2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« やばいぞときメモ | トップページ | 拍手少し直しでも無改善 »

2006.02.12

ファマリア日記4

○月○日
アルさんとティアさんに職業について詳しく聞いてみた。
アルさんはウァテス。
光の魔法を扱い、癒しを得意とする職業。
アルさんが言うには、ウァテスは、気配る心と優しい気持ち、そして力を求めない気持ちが必要だそうだ。
PTに入った時は、常に周りに気を配り、相手の異常や怪我に素早く対処出来るように目を配る必要がある。
一人で歩いている時は、傷ついている人がいたら、癒しの魔法をかけてあげるとか。
ウァテスは癒しの魔法を得ている代わりに力をもらえてない。
攻撃魔法は専門職には叶わないし、なにより、その地場の属性が光の魔法に大きな影響を与えるから、怪物を倒すのが難しいんだそうだ。

ティアさんはスカウト
スカウトは闇に忍びこっそり行動するのが得意なはずだけど、ティアさんはそれが苦手だって・・・。
聞けば怪物のたまり場には思わずつっこんじゃうし、こっそり隠れようと思えば怪物に捕まっちゃうし。
ティアさんは何度もこの職業は選択のミスだったんじゃないかっていってた。
でもティアさんの言葉で印象に残ったのは、この言葉だ。
「あたしは、それでもこの職業が好きだし、何よりこの職業に就いたことを誇りに思っているから」
そういった、ティアさんはすごくかっこよかった。

で、私は何になろうかと考えた時に途方に暮れてしまった。
私に魔法なんて唱えられると思えないし、怪物と相対するのもちょっと怖い。
私はその日、ずっと北平原でプルルとアーチンをぼんやりとみながら、何になろうか考えていた。


○月○日

私は、ファーマになることにした。
昨日家に帰る時に、料理屋のおばさんと話をしたのだ。
料理屋のおばさんはファーマだった。
楽しそうに料理の魔法をかけるおばさんが私にはかっこよく見えたし、
私が作った物を誰かの冒険に使ってもらえるというのは、すごく素敵なことに思えたのだ。
なにより、料理の魔法は私がこの街に来て最初にあこがれた物だったから。
で、ギルド元宮に入ってタイタニアのお姉さんにファーマーズギルドの場所を聞くとお姉さんは快く場所を教えてくれた。

ファーマーズギルドのギルド長は○○の○を2コもってくるーだーよと私に告げた。
○○の○と聞いて思いつくのは、○○の種。
巨麦の種かな?と思って、倉庫をあさってみるけど、園芸巨麦の種はあるけど、巨麦の種はないみたい。
果物の種とかもないみたいだし・・・。
とりあえず、ティアさんたちに相談してみようとおもう。


« やばいぞときメモ | トップページ | 拍手少し直しでも無改善 »

ECO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63691/8621643

この記事へのトラックバック一覧です: ファマリア日記4:

« やばいぞときメモ | トップページ | 拍手少し直しでも無改善 »

@Happy_24h

  • twilog

Amazon

趣味関係