2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« さくらちゃん空を飛ぶ | トップページ | George Winston AUTUMN »

2006.12.14

オレンジリボン

<いじめ>「オレンジリボン」で撲滅へ 千葉の中学生が発案

 千葉県市川市の南行徳中学校(菅澤龍之助校長、667人)で11日、いじめ撲滅を目指してオレンジ色のリボンを胸につける「オレンジリボンキャンペーン」が始まった。いじめをなくす意識を高めようと生徒たちがアイデアを出した。
 同校ではこの日、生徒会が放課後にリボンを配った。生徒たちは「いじめに反対し、いじめをなくすことに積極的に参加、協力することを誓約致します」と書かれた誓約書にサインしてリボンを受け取った。
 キャンペーンは、菅澤校長が「いじめをなくす手だてを考えよう」と呼び掛けたのがきっかけ。生徒会で話し合い、北朝鮮による拉致被害者支援のブルーリボンにヒントを得て考えついた。色は「暖かく紺色の制服に映える」とオレンジにした。
 生徒会長の2年、町直也さん(14)は「(誓約書との交換制にしたのは)自覚を持って付けてほしいから」と説明する。この日だけで、150人に行き渡ったという。1年の梅原早姫さん(12)は「いじめられている人に安心してほしい」と話していた。
 生徒たちの熱気を見守る一方で、教師の中には、リボンを付けることに抵抗を感じる生徒に影響を与えないかと心配する声もある。菅澤校長は「むしろリボンを付けない子に目を向けないといけない」と話していた。
 同市立妙典中学校も先月から同様の試みを始めている。【中川聡子】
(毎日新聞) - 12月11日

生徒の方から動き始めたってことが大きいですよね。

いじめ問題は、もう10年以上ずっと言われ続けてますよね。今年がひどい訳じゃないと思う。

1995年、ジャンプが1冊の本を出しました。「ジャンプ いじめレポート。」
少年ジャンプがこの問題に真っ正面から取り組んだことに、自分は素直に感心したものです。

自分は伝えたい内容が重い内容であればあるほど、その媒体はマンガが最適だと信じています。


いじめという問題にきちんと向き合うには、自分の身の回り以外でどんなことが起こっているのか。
それを知らないと、きちんと向き合えないと思います。
マンガという仮想現実の中での経験はいじめを語る上で大きな武器になると思うんですよね。

いじめで、いちばんやっちゃいけないのは無関心。
すこしでも、関心を持って欲しい。
個人的にはそう思います。


今このタイミングで、10年前のいじめリポートをコンビニ本でも良いから再販したら、自分は応援の意味を込めてもう一冊買うと思います。


« さくらちゃん空を飛ぶ | トップページ | George Winston AUTUMN »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

 わかる。けど、こういうみんなでなにかやりましょうっていうの、行き着くところが不安。

 自由意志の表明にはならない、リボンを付けない子がいじめられる発想になっちゃうんだよなあ、どうしても。

生徒の話だっ!

コメントありがとうございます。

生徒側の方から動くというのは、本当に重要なことだと思うんですけどね。

確かに、リボンを付けない人がいじめに遭うという本末転倒は避けたいところですね。まあ、リボンをもらう人はその辺は意識できる人何じゃないかなと思うんですけどねえ。

自分はこの、南行徳中学の出身です


このオレンジリボンは、自分たちの1つ上の学年の生徒会長(5,6年前です)の提案で始まりましたが、つけている生徒はほとんど見たことがありません。生徒会の生徒はつけていましたが・・・

ちなみに自分の学年には、33人クラスが6クラスあったのですが、各クラスに2,3人ずつ不登校がいました。
8年ほど前まで続いた「暗黒期」には、教育委員会から「千葉で最も荒れている中学」とまで言われ、たまたま表で悪いことをしなかった自分たちの代のときには「授業も成り立つようだし、ようやく更生した」と、県の教育委員会が視察に来たことを覚えています。まぁ、寝ている生徒が非常に多いから授業が邪魔されないだけだったんですけどね

今の学年は、教師に暴力を振るったり、ナイフを携帯していたり、胴上げして受け止めなかったり、挙句には売春・・・

決して多数の生徒がリボンをつけているわけではないです
生徒会のポーズだけなんです

長々とすみませんでした

コメントありがとうございます。

卒業生の人からコメントがあるとは思っても見ませんでした。
しかし、こういうコメントを見ると、ニュースから伝わって来ることって、本当にすこしだなと思います。

要約すると・・・
・オレンジリボンの運動は、5,6年前からやっていた。
・当時は生徒会役員のみの少数で賛同者が全然いなかった
・今回はキャンペーンとして、大きく広報して、参加者が150人(全校の約22%)になった
というところでしょうか。


以前は生徒会のポーズだったのが、すこしずつ実を結んできたと考えるのが易しい考えかもしれないですね。

以前は、つけていることによっていじめに遭うこともあったかもしれないんですね。
なるほど、実際に現場を見ていないと、想定とまったく逆になる事もあるということを実感しました。


学級崩壊の問題も難しいですよね。
そもそも、学校で教える勉強がもう少し楽しいものなら良いのですけど。
学校の授業はホンと眠くなりますものねえ・・・。

しつけは親の仕事だけど、勉強の楽しさを教えるのは教師の仕事。
勉強が楽しいことを教えて欲しいですね。
理科とかでも実験が全然無いんですもの。
大学受験の弊害ですよね・・・。

何とかならないものでしょうかねえ・・・。

勉強になりました。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63691/13061705

この記事へのトラックバック一覧です: オレンジリボン:

« さくらちゃん空を飛ぶ | トップページ | George Winston AUTUMN »

@Happy_24h

  • twilog

Amazon

趣味関係