2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« たとえどんな立場でも | トップページ | 花火を打ち上げたのは誰のせい? »

2006.10.11

おにいちゃんのケイタイ

【ファンキー通信】サラリーマンが目覚まし時計を放棄した理由


 一人暮らしの男性は、毎朝起きるのも一苦労。「あとちょっと・・・」が失敗を招くんですよね。とはいえ、寝坊防止に無機質な「りりりりーん」と鳴る、うるさい目覚まし時計に起こされるよりは、人に起こされたい。贅沢言うなら、カワイイ声の女性に起こされたいとは思いませんか?

 そんなあなたにちょっとうれしいサービスが誕生。その名も「おにいちゃんのケイタイ」。毎朝自分の好きな時間にメイドや妹からモーニングコールがかかってくるというのです。このサービスのスゴイところは、なんと機械音じゃないってこと。そう、朝から女の子と会話出来ちゃうってわけです。

(以下妄想シーン)
妹「おはよう。おにいちゃん。起きてってば~、ほら。・・・ったく、しょうがないんだから!」
俺「もうちょっとだけ、寝させてよ。昨日、残業だったんだ」
妹「昨日も残業だったの? 働き過ぎじゃない? でも、遅刻したら怒られちゃうよ。ねっ?」

 いや~想像しただけでニンマリしてきちゃいます。モーニングコールの時間帯は午前6~10時。自分の生活に合わせて好きな時間をチョイス。ちなみにお休みコールもある。寝る前に声を聞くのも、安眠できそうでよさそうじゃない? また肝心のキャラクターは、ツンデレ系、甘えんぼキャラ、不思議ちゃんなど、何種類かパターンがあってそのキャラクターに合った台詞から会話が始まるという。

 でも、どんな人がこのサービスを利用しているの?

 「男性のお客様のうちの半数は、おはよう指定コース、もしくはチケットコースでの朝の時間帯指定のお客様ですので、約半数は普通のサラリーマンの方だと思われますね。少数ではありますが、女性の方もいらっしゃいます。女性の方は、妹からは「○○おねえちゃん」、メイドからは「○○お嬢様」と呼ばせていただいております」(あさだ企画 麻田英樹さん)

 毎朝このサービスを利用して起こしてもらっているというサラリーマンは言う。「確実に遅刻が減りましたね。今日もがんばろうって思えるんすよ。ベッドから起きるのが、前より憂鬱じゃないというか」。料金も1回あたり、300円少々とそこまで高くはない。

 寝坊は減るわ、朝から気持ちよく起きれるわで、かなりオススメのこのサービス。寝坊が悩みのあなた、利用してみてはいかが?(平田桃子/verb)

それ系の属性を持っている人には、強力なサービスですねえ。
頼むかどうかは別にして、毎日かけてもらうと8800円・・・・
お試しコースは250円ですか。ちょっと高いとも思えるし、妥当とも思えるし・・・。
むむむ、結構悩ましい、価格設定ですねえ・・・。


自分は結構普通に、目覚ましで起きれるので、そんなに困らないですけどね。
スヌーズ機能を持っているなら、頼んでもいいけど・・・・。そこまではしてくれないだろうなあ・・・・。

ものは試しで、ためしてもいいんだけど、寝てるときの電話って、嫌いなんだよねえ・・・。
お休みコールもあるけど、平日も、休日もいつ寝るかわからないしねえ・・・・。

しかし、http://www.oni-tan.com/なんてよくとれたねえ・・・。

おにいちゃんのケイタイ

« たとえどんな立場でも | トップページ | 花火を打ち上げたのは誰のせい? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63691/12233287

この記事へのトラックバック一覧です: おにいちゃんのケイタイ:

« たとえどんな立場でも | トップページ | 花火を打ち上げたのは誰のせい? »

@Happy_24h

  • twilog

Amazon

趣味関係