2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006.09.30

きょうは下呂へ顔リフレッシュしたかも(BlogPet)

きょうは下呂へ顔リフレッシュしたかも。
だけど下呂にゆうでリフレッシュされたみたい…
だけどきょうこゆきは下呂でゆうは感じみたいな予定したよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こゆき」が書きました。

OINK

大韓帝国皇室を復活、皇族会が皇位継承式を開催




皇位を継承した李海ウォンさん(中央)=29日、ソウル(聯合)
【ソウル29日聯合】日本による植民地化のため没落した大韓帝国皇室の子孫が、大韓帝国皇室の復活を宣言した。「大韓帝国皇族会」が29日、ソウル市内のホテルで大韓帝国皇位継承式を行い、義親王・李ガン(1877~1955)の二女、李海ウォン(イ・ヘウォン)さん(88歳)を30代皇位継承者に推挙するとともに戴冠式を行った。皇族会はまた「文化大韓帝国」の総理大臣として孝寧大君(1396~1486)の子孫に当たるイ・ガンム聖民大学総長を、秘書室長に南延君・李球(イ・グ)の末裔(まつえい)となるイ・ソンジュ氏を任命した。皇族会は李玖(イ・グ)さん(29代皇位継承者)の他界などを契機に、大韓帝国の末裔ら10人余りを中心に結成されたもの。
 皇族会は「大韓帝国の皇室が日本により侵奪されて100年、祖国の解放から61年となるが、28代英親王・李垠(イ・ウン)の息子である李玖が昨年7月に東京で他界し、英親王家の血筋が途絶えたことから、李海ウォン氏を30代皇位継承者に推挙した」と説明した。李海ウォンさんは女性として大韓帝国皇室を継承し、皇室の代表全権、皇室の維持保存事業権、31代皇位継承者指名権などを持つことになる。

 イ・ソンジュ秘書室長は「今回の皇位継承は大韓民国にも皇室が存在していることを全世界に知らせるためのもの」と話している。皇族会によると、李海ウォンさんは生存している義親王の子女のうち最も序列が高いため皇位を継承することになったとし、女性が皇位を継ぐことも問題はないとしている。

 大韓帝国皇室の末裔が、没落した皇室の再建に向け具体的な行動を起こすのはこれが初めて。皇族会は今回の皇位継承の事実について、政府と海外の皇室関係者に正式に報告するとともに、海外の皇室との交流も進めていく計画だ。


2006/09/29 16:41 YONHAP NEWS

続きを読む "OINK" »

2006.09.29

政府のカメラは存在できない?

安倍首相「ぶら下がり」取材は1日1回 官邸が申し入れ

 首相官邸は27日、安倍首相に対する「ぶら下がり」取材を1日1回とするよう、朝日新聞社などが加盟する内閣記者会に申し入れた。政権発足当初は1日2回行っていた小泉前首相が、7月から1回に半減したことを踏襲する措置だ。記者会側は「一方的な通告は認められない」としており、結論を持ち越した。

 首相は27日は夜の1回だけ、ぶら下がり取材に応じた。申し入れは広報担当の世耕弘成首相補佐官らによるもので、夕方1回のみ、テレビカメラも入れ、夜のテレビニュースに間に合う時間帯に実施することを提案。「より密度を濃くしたメッセージを国民に発信したい」としており、1回とする代わりに取材時間には配慮するという。

 安倍氏側は「1日1回でも国際的には非常に多い回数」と説明。広報担当の首相補佐官や内閣広報官の出番を増やすことで、首相の負担を減らしたい考えとみられる。

 これに対し記者会は「ぶら下がりは政府と報道各社の合意に基づいて実施しており、一方的な通告による変更は認められない」と主張。小泉政権で合意した1日2回を継続するよう求めた。


朝日新聞 2006年09月28日

<内閣記者会>「ぶら下がり」取材復活など安倍首相に要請


 内閣記者会は28日、安倍晋三首相に対し、1日2回の記者団との「ぶら下がり」取材の復活など5項目について要求する方針を決めた。首相へのぶら下がりは小泉内閣の末期、首相側が記者会との合意を一方的に破り、1回に減らした経緯がある。安倍内閣も踏襲する考えを示したため、記者会はすでに抗議の意思を伝えている。
(毎日新聞) - 9月28日


記者質疑は1日1回に限定 首相、問われる説明責任


 安倍晋三首相は28日夕、記者団との質疑応答は1日1回に限定するとの自身の意向に沿って、首相官邸で約4分間の質疑に応じた。小泉政権末期の7月に従来の1日2回から1回に回数を減らしており、それを踏襲した形だ。

 これに対し新聞、通信、テレビの報道各社でつくる内閣記者会は同日、1日2回質疑の機会を設けるよう、首相側に求めていく方針を確認。報道各社の政治部長でつくる在京政治部長会も29日に緊急会合を開き対応を協議する。今後の安倍首相側の出方次第では、説明責任への認識が問われることになりそうだ。

 首相との質疑応答については、世耕弘成首相補佐官(広報担当)が27日、内閣記者会に対し「1日1回、夕方に質疑を受ける。取材制限を加える意図はない」と“通告”し、これが首相自身の意向でもあることを説明した。塩崎恭久官房長官は28日の記者会見で「回数よりも中身のある密度の高い質疑応答が大事だ」と首相を擁護した。

 これに対し記者会側は「容認できない」と抗議し、安倍首相側との協議を継続することになった。首相は官邸の広報体制強化を打ち出しているが、記者団とのやりとりを制限すれば、一方的な発信にとどまる可能性がある。

 小泉純一郎氏が首相に就任するまで、記者団は国会や官邸内での首相の移動時に歩きながら随時質問するのが慣行で、これに臨機応変に答えられるかも首相の力量の見せ所だった。

 だが小泉氏はこの方式に難色を示し、内閣記者会とも協議の上、1日2回、官邸内で立ち止まって記者団の質問に応じる形に変更。しかし7月になって「同じ質問の繰り返しが多い」などとして、一方的に質疑の回数を1日1回に減らした。

中国新聞 9月28日


首相取材「1日2回」、内閣記者会が申し入れへ

安倍内閣発足
 安倍首相への直接取材の問題で、報道各社でつくる内閣記者会は28日午後、〈1〉首相が立ちながら記者の質問に答える「ぶら下がり取材」は1日2回の機会を確保する〈2〉内閣記者会が緊急と判断した場合、首相がぶら下がり取材に応じる――など5項目を首相官邸側に申し入れることで合意した。

 29日に世耕弘成首相補佐官に文書で提出する。

 首相へのぶら下がり取材について、官邸側は27日、小泉前政権時代に合意した「原則1日2回」を「原則1日1回」に減らすよう提案したが、内閣記者会は拒否し、協議を続けている。

 塩崎官房長官は28日の記者会見で「(取材の)回数よりも、きちんとした密度の高いやりとりを毎日やることが大事だ」と述べた。

(2006年9月28日22時37分 読売新聞)


 ★ ★ ★ 


首相への直接取材「1日1回夕方に」=世耕補佐官提案、内閣記者会は抗議

 世耕弘成首相補佐官は27日午後、新聞、通信、テレビ局各社で構成する内閣記者会に対し、安倍晋三首相が立ちながら記者の質問に答える「ぶら下がり取材」について(1)原則、1日1回夕方に行う(2)首相官邸ホームページ掲載のため政府のテレビカメラも撮影する-と提案した。しかし記者会側は、小泉前政権時代に合意した1日2回の取材機会を減らすのは認められないと反論した。政府のテレビ撮影も「取材の場であり広報ではない」と拒否。継続協議することになった。 
(時事通信) - 9月28日

続きを読む "政府のカメラは存在できない?" »

2006.09.27

人の振り見て・・・

中国「非文明行動」を撲滅へ 五輪にらんで礼儀の国目指す

 ■大声で叫ぶ/たんを吐く/列に並ばず
 【北京=野口東秀】2008年8月の北京五輪に向けて、中国政府は「マナー向上」キャンペーンを本格化させた。国営新華社通信などによると、党中央精神文明建設指導委員会はキャンペーンを指示する通知の中で、「礼儀の国のイメージが損なわれている」と現状に危機感を示し、「旅行先で大声で騒ぐ」「たんを吐く」などの「非文明行動」の撲滅を目指している。
 「中国公民旅遊文明素質行動」と題された通知は、礼儀を知らず、秩序や法を守らず、環境保護を守らない非文明的な一部の(中国人)観光客が海外から批判されている、と指摘。そのうえで、「良好な国際イメージを確立することが急務だ」としている。
 撲滅の対象となっているのは、▽レストランなど公共の場で大声で騒ぐ▽たんを吐く▽どこでもごみを捨てる▽電車、バスで降りる人を押しのけて乗り込む▽列に並ばない-など。テーマパークや公園で子供に小便をさせるなどの行動も批判されている。キャンペーンは、観光、公安、商務、建設、鉄道、交通など関係部門が、今月から3年間継続実施する。
 北京では五輪をにらみ、「文明礼儀」に関したパンフレットを作成。上海でも10年の上海万博を視野に入れ、「100万人家庭礼儀学習」と題するマナー向上運動を始めている。
 中央政府は道徳心を高め、文明的な国家建設の意義を強調しているが、「個人主義」「拝金主義」の広がりで、どこまで効果が上がるか注目されている。
(産経新聞) - 8月27日

続きを読む "人の振り見て・・・" »

がんばってるね こころぐ

2006.09.26 10/3:ココログベーシック・プラス・プロのメンテナンス時間変更のお知らせ 日頃よりココログをご利用いただき誠にありがとうございます。

2006年10月3日(火)のココログベーシック・プラス・プロのメンテナンスにつきまして、リハーサルを行った結果、当初予定していたよりも時間がかかることが判明いたしました。

そこで当初予定していた2006年10月3日(火)2時~12時を「1時~15時」に変更させていただきます。

この度はメンテナンス時間が変更になりましたこと、深くお詫び申し上げます。

何とぞご理解の程よろしくお願い申し上げます。

メンテナンス時間以外の内容につきましては、2006年9月20日(水)にご案内させていただきましたものと変更ありません。

メンテナンスの詳細情報を改めて下記にご案内させていただきます。

========================================================
 詳細情報
========================================================
◇変更内容
2006年10月3日(火)01:00~15:00の約14時間

◇ご利用いただけなくなるサービス
下記のサービスがご利用いただけなくなります。

・ココログベーシック・プラス・プロ
-管理画面へのアクセス
  -管理画面上の各種操作(記事投稿など)※1
  -公開日時指定機能 ※2
-トラックバック/コメントの受けつけ
-モブログからの投稿
-ココログの新規登録/解除/プラン変更
  -パスワード再取得の設定
  -ココログ出版
-ココログデザイン ※3
  -ココフラッシュへの反映

※1 XML-RPC/ATOM API経由での記事投稿も出来ません。

※2 メンテナンス時間中に公開するよう設定していた場合は、メンテナンス
終了後に公開処理されます。メンテナンス中は公開処理されません。

※3 ココログデザインはココログフリーのお客様もご利用できません。

※ ベーシック・プラス・プロともにココログの閲覧は通常通り可能です。
※ アクセス解析はベーシック・プラス・プロともにメンテナンス中でも
  カウントアップされます。

========================================================

なお、すでにご案内している10月3日(火)のココログフリーのメンテナンスにつきましては変更ありません。詳しくはこちらをご確認ください。また今回のメンテナンス時間変更に伴い、ココログフリーのお客様も15時までココログデザインをご利用いただくことはできません。予めご了承ください。

今後ともココログを宜しくお願いいたします。

続きを読む "がんばってるね こころぐ" »

2006.09.25

帰ってきました

旅行から帰ってきました。

なんか、急がしかったです。
1日目。朝10時頃起きて、11時頃出発。
それから、阿佐ヶ谷まで行って、区役所に。
区役所で、戸籍謄本をもらい、バスで荻窪。荻窪から、またバスで、八幡裏でおりて近くのいなげやを経由して、善福寺でお墓参り。
その後、おばあさんの家に行き、少し話をして、バスで荻窪へ。
荻窪から、東京に行き、そこから、新幹線で名古屋に。
名古屋から栄で乗り換え、茶屋ヶ坂でおり、両親の家。
なんか長い旅路でした。

で、次の日は9時に起きて、10時に出発。
車で合掌造りの白河郷を経由して、下呂に。

下呂温泉は、下呂温泉ロイヤルホテル・雅亭
部屋は広かったし、料理ものボリュームがあっておいしく、お風呂もよかったです。
その日に入ったお風呂は普通の大浴槽と木の浴槽の露天風呂。そこそこの広さでしたが、10人もいるとちょっと狭く感じるかも。自分が入ったときは、人が全然いなかったので、のんびりつかることが出来ました。

翌朝お風呂に入りに行くと、今度は、お風呂が変わっていて、中浴槽と露天の壺湯5ヶ。
中の浴槽は夜と比べて狭いし、壺湯も悪くないけど、せっかくのおんせんだから、広くつかりたいなと思いました。
こっちの方に当たって且つ人がいっぱいいたらかなり評価低かったでしょう。

夜のお風呂が80点と朝のお風呂が60点、合計・平均で70点といったところでしょうか。
値段(12000位だったと思います)を考えると、総合評価は80点といったところです。


3日目。今度は、牧歌の里へ行きました。
母親が花畑をみたいと行ってきたのですが、ほとんど花が咲いていませんでした。
夏の大雨で、コスモスがちゃんと育たなかったそうで。
ちょっとがっかりでした。

で4日目。
3時頃父親と一緒にパチンコ屋へ。
1万円使って、1回大当たり。4800円でした。
パチンコで遊んで、返ってくるお金があるんだから、ありがたいことでしょう。
晩につきたてのお餅をたべて―うちには餅つき機があるのです―家路につきました。

体力的には結構しんどいところもありましたが、楽しい旅行でした。


明日というか今日ですが、パスポートを取ってこようと思っています。

2006.09.23

スポンジや(BlogPet)

最近、こゆきたちが、広いスポンジなどを投稿するみたい…
スポンジや、
頭などしれない

まあ、その辺を創作しなかったの?
久しぶりにだるくてやる気がおもちゃばこなどをお話しなかったの?
スポンジや、投稿していないお話が何本かあるので、その辺を埋めていこうかなと画策中にスポンジなど埋めていこうかな
おもちゃばこにお話を投稿するみたい…
と、こゆきが考えたの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こゆき」が書きました。

2006.09.21

きっともうすぐ

ここ数日・・・今月頭くらいからなのですが、気力の減退が激しいです。
休日も家に閉じこもり。寝て起きて、お酒飲んで、寝てパソコンさわってっとそんな感じ。

うまい具合に、明日・・・もう今日だけど、平日3日お休みして、5連休に。
荻窪行って、お墓参りして、お婆さんの顔をみて、そいでもって、名古屋に行って両親の顔を見に行って、両親と一緒に下呂温泉に行ってくる予定。

この休日でうまくリフレッシュして、書きたいけど書けないお話の続きを書きたいなと思っています。

おみやげには下呂のかおりをチョイスする予定。ほんとにあればだけど。

2006.09.17

そういえば

サラリーマンの悪循環「おなら恐怖症」

 人前でブーッとやらかす恐怖におびえているサラリーマンが急増しているという。お腹の中のガスの発生を抑えるオナラ解消薬も売れている。おなら恐怖症が増えているのはなぜか。まずストレス。緊張すると、唾液と一緒に空気をのみ込み、その一部が腸にたまる。便秘にもなりやすくなり、ますますガスがたまる……ああ、これも小泉失政のツケか――。


日刊ゲンダイ 2006年09月13日


メンズウェアの胸元 ワンポイントおしゃれに復活


 メンズウエアの胸元に、ワンポイントマークが復活している。かつては中年男性のゴルフ用ポロシャツに、必ずついていた傘や熊などのマーク。それが今、おしゃれな装飾としてさまざまな形に進化している。パリ、ミラノの07年春夏メンズコレクションでも、主要ブランドは軒並みワッペンや刺繍(ししゅう)によるマークを強調していた。


 復活したワンポイントマークは、ブランドのロゴとは限らない。オリジナルのエンブレム(紋章)を大きくスポーツシャツに刺繍したドルチェ&ガッバーナも、これがブランドの正式紋章というわけではない。あくまでトレンドの「スポーツ気分」を、今風に表現しただけだ。あえて巨大化させたマークには、ジョークのニュアンスも感じられるが、慣れてくると何も装飾のない服のほうが、物足りなく思えてくる。

 ボッテガ・ヴェネタも大きな数字をニットカーディガンの胸元に縫いつけた。こちらは60~70年代に流行した、頭文字や数字のマーク入りが特徴の「レターニット」をほうふつさせる。

 一方、ジャケットの胸にワッペンをつけ、「クラブブレザー」風に見せたのはエンポリオ・アルマーニ。コレクションのテーマも「メンバーズクラブ」。限られた会員によるスポーツクラブでの装い、といった上品さが漂う。

 もともと胸にマークをつけるやり方は、60年代半ばから80年代半ばまでが全盛期。やはり大きめのエンブレムを強調したバレンシアガのジャケットを見ても、当時長くメンズファッションの主流を占めていた「アイビー」や「トラッド」を連想させる。

 ジュンヤ・ワタナベはラコステとのコラボレーションで、カラフルなポロシャツを発表。「きれいめデニム」と合わせた姿は、「ちょいワル」というより「おりこうサン」だ。

 変わりダネは、ハワイをテーマに、ハイビスカスとモノグラムの花柄を合体させた、ルイ・ヴィトンの男性用コサージュ。おさえておくべき流行を、誰よりも進化させた形で見せた。

 アレキサンダー・マックイーンの、胸元を飾る花の刺繍や、自社のロゴマークの三角印をポケットのふたにしたプラダも面白い。

 それにしても、マークやエンブレムは本来、軍隊や国家、学校や会社など、何かに帰属することを表す。今、若い女性には「愛されOL」系のモデル、エビちゃん(蛯原友里)が人気だが、これからは男性にとっての理想像も「さわやか正社員」系になるのかもしれない。そういえば、自らの国家や民族に固執する右翼系の若者が世界的に増えているという事実も、多少気になるところだが。

朝日新聞 2006年09月11日

続きを読む "そういえば" »

2006.09.16

PS4-12「空」作品群(BlogPet)

シナリオ前なのに、一般などしてもらえると・・・
うまい感想とか、書き出しとかを混乱しなかった?
うまい感想とか、書き出しとかを混乱した秋の風景って感じですね

それ以上でもそれ以下でも無いっているのではないかな
ゆうは好きなのですが終了を語るときになりました


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こゆき」が書きました。

久しぶりに追加

久しぶりにおはなしのおもちゃばこにお話を追加。
がちゃSに投稿していたお話です。

最近、基本的にだるくてやる気が起きないのが困る。
頭の中にスポンジが埋まってる感じ。
このスポンジがとれないと、今月は能動的な創作は無理かもしれない。
まあ、その場合は、投稿して、まだこっちに掲載していないお話が何本かあるので、その辺を埋めていこうかなと画策中。

2006.09.12

PS4-12「空」作品群

PS4-12「空」作品群の感想を掲示板より転載

「空の瓶」>
こういう作品は好きなのですが、この作品に関してはルビを振って欲しかったなあと思います。
あるいは意図的に「カラの瓶」とか言う風に表記してもらえると・・・。
読んでいて、カラとソラが混じりあっちゃうんですよね。
作者の意図する読み方が出来ていないんじゃないかと不安になります。
それすら意図するところだと言われるとしょうがないのでしょうけど。

名雪の使い方がうまいなあと思いました。


あの空の下で再び>
のんびりとした秋の風景って感じですね。
それ以上でもそれ以下でも無いって感じです。


青空 ~Airtist~>
空に引っかけてAirtistなのでしょうか、純粋にartistの書き間違いなんでしょうか? 多分前者だとは思うのですがちょっと気になりました。

まあ、それはともかくとして、ぶっちゃけ、あの書き出しで栞が死んでいないのは嘘だと思う。

まあ、それもともかくとして、香里が栞との関係を語るときに名雪の真琴との関係を持って来たのはおもしろいなと思いました。
個人的には名雪の真琴に対する接し方は、ごく一般的にお客さんとして扱っていただけで、別に拒絶はしていないんじゃないかなと思っています。
いなくなっちゃって寂しいなという気持ちは持つんじゃないかなと思いますけど、まあそれも一つの見方と言うことで。

Vacancy Air>
読んでいて時間軸がわかりにくいと思いました。
最初の頃はどう見てもシナリオ前なのに、後半はどう見てもシナリオ後。
シナリオが終了を示すような言葉もなく、かといって、シナリオ後から過去を思い出しているという描写もないような気がします。
そのせいで、栞の心情をどの地点のモノで見ていいのかわからず混乱します。
結果として、作者の意図が伝わりにくいモノになっているのではないかと思います。

2006.09.11

グリーン車で

[JR東日本]普通グリーン券に「落とし穴」

 「グリーン席でゆったり」と思ったら、なんと立ち席――。JR東日本の「普通グリーン券」が自由席と知らないお客さんに、こんな不満の声が出ている。おまけに、Suica専用の券売機には問題点も。便利なゆえの落とし穴にご注意。【本橋由紀】

 さいたま市の男性(45)は最近、大宮から横浜に向かうため湘南新宿ラインに乗った。「事前に買えば安い」との誘い文句につられ、ホームにあるSuica専用の券売機でグリーン券(950円)を買った。ところが電車は満席。車内に「立ち席でもグリーン券が必要」との掲示があり、駅に止まるたびに乗務員が検札に来たという。「まさか余計にお金を払って立つ羽目になるとは」。知らなかったとはいえ、怒りは収まらない。


 JR東日本広報部によると、「普通グリーン券」は、普通列車の「グリーン席」だが「自由席」。もともと、国鉄時代に導入された。超すし詰めの列車に乗るとき、「同じ立つならちょっとお金が高くても、余裕のあるグリーン車で」という声があったという。ホームの券売機にも、みどりの窓口にも、「満席の場合は立ち席」と書かれていないため、「グリーンは座れる」と誤解する乗客がいるらしい。


 現在、同様の券があるのは湘南新宿ラインのほか、宇都宮線、高崎線、東海道線、横須賀線、総武快速線だ。04年10月からは湘南新宿ラインなど3線で、ホームの券売機がSuica専用に。今年3月には、東海道線など3線でも同じ専用券売機になった。料金は距離などで違うが、事前に買えば車内で買うより250円安い。


 「座れない場合には、車内の乗務員の証明があればみどりの窓口で払い戻しします」と広報部。しかし、ホームに「証明があれば払い戻す」などの説明はない。先の男性も「Suicaに記録され、どうにもならないと思った」と話す。また、朝や夕方の時間帯と区間によっては、グリーン車から他の車両に移れないよう施錠されていて、自由に移動もできない。


 さらに、Suicaの場合、ホームの券売機ではSuica1枚につき、グリーン券は1枚しか買えない。複数枚買う場合は、窓口に行かなければならない。子連れで荷物の多い人やお年寄りなどにとっては、なお負担になる仕組みのままだ。


毎日新聞 2006年09月10日

続きを読む "グリーン車で" »

2006.09.09

裸になるバトン(BlogPet)

学校中真っ暗を自作された!
ゆうが、古河で古河 渚
mixiでは自分が危うい
と思いながらもあるけど、マジックをやめたのかも


原作を読み直す


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こゆき」が書きました。

裸になるバトン

のくた庵ののくたさんからバトンが回ってきました。

拍手で教えてくれた人ありがとうございました。


■1. 昨日の晩ご飯、何をたべましたか?

昨日の晩ご飯は、おにぎり2個+フライドチキン
その後、居酒屋で飲み。
居酒屋で注文したモノまではさすがに覚えていないですね。


■2. あなたの武勇伝を、言ったげて!

武勇伝か………。中学時代に、部室でうっかり昼寝して、起きたら学校中真っ暗でびっくり。
窓から排水管を伝って外に脱出したことがあります。


■3. 過去に熱中した出来事

ときめきメモリアル1。
PCEの発売日に買い、徹夜で遊んだ。
PSもSFCもGBも持ってるくらい。
SFCとGBはちゃんとクリアしていないけど。
CDも月刊の前までは買ってたし、ラジオも聞いてた。
イベントに出かけていったのもコレが初めて。
寄稿して、自分の作品がオフセットの本になったのもコレが初めて。
二次創作の作品を読みふけったのもこれが初めて。
ここまで入れ込んだのはこの作品が最初で最後。
自分で書いた作品数は少ないけどね。


マジック・ザ・ギャザリング
第四版の時。英語版でがんばってました。
買ったエキスパンションはホームランド・クロニクルくらいかな?
あとはひたすら基本で我慢。
テンペストはシャドーについて行けなくて買ったけど、マジックをやめたのもテンペストブロックの時代。

青使い。
Magical hackやSlight of mind、Control magicとかがおきにいり。


■4. イベントに行って、スペースを回るとき見るポイントは?
その同人誌が小説か否か。
マンガだとその場で失格。売り子さんからしてみれば、端をめくっただけで、先行かれちゃうんだからひどいコトしてるのかも。
と前回、コミケに行ったとき、ものすごいショックを受けてた売り子さんを見て思った。


■5. 最も燃える(萌える・もだえる)シチュエーションは?

ちょっと思いつかないなあ・・・・。

■6. 同人・HP問わず、自分が今まで書いた作品で一番好きなのは?

一番は難しいなあ・・・とりあえず、「自作SS(小説)紹介バトン」参照

■7. 今までに「このままでは自分が危うい」と思いながらもハマってしまった作品、もしくはキャラは?

あまり意識したこと無いなあ・・・。
でも、前情報なしで、イラストだけでときめいたのはCLANNADの古河 渚
mixiではコミュニティを持っています。


■8. 何がきっかけで今(同人やコスプレなど)に至る??

同人というのが同人誌を出すと言うことならやっていないし、コスプレはしたこと無い。
お話を書くと言う事に言及するのであれば、Kanonは第二回ピンポイントお題SSシリーズ。
まりみてはがちゃがちゃSS掲示板に投稿したこと。


■9. もうこれ以上は無理だ!と思った時のやる気を出すための特効薬はなんですか?
・自分の作品を読み直す。
・原作を読み直す。
それでも、気分が乗らないときはある。
今まさに停滞中。気分が乗ってれば、がちゃSレイニーもがっつり進められるのに。


■9. 何か一つ、他人(有名人・友人・ネット仲間etc)の能力がもらえるとしたら、誰のどんな能力が欲しい?」
うーん。絵を描く能力。長編を書く能力かなあ・・・・。

■10. 同人をやっていて面白かったことは?
同人というのが同人誌を出すと言うことならやっていない。

でも、本を出してみようかなといっただけで、熱心に教えてくれたりとか、出したら買いますとか言ってくれる人がいて嬉しかった。

■11 一番好きなお菓子(和洋問わず)
歌舞伎せんべいとか好きかな。
甘いモノなら源氏パイかな。
おたべ(生八つ橋あんこ抜き)とかなあ。

そこまで意識してお菓子食べないのでなんとも。


■12. 人の作品で一番重要視してみるところはどこ?(小説・絵)

 小説:二次創作ならば、原作の人間関係を大切にしているか。オリジナルは話が読みやすくて、おもしろいか、かな。

 絵:その絵を見て自分が何かを感じられるか。挿絵ならばその絵がその場面を忠実に切り取ったものか。

■13. この作家さんのこの1冊がおすすめ(小説・漫画・エッセーetc ジャンル問わず)

うーん。難しいなあ。
新井素子「くますけと一緒に」
矢野俊策「ダブルクロス・リプレイ・オリジン」シリーズ
菊池 たけし「ナイトウィザード・リプレイ」シリーズ

まあ、他にもあるけど、この辺で。

■14. 同人をやっている方へ。やるきっかけになった作品はなんでしょう

同人というのが………(以下略)
今後本を出すとしたらKanonかまりみてになるでしょうね。


■15. このバトンを回してくれた人はどんな人?
 
 推定某くま1号さん拍手でバトンのことを教えてくれた方によると
「某有名可南子SSサイトの志摩子兄コスプレのえらい人」らしいです。

自分からみると「祐巳×可南子」メインの人でしょうか。
のくたさんの作品は丁寧で読みやすいので新作があると読みに行きます。
最近読んだ話の中では「突撃! ひよこ部隊」「姉妹のカタチ」がよかったです。

■16. 今まで回答してきた中で必要ないと思った問いをひとつ外し、欠番になった番号に自分で考えた問いを入れてください。
タイトル 裸になるバトン→変形するバトン

本当は一番の問いをはずそうかなとおもったけど、裸になるバトンという問いが全く関係なくて許せなかった。
変形するバトンが裸になるバトンよりよいかというのはこのさい別ということで。


■17. バトンをまわす人5人

バトンの受け渡しに関しては以前いろいろ書いたので、省略。
注意事項だけ。
このバトンに指名された人は・・・
 ・受け取り拒否OKです。
 ・次に回さなくても、かまいません。

作者さんが対象になるバトンは難しいなあ・・・。


夢幻桜々の月乃風音さん
へごべやのきなこさん
楓の散歩道の柊さん
KUMA's Musical Loungeのくま一号さん
どりーむぷろじぇくとのエルラさん

2006.09.05

リンクとかフォームとか

作品の後ろにフォーム付けたりだとか、がちゃS協賛リンクを増やしたりとか。
まえにしたとけど、報告していなかったり。
あとは夢幻桜々をお世話になっているページに追加。

続きを読む "リンクとかフォームとか" »

2006.09.04

嫌日流

嫌日流



内容(「BOOK」データベースより) 日本はドイツの十分の一でもいいから見習ってご覧!本書は日本の妄言の書『嫌韓流』に対し断固反論し、醜悪な日本の実像を浮かび上がらせる。

内容(「MARC」データベースより)
韓国人の著者が日本の妄言の書「嫌韓流」に対し断固反論し、スッキリした絵の漫画で醜悪な日本の実像を浮かび上がらせる一冊。親日派は読まないでください。きっと理解できないですから…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ヤン ビョンソル
本名ハン・ギョンス。1952年馬山生まれ。韓国漫画ストーリー作家協会第2代会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


嫌日流は最初キム・ソンモという人が嫌韓流に対抗して出すといっていたのを全然関係ない人が嫌日流という名前で、先に出版しちゃったんですよね。それの翻訳版です。

内容は正直、おまえこれちゃんと調査したのか? 言いたくなるような内容でした。
自分は比較するなら正しい立場でとおもい、ちゃんと購入しましたが、よっぽどの物好きじゃない限りは、こちらのサイトを参照するだけで十分だと思います。


続きを読む "嫌日流" »

韓国人につけるクスリ

韓国人につけるクスリ




内容(「BOOK」データベースより)
ソウル在住の元日本語講師が体験した、“韓流では決してわからない”驚くべき韓国人気質の実態。

内容(「MARC」データベースより)
中身より外見重視の整形依存症の国、韓国ドラマがワンパターンなわけ…。ソウル在住の元日本語講師が体験した、「韓流では決してわからない」驚くべき韓国人気質の実態。ブログ『今だからこそ…韓国斬り!!』を単行本化。

出版社からのコメント
わずか半年で100万アクセスを突破した有名ブログ『今だからこそ…韓国斬り!!』の待望の書籍化!
不思議の国・韓国にて日本語講師に従事した経験から、韓国人たちの生の声を元に彼の国が抱える「自己矛盾と狂気」を一刀両断。
出版後、サイトが閉鎖された経緯は? 作者中岡氏に忍び寄る強迫の真相は?
韓国側からの出版オファーもあり、まだまだ波乱の気配……。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
中岡 龍馬
北米での留学経験を経て、とある事情から04年ソウルへ。約一年間、日本語講師を務める。プログ『今だからこそ…韓国斬り!!』が約7ヶ月で200万ヒットを超す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


説明にあるように、作者さんの人は韓国で日本語教師をやっていて、その日々の事柄をブログで発表していた。それが、本になったのがこの本になります。

やはりそこに住んでいるというのは大きなアドバンテージで、住んでいないと見えない視点でかかれているのが、おもしろかったです。もとがブログという題材だっただけに、テーマがほんと身近で、興味深く読むことが出来ました。韓国に興味はあるけど、嫌韓流はちょっとという人にはお勧めです。

韓国人につけるクスリ 2打

 
出版社/著者からの内容紹介 韓国メディア騒然!! 「韓国人につけるクスリ」発売と同時に閉鎖に追い込まれた超人気ブログが再び甦る! ・ウリナラ面子のためならヒーローまでも捏造 ・闇に葬られる子供たち~韓国人の恐るべき堕胎事情 ・合コンからパンティまで、凄まじき独島商法 ・韓流商売の愚かなる実態 ・世界に進出するアグリーコリアン ・ウリ意識の排他性・性差別御免の無秩序国家 等

≪韓流では決してわからない≫ 驚くべき韓国人気質の実態を
‘今だからこそ’の大幅書き下ろし追加!!!

内容(「BOOK」データベースより)
韓国メディア騒然。「韓国人につけるクスリ」発売と同時に閉鎖に追い込まれた超人気ブログが再び甦る。

内容(「MARC」データベースより)
闇に葬られる子どもたち、韓流商売の愚かなる実態、差別御免の無秩序国家…。「韓流では決してわからない」驚くべき韓国人気質の実態とは!? 2005年7月から9月までのブログに、「今だからこそ」の書き下ろし大幅追加。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
中岡 龍馬
北米での留学経験を経て、とある事情から04年ソウルへ。約一年間、日本語講師を務め、現在は日本と韓国で活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


こちらの方は2冊目。
1冊目がでてからの韓国マスコミの対応と、本当に最近の韓国事情を扱っているため。ニュースをよく読む人なら、ああ、こんなことあったよなと思い返せます。
時事話題が多いため、ある意味こっちの方が取っつきやすいのではないかと読んでいて思いました。

アジアと日本との関係

日本と関係良好、東南アで9割超…アジア7か国調査

 読売新聞社は、韓国日報社、ギャラップ・グループと共同で、「アジア7か国世論調査」を実施した。

 東南アジア諸国では、「日本との関係が良い」と見る人が9割以上に達した。「日本を信頼できる」人も7―9割を占め、対日感情の良さが裏付けられた。一方、急速な経済発展を背景に、東南アジアでの中国の好感度も増しており、関係強化の進展が示された。

 調査は、インド、インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナム、韓国および日本の7か国で、6月下旬から7月中旬にかけて面接方式により実施した。アジアの複数国で同時に世論調査を行ったのは1995年、96年に続き3回目。

 日本との関係が「良い」は、インドネシアとタイでは「非常に」と「どちらかといえば」を合わせてそれぞれ96%に達し、ベトナムで計92%、マレーシアでは計91%に上った。この4か国では、同じ質問をした95年調査でも「良い」が9割超だった。初めてこの質問をしたインドでも「良い」は計89%に上った。
(読売新聞) - 9月3日

続きを読む "アジアと日本との関係" »

2006.09.02

逆転イッパツマン(BlogPet)

きょうゆうの、妨害しないです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こゆき」が書きました。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

@Happy_24h

  • twilog

Amazon

趣味関係