2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 消える! 火曜サスペンス | トップページ | グリーンスリーブスめどがたち »

2005.07.15

のび太の恐竜が帰ってくる!

 今春の公開を見送っていたアニメ映画「ドラえもん」が、2年ぶりにスクリーンに帰ってくることが14日、分かった。タイトルは「のび太の恐竜2006」で、80年のシリーズ第1作「のび太の恐竜」のリメークに挑戦する。来年3月4日公開。
 映画「ドラえもん」は、80年から毎年春休みに公開。年300万人もの動員を記録する人気シリーズだった。しかし製作側が「時間をかけて、スケールも大きく、クオリティーの高い作品をつくりたい」として、昨年の25作目「のび太のワンニャン時空伝」を区切りに、今春の製作・公開を見送っていた。
 従来の倍の準備期間を得た新作は、原点回帰と再スタートの意味を込め、第1作のリメークを選択した。原作者の藤子・F・不二雄さんが生前「シリーズの中で最も愛着の深い作品」と明言していた作品でもある。巨大な恐竜を現代に誕生させてしまう設定はそのままに、最新の学説をふんだんに取り入れ、最新のCG技術を駆使した迫力ある映像を目指す。
 テレビシリーズは4月から声優陣が総入れ替えとなったが、映画版もそれを引き継ぐ。スタッフも、最新技術を使ったアニメを手掛けてきたメンバーを新たにそろえた。新作の予告編は16日から各劇場で上映。
(日刊スポーツ) - 7月15日より


しかし、うちのページで3連続ニュースからとは珍しい。
ま、それはいいとして、ドラえもん。
コミックに載った「ボクのぴーすけのび太の恐竜」を大幅拡大して映画になったのはよく知られるところ。
え? しらない?

初期の作品だけにつっこみどころ満載だったり。
タイムマシーンが壊れた! 帰れない!!
 →タイムふろしき使えば?
 →タイムベルト+どこでもドアというコンボもあるよね。

みたいな。

個人的にはのび太の恐竜よりも、のびたの宇宙開拓史・のび太の魔界大冒険あたりが好きなのですが。
新どらの声をまだ聞いていないので、この機会に一度聞きたいなあと思います。
ていうか、映画館に見に行こうかなあ・・・。

« 消える! 火曜サスペンス | トップページ | グリーンスリーブスめどがたち »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63691/4978849

この記事へのトラックバック一覧です: のび太の恐竜が帰ってくる!:

» ドラえもんスクリーン[のび太の恐竜2006 [ブログで情報収集!Blog-Headline/enjoy]
「ドラえもんスクリーン[のび太の恐竜2006]」に関連するブログ記事から興味深い... [続きを読む]

« 消える! 火曜サスペンス | トップページ | グリーンスリーブスめどがたち »

@Happy_24h

  • twilog

Amazon

趣味関係