2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 1dayチケット | トップページ | パスポートがとれません »

2006.08.16

靖国神社でお祭り騒ぎ

首相靖国参拝 「今日は適切な日」小泉首相、理由を説明

 小泉純一郎首相は15日午前、終戦記念日の靖国神社参拝について「8月15日を避けても批判、反発は変わらない。いつ行っても同じだ。ならば今日は適切な日ではないか」と述べ、01年の自民党総裁選時の公約実現を優先した理由を説明した。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 近隣諸国への配慮から「8・15」を見送ってきた過去5年の参拝との整合性に関しては「最初、多くの方々が8月15日だけはやめてくれと言ってきた。あえて15日を避けて参拝してきた。しかし、いつ行っても騒ぎにしようという勢力がいるんですから。矛盾しない」と強調した。
 また、中韓両国の反発については「中国や韓国の言うことを聞けばアジア外交が良くなるとは思わない」と主張。A級戦犯合祀(ごうし)問題に関しては「戦没者全体に哀悼の念を表すため参拝している」と説明し、憲法違反との指摘には「思想信条であり、心の問題だ」と語った。
 また、本殿に上がるなど04年以前の参拝形式に戻したことについて首相は「今日は戦没者追悼式もあるし、千鳥ケ淵の戦没者墓苑にもお参りする。その時にはこの服装(モーニング)で行くし、きちっと本殿に参拝するのが適切と思った」と説明。公私の区別については「総理大臣である人間・小泉純一郎が参拝している。職務として参拝しているものではない」と述べた。【中澤雄大】
(毎日新聞) - 8月15日

■ 首相Q&A (15日)

「米大統領が止めても靖国に行く」・参拝で信念強調
 「ブッシュ米大統領が私に『靖国参拝するな』と言っても私は行く」。小泉純一郎首相は15日午前、記者団に靖国神社参拝への信念の固さを強調した。「もっともブッシュ大統領はそんなおとなげないことはしない」とも付け加え、中国、韓国への反発をあらわにした。

 首相は首相官邸で記者団の質問に答える形で「過去5年間の参拝への批判は3点に要約される」と、中韓の批判、A級戦犯の合祀(ごうし)、憲法違反との指摘に反論を開始。17分間にわたって「いつ行っても参拝を争点にしようとか混乱されようとかする勢力はある。言論の自由が認められているから、どうにもならない」などと持論を展開した。


「こだわるのはマスコミと私の反対者」――靖国批判に不満
 「いつでもこだわってるのはマスコミじゃないでしょうか。あるいは、私に反対する方々じゃないでしょうか」――。小泉純一郎首相は15日午前、靖国神社参拝の是非を繰り返し問いただす記者団に対して、不快感をにじませた。靖国問題を巡る報道機関とのやり取りに関しては、「こだわろうという勢力がいるんですよ。私が今まで靖国神社の問題も質問されない限りは答えたことないんですよ。自ら靖国問題をこうだああだと言ったことなくて、いつも皆さんの質問に答えて言っている訳です」と指摘。「ほかのことも言いたいんですけども、1番マスコミが採り上げるのは靖国参拝のことでしょ。そういうのはやめた方がいい、と言っても聞かないですからマスコミは」と吐き捨てた。〔NQN〕


A級戦犯の戦争責任、本人も認めているしあると思う
 小泉純一郎首相は15日午前、靖国神社に合祀(ごうし)されているA級戦犯の戦争責任について、「戦争の責任を取って戦犯として刑を受けている訳だろう。それはご本人たちも認めているし、それはあると思う」と認めた。その上で、参拝の是非に関しては「それとこれとは別。何回も申し上げているように特定の人のために参拝しているのではなく、戦没者全体に対して哀悼の念を表するために参拝している」と強調した。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。〔NQN〕


靖国参拝の総裁選への影響「候補者の考えとマスコミ次第」
 小泉純一郎首相は15日午前、終戦記念日の靖国神社参拝が9月の自民党総裁選に及ぼす影響について、「総裁候補自身の考え方と、マスコミが争点にしたがっている面が強いから、これいかんだろう」と述べるにとどめた。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。〔NQN〕


靖国参拝、心の問題・良心の自由は不可侵
 小泉純一郎首相は15日午前、靖国神社参拝と政教分離の問題に関する批判に、「私は神道を奨励するために靖国神社に行っているんじゃない。また、過去の戦争を美化したり正当化するために行っているんじゃない。また、軍国主義を称揚する気持ちで行っているのでもない。2度と戦争を起こしてはいけない。戦争に行って倒れた方々の犠牲を片時も忘れてはいけない気持ちでお参りしている」と反論した。その上で「憲法第19条、20条をよく読んでいただきたい。思想、良心の自由はこれを侵してはならない。これをどう考えるか。まさに心の問題だ」と語った。

 さらに、「日本の首相が日本の施設にお参りする、お祈りする。それを外国の政府もっともだ、と言って小泉はいかんと批判する。これが本当にいい事かどうか。誰にでも許されている自由という問題をどう考えるのか」と力を込めた。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。〔NQN〕


A級戦犯のためでなく多くの戦没者を哀悼――合祀問題で
 小泉純一郎首相は15日午前、自身の靖国神社参拝に対する批判の主な理由のうち、A級戦犯の合祀問題に関して「私は特定の人に対して参拝しているのではない。この戦争で苦しい思いされ、できれば避けたかった、戦場に行きたくなかった多くの兵士がいる。そういう方々の気持ちを思って、苦しいつらい体験をせざるを得ない時台に生まれた犠牲者に対して、心からの哀悼の念を表すべきだ。これが日本の文化じゃないか」と持論を展開した。

 首相はさらに、「特定の人がいるから後の人のことは考えなくていいと。一部の自分では許せない人がいるから、それより圧倒的多数の戦没者の方々に対して、哀悼の念を持って参拝するのがなぜいけないのか」と強調。「私はA級戦犯のために行っているのではない。多くの戦没者の方々に哀悼の念を表する」と語った。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。〔NQN〕


中韓、靖国参拝するから首脳会談しないのはよろしくない
 小泉純一郎首相は15日午前、自身の靖国神社参拝に対する批判の主な理由は(1)中国、韓国の反発(2)A級戦犯の合祀(ごうし)(3)憲法の政教分離規定違反――の3点と指摘し、それぞれについて反論した。うち、中韓両国の反発に関しては、「靖国参拝を条件にして、しかも参拝しなければ首脳会談を行う。するなら行わないというのは果たしていいのかどうか。私はこれはよろしくないと思っている」と述べた。

 首相は「私を批判する方は『中国の嫌がることはやるな』と。突き詰めて言えば中国、韓国が不快に思うことはやるなと言うことだろう。中韓は日本の(国連)安保理常任理事国入りに反対している。これは日本にとって不愉快だ。だから中韓と首脳会談を行わないと言ったら、どちらを批判するだろうか。中韓の言うことを聞けばアジア外交がうまくいくと。私は必ずしもそうじゃないと思う」と中韓の主張を支持する国内の勢力にも不快感を表明。さらに、「なかには、小泉は米国と親しい。米国のブッシュ大統領が靖国参拝するなと言えばしないだろうと。そんなことはない。ブッシュ大統領が靖国参拝するな、と私に言ったとしても私は行く」と語気を強めた。その上で、「もっともブッシュ大統領はそんな大人げないことは言わないが」とも付け加えた。

 中韓両国の態度については「どの国とも1つや2つ意見の違い、対立はある。不愉快なことがあるからと、それによって首脳会談を行わないことがいいのかどうか。そういうのを乗り越えて、未来志向で友好関係を進展させていくのが日本としても他国としても大事じゃないか」と指摘し、「私はいつでも首脳会談を行う用意があると言っている。私が拒否しているのではない」と首脳会談の再開を呼び掛けた。

 一方、今後の中韓との関係については、「私は日中、日韓友好論者で就任以来、両国との友好、交流は様々な分野で拡大を続けている。今までの首脳会談でも未来志向で友好を図っていこうと相互互恵、相互依存関係を深めていこうと。中国の発展、韓国の発展は日本に脅威というより日本にとってもチャンスなんだとはっきり表明している」と改善への意欲を強調した。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。〔NQN〕


いつ行っても騒ぐ勢力あるなら今日は適切――靖国参拝で
 小泉純一郎首相は15日午前、同日朝に靖国神社を参拝した意図について、「日本は過去の戦争を反省しつつ2度と戦争を起こしてはならない、今日の平和と繁栄は現在生きている人だけで成り立っているのではない。戦争で尊い命を犠牲にされた方々の上に、今の日本、今日がある。戦争に行って祖国のため、家族のため命を投げ出さなければならなかった犠牲者に心からの敬意と感謝の念を持って靖国神社に参拝した。今年もその気持ちに変わりはない」と述べ、戦没者への哀悼の意を示す姿勢を強調した。

 2001年の就任以来、初めて終戦記念日に参拝した理由に関しては、「最初、多くの方々は『8月15日だけはやめてくれ』と様々な方が言ってきた。そういう方々の意見も聞かなきゃいかんなということで、あえて15日を避けて参拝してきた。8月13日、4月、10月、1月と」と過去の経緯を説明。その上で、「しかし、8月15日避けてもいつも批判、反発(が起こる)。そして何とかこの問題を大きく採り上げようとする勢力、変わらない。いつ行っても同じ。ならばきょうは適切な日ではないかと。これから戦没者の追悼式典も行われる。これから千鳥ケ淵の戦没者墓苑にお参りする」と語り、参拝時期にかかわらず批判が起こるのなら、戦没者の追悼式典が集中する終戦記念日に合わせるべきだと考えたことを明らかにした。

 さらに、「過去5年を踏まえて。いつ行っても問題にして混乱にしようとする勢力ある。それは仕方ない。そういうことを踏まえて過去の経験が生きてきた。いつ行っても参拝を何とか争点にしようとか、混乱させようとか、騒ぎにしようとか、国際問題にしようとかいう勢力はある。これに対していけないと言ったって日本は言論の自由が認められているんだから、どうにもならない」と語気を強めた。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。〔NQN〕

NIKKEI NETより

<首相靖国参拝>中韓の駐日大使、外務省に抗議

 中国の孔鉉佑駐日公使と韓国の羅鍾一駐日大使が15日、それぞれ外務省を訪れ、小泉純一郎首相の靖国神社参拝に対する中韓両政府の抗議を谷内正太郎事務次官に伝えた。孔公使は中国外務省の抗議声明を読み上げ、首相の参拝を批判。羅大使も「韓国人の感情を甚だしく傷つけるものだ」と抗議した。
(毎日新聞) - 8月15日

次期首相も靖国参拝する限り首脳会談なし、青瓦台


【ソウル16日聯合】青瓦台(大統領府)の徐柱錫(ソ・ジュソク)統一外交安保政策首席秘書官は16日、日本の安倍晋三官房長官が来月新首相に就任しても、靖国神社を参拝する限り韓日首脳会談は行わない方針を示した。KBSのラジオ番組に出演し、安倍政権発足後も靖国を参拝する首相とは首脳会談をしないという政府基調は適用されるのかとの質問に答えたもの。
 徐秘書官は、誰が次期首相になるかにかかわらず、韓国は「日本が国際社会の信頼を得るための努力を行動で示すことを期待する」との立場だと述べ、靖国神社参拝問題も同様だと強調した。

 徐秘書官はまた、来月行われるアジア欧州会議(ASEM)首脳会議と、11月に行われるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で、日本の首相と別途で会談する予定があるかとの質問に対し、「まだ具体的に検討していない」と答えた。日本政府は次期政権発足後も当面は相互訪問の形での首脳会談は難しいと判断し、こうした国際舞台で韓国・中国との首脳会談を行う案を進めている。
(YONHAP NEWS) - 8月16日

外交通商部「日本の次期首相が誰でも厳重に対処」

【ソウル16日聯合】外交通商部の尹炳世(ユン・ビョンセ)次官補は16日、日本の小泉純一郎首相が靖国神社を参拝したことと関連し「日本の次期首相に誰がなろうとも参拝問題には厳しく対処する」との考えを示した。与党開かれたウリ党の非常対策委員会議で述べたもの。
 尹次官補は、次期首相が問題解決に向け前向きな姿勢を見せない場合、韓日関係の悪化と日本の国際的な孤立が進むと強調した。また、2004年7月の韓日首脳会談で定期的な首脳会談の開催に合意したことを挙げ、新政権の発足後に歴史問題などで日本側がどのような誠意ある態度を取るのかを見ながら対日外交を推進すると話した。

 一方、小泉首相が8月15日に合わせて靖国参拝を強行した背景については、さまざまな解釈が可能だが、小泉首相が2002年の選挙時に靖国参拝に関する公約をしたため、それを履行したものと考えられると述べた。
(YONHAP NEWS) - 8月16日

「小泉後」にらみ改善期待=対日重視・協力強化を確認へ-中国

 【北京15日時事】小泉純一郎首相による終戦記念日の靖国神社参拝を受け、中国の李肇星外相は15日、宮本雄二駐中国大使を呼んで抗議したが、中国側は非難の対象を「小泉首相」と「A級戦犯」に集中させることで、「ポスト小泉」をにらんで関係改善に期待を込めた。複数の日中関係筋によると、中国共産党・政府は来週、在外大使を集めた会議を開く予定にしており、対日政策についても靖国問題に妥協しない方針のほか、日本重視や友好協力強化について確認する。 
(時事通信) - 8月15日

首相の靖国参拝…米「介入しない」、日中韓で改善を

 【ワシントン=五十嵐文】米ホワイトハウスのスノー報道官は15日の記者会見で、小泉首相の靖国神社参拝に中国、韓国が反発している問題について、「(ブッシュ)大統領が介入することはない」と述べ、米政府として靖国神社問題に介入しない立場を強調した。

 報道官は、日本、中国、韓国がいずれも北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議に参加して「核のない朝鮮半島」を目指していることに触れ、「大統領はすべての当事国が協調することを望んでいる」とし、靖国神社問題が対北朝鮮外交などの阻害要因となることへの懸念を示した。その上で、「大統領はこの論争に巻き込まれるつもりはない。(日中韓が)自分たちで(解決)出来ることだ」と述べ、日中韓がそれぞれ関係改善に努力すべきだとの考えを示した。
(読売新聞) - 8月16日

<首相靖国参拝>各国の反応 米国は「日本の国内問題だ」

 14日午前の小泉純一郎首相の靖国神社参拝に対して強い抗議や批判を続けた中国や韓国の他にも、各国の関係者はさまざまな反応を示した。
 ◇「口出ししない」…米国
 【ワシントン及川正也】ペリーノ米大統領副報道官は15日、小泉首相の靖国参拝について「アジアに複雑な歴史問題があることは承知しているが、日本の国内問題であり、米国が口出しするつもりはない」と述べ、具体的な論評を避けた。
 ブッシュ政権は日中、日韓関係の悪化が北朝鮮の核問題などへの対応に悪影響を与えかねないと判断。大統領自らが関係改善を促してきた。しかし、昨年11月の日米首脳会談で小泉首相が靖国参拝の正当性を重ねて主張したため、それ以降「靖国」に触れなくなった。
 ◇問題視せず…台湾
 【台北・庄司哲也】小泉純一郎首相の靖国神社参拝について台湾外交部(外務省)の呂慶竜報道官は15日、定例記者会見で「台湾は多元的な民主社会で、開放的な社会でもある。各種の意見の表し方は、すべて尊重される」とコメントし、参拝への評価は行わず、問題視しない姿勢を示した。
 呂報道官は「台湾と日本の関係強化とともに、日本が歴史を直視し、アジア太平洋地域の平和創出に貢献することを期待する」と述べるとともに、中韓両国が反対していることについては「歴史は歴史に過ぎず、過去ばかりこだわっていては未来は見えない」とした。
 台湾では、陳水扁総統の与党・民進党も、靖国神社参拝について「日本の国内問題」との姿勢を取り続けている。一方で、野党内には参拝に反対する意見もある。
 ◇活動家グループが抗議…香港
 【台北・庄司哲也】香港では日本の戦争責任を追及する団体や尖閣諸島(中国名・釣魚島)の中国領有を主張する活動家グループなど9団体が相次いで、在香港日本総領事館に抗議に訪れた。
 同領事館によると、抗議に訪れた団体は「靖国神社公式参拝反対」「軍国主義再現反対」などの内容が書かれた抗議文を領事館員に手渡した。終戦記念日のため、首相の参拝にかかわらず、当初から抗議行動を予定していた団体もあった。大きな混乱はなかったという。
 また、15日付の香港紙「明報」(電子版)によると、日本の戦争責任を追及する「第二次世界大戦史実擁護連合会」のメンバー約30人が、中環(セントラル)の平和記念碑に献花を行い、第二次大戦の犠牲者を追悼するとともに旭日旗を燃やし、参拝に抗議した。
 ◇協力に悪影響…ASEAN
 【バンコク藤田悟】小泉純一郎首相の靖国参拝について、東南アジア諸国連合(ASEAN)主要国は東アジア地域全体の協力に悪影響をもたらすとの懸念を示した。
 シンガポール外務省広報官は「(靖国)訪問が中国、韓国と他のアジア地域から強い反応を招くことは事実であり、東アジアの関係強化と協力にとって有用なことではない」とのコメントを発表。インドネシアのハッサン外相は「(訪問は)新たな緊張を生み出すものであり、平和的な解決を希望する」と述べた。
 一方、タイ外務省高官は「政府として特にコメントはしない。タイ及びASEANは日中韓のいずれの国とも良好な関係にあり、今後も地域の相互理解と協力を拡大していきたい」と述べた。
(毎日新聞) - 8月16日

靖国神社 最多25万人の参拝者 これも“小泉効果”?

小泉純一郎首相が参拝した15日の靖国神社には、約25万8000人(同神社まとめ)が訪れた。統計の残っている00年以降の一日当たりの参拝者数としては最多となった。同神社広報課は「首相参拝とその報道で関心が高まった影響がないとはいえない」としている。
 終戦の日の参拝者数は、小泉首相の就任後初参拝の2日後にあたる01年8月15日が、前年比約4万人増の約12万5000人。02~04年は5万~8万5000人で推移し、05年は関係団体などによる大規模な参拝推進運動もあり、約20万5000人に急増した。今年は朝方小雨が降ったが、首相が参拝した午前中に昨年を上回ったという。【竹中拓実】
(毎日新聞) - 8月16日


靖国問題。中国が小泉首相に対して非難なのに対し、韓国はいつものように強硬論。
この辺お国柄が見えておもしろいかも。

いわゆる各国の反応が毎日の記事に出ていてるのが興味深いです。
・中国・韓国は非難
・アメリカはノータッチ。
・台湾もノータッチ。
香港・・は今中国じゃなかったけ? 分ける意味があるのかな? 非難の数をただ増やすだけなら問題だし、香港という国があると思っているなら、なおさら問題。真意は書いた記者さんしかわからないけど・・・。
・シンガポールは中韓と仲が悪いと、連携しにくくなるから、遠慮して欲しいなあ
・インドネシアも、シンガポールと同様。
・タイはノータッチ。

こうやって、改めて各国のコメントを見てみると、韓国中国が靖国非難をしなければ、問題ない感じもしますね。
中国・韓国が問題にしているのはいわゆるA級戦犯と呼ばれる人たちのことみたいだけど、A級戦犯というのは特に悪いことをしたという意味ではなさそうです。

A級戦犯(えいきゅうせんぱん)とは、第二次世界大戦の敗戦国日本を戦勝国が裁いた極東国際軍事裁判において「平和に対する罪」について有罪判決を受けた戦争犯罪人をさす。起訴された被疑者や名乗り出たものを含む場合もある。刑の重さによってアルファベットによってランク付けされたものではない。近年はA項目戦犯という呼称もされている。


Wikipediaより

この辺、日本人でも知ってる人少ないんじゃないかと個人的には思いますがどうでしょう?
そうすると、外国の人たちがそれを知っていると考えるのは難しいかな・・・。

国のレベルで文句を言う中国・韓国の高官は知っていて欲しいですけど、知ってるんですかねえ・・・。
ちょっときいてみたい気がします。


個人的な靖国感。

靖国神社でまつられているの神様じゃないんですね。

靖国神社本殿に祀られている「祭神」は神話に登場する神や天皇などではなく、「日本の為に命を捧げた」戦没者、英霊(英でた霊)であり、246万6532柱(2004年10月17日現在)が祀られている。国籍は日本国民及び死亡時に日本国民であった人(日本領であった台湾・朝鮮半島などの出身者を含む)に限られている。

いわゆる靖国は戦没者のための鎮魂施設なんですね。それをふまえた上でいうと、


ぶっちゃけ、8/15に参拝する意味があるのかなと思います。
いやいや、8/15が終戦記念日というのは知ってるし、戦争で死んでいった方々を冒涜する気はこれっぽちもありません。

いや、日本で、8/15の前後っていわゆる、お盆て呼ばれている期間の訳で。お盆といえば、故人が家に帰ってくる期間なわけですよ。
靖国でまつられて、神様になったとはいえ、日本人。それが仏教の風習だろうが関係なく、家に帰って家族の顔を見に行ってると、思ったりするわけです。
むしろ残っているのはそんなお盆なんか関係ない台湾・朝鮮半島の方々(死亡時に日本国籍を持っていた――日本領であった台湾・朝鮮半島などの出身者の方々もまつられているようです。それはそれで、問題になっているようですが・・・。)しか、いないんじゃないかと思うんですよね。
そんな、すかすかな時期に参拝にして、また、靖国参拝に反対している朝鮮半島の人たちにわざわざ参拝しに行って、意味があるのかなあとか思ったりするわけです。
むしろ行くなら、みたままつり――靖国神社にお祀りされている戦歿者246万6千余柱の「みたま」をお慰めする祭典――の時にいった方が
よっぽど適切じゃないかと。このときはさすがに留守にしていないでしょ。まつられている人たちも。
中韓の反発も終戦記念日より小さいわけだし。


自分はまだ参拝したこと無いので、今度いってみようかなと思いました。
嫌日流でも紹介されていたし。

« 1dayチケット | トップページ | パスポートがとれません »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

先日はどうもでした。
いろんなところでこの話題を見ますが、物の見方が各人微妙に違っていて面白いです。
ともあれ、日本は言論の自由が保障されている国で本当によかったとは思いますね……
靖国神社のみたま祭りは一度行った事があります。
本殿にはお参りしませんでしたが(爆)屋台が沢山出ていたのを思い出します。
見世物小屋もありましたよ。

お盆で英霊さんたちがいないから終戦記念日にお参りは意味がないと言うのは、ある意味画期的な意見じゃないかと・・・。
駄目ですかねえ・・・。

自分は靖国神社、仕事でその近辺に数日間だけ派遣されていた時期があり、外側だけ見てきたことしかありません。
中に戦争記念館見たいのがあると知っていれば、見てきたんですけどねえ。

今度時間がとれたら、そこを見に行きたいなと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63691/11459366

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国神社でお祭り騒ぎ:

» 小泉首相の靖国参拝の大きな意味「国民が歴史を学ぶ」ターニングポイント [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
8月15日が終わり、一言。 [続きを読む]

« 1dayチケット | トップページ | パスポートがとれません »

@Happy_24h

  • twilog

Amazon

趣味関係