら、幸せの太陽 4
佐祐理さんのお話ですね。
作者さんは佐祐理さん好きなんだろうなあ。愛が伝わってくるような気がします。

34 かえるところ 5
忌み嫌っていた雪の街は、今の祐一にとって帰る場所になっていた。
あたたかいお話だなと思いました。

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

@Happy_24h

  • twilog

Amazon

趣味関係