2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 智代アフターはじめました | トップページ | 痛くないと言ったら嘘ですけど(BlogPet) »

2007.01.06

誰も言わない憲法違反

「美しい国づくり元年に」安倍首相が伊勢神宮参拝 道州制実現に意欲


【伊勢】安倍晋三首相は四日、菅義偉総務相ら閣僚四人とともに、伊勢神宮を参拝した。外宮、内宮の順で参拝した後、記者団の質問に「私にとっても、日本にとっても、良い一年にしたい。美しい国づくり元年を目指して、全力で真っすぐに取り組んでいく」と決意を述べるとともに、道州制実現に強い意欲を示した。

 首相は午後二時半ごろ、モーニング姿で近鉄宇治山田駅に到着。菅総務相のほか、松岡利勝農林水産相、甘利明経済産業相、若林正俊環境相の四閣僚と下村博文、鈴木政二両内閣官房副長官、山谷えり子首相補佐官が随行。野呂昭彦知事や藤田正美議長、森下隆生伊勢市長らも同行した。

 内宮には午後三時すぎに到着。待ち構えた大勢の参拝客に笑顔で手を振りながら宇治橋を渡り、参道の玉砂利を踏みしめて正殿に向かった。板垣内では厳粛な面持ちで頭を下げ、かしわ手を打った。

 参拝後、神宮司庁前で「昨年は総裁選挙があって総理に就任し、外遊、重要法案の審議、予算編成と、私にとって激動の一年だった。ことしは私にとっても、日本にとっても良い一年にしたい。美しい国づくり元年を目指して、全力で真っすぐに取り組んでいく決意です」と述べた。

 地方行政については「地方の活力なくして、国の活力なし、というのが私の基本的な考え。頑張っている地方を応援していく」とした上で、「地域の良さ、個性を生かして、それぞれ夢を持って発展していくためには、道州制がやはり必要。道州制ビジョンを取りまとめるスタートの一年にしていく」と道州制の実現に意欲を示した。

 皇位継承問題には「皇位の安定的な継承は、国の基本的な問題。昨年、悠仁親王殿下がご誕生になり、そのことを踏まえて、静かに深く議論していきたい」と言及した。



安倍首相 伊勢神宮参拝、菅義偉総務相ら4閣僚も同行

 安倍晋三首相は4日、三重県伊勢市の伊勢神宮を首相として初めて参拝した。菅義偉総務相、松岡利勝農相、甘利明経済産業相、若林正俊環境相の4閣僚が同行した。
 伊勢神宮の参拝は歴代首相の新年の恒例行事。黒のモーニングに身を包んだ安倍首相は外宮、内宮の正殿へと進み、2礼2拍手1礼の神道方式で参拝した。
 首相は参拝後、記者団に「昨年は私にとって本当に激動の1年間だった。今年は日本にとっても私にとってもいい年にしたい。日本国の安寧と繁栄を祈り、皇室の弥栄(いやさか)、そして世界の平和を祈念した」と述べた。【小山由宇】

1月5日 毎日新聞

伊勢神宮

伊勢神宮(いせじんぐう)は三重県伊勢市にある神宮の俗称。神社本庁の本宗(ほんそう)とされ、正式名称は神宮。ほかの神宮と区別する場合には伊勢の神宮と呼ぶ。神道の神社では別格とされ、格付けはされない。

建物は皇大神宮(こうたいじんぐう)と豊受大神宮(とようけだいじんぐう)からなる。通常は皇大神宮を内宮(ないくう)と呼び、豊受大神宮を外宮(げくう)と呼ぶ。内宮は天照大神(あまてらすおおみかみ)、外宮は豊受大御神(とようけのおおみかみ)を祭る。近世江戸時代を除いて、古代から政治的権威と結びつくことが多かった。

広くは、別宮(べつぐう)、摂社(せっしゃ)、末社(まっしゃ)、所管社(しょかんしゃ)を含めた一連の社宮を神宮と総称する。この場合、所在地は伊勢市にとどまらずまたがる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

天照大神 天照大御神天照大御神(あまてらすおおみかみ)は、日本神話に登場する神である。現在では一般に女神とされる事が多いが、実は男神だったという説も存在する。太陽を神格化した神であり、皇室の祖神(皇祖神)とされる。『古事記』においては天照大御神(あまてらすおおみかみ)、『日本書紀』においては天照大神と表記される。別名・大日孁貴神 (おおひるめのむちのかみ)。 『日本書紀』においては複数の神名が記載されているのに対し、『古事記』においては「天照大御神」という神名で統一されている。天照大神という神名が、『皇太神宮儀式帳』など政治的な部分で用いられていることから、三品彰英や西條勉が論じているように、本来は高御産巣日神(高皇産霊尊)が皇祖神であり、ヒルメが皇祖神化して天照大神になったとする説もある。

伊勢神宮においては、通常は天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)、あるいは皇大御神(すめおおみかみ)と言い、祭事の際神前にて名を唱えるときは天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)などとも言う。学術的な文書では「アマテラス」と片仮名書きされることが多い。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

豊受大御神(トヨウケビメ)


イザナミの病と死によって生まれた神々(古事記に基づく) トヨウケビメは、日本神話に登場する神。伊勢神宮外宮に奉祀される豊受大神として知られている。古事記では豊宇気毘売神、日本書紀では豊受媛神と表記される。別称、豊由宇気神、大物忌神、豊岡姫。

古事記ではイザナミの子のワクムスビの子とし、天孫降臨の後、外宮の度相(わたらい)に鎮座したと記されている。神名の「ウケ」は食物のことで、食物・穀物を司る女神である。後に、他の食物神のオオゲツヒメ・ウケモチなどと同様に、稲荷神(ウカノミタマ)と習合し、同一視されるようになった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

以前、小泉首相が言っていましたが、首相が靖国神社に参拝する時には非難囂々で、伊勢神宮に参拝する時には本当に何もないんですね。


安部首相が伊勢神宮で、神道式のお参りしても、それが一般的なお参り風景のように書かれていて、新聞は特に非難の声を上げている様子はありません。

神社で祭っているものを考えると、伊勢神宮の方が明らかに宗教に寄っている気がします。
靖国神社の参拝の参拝に文句を言うなら、伊勢神宮に参拝した時にも、文句を言うのが筋だと思うのですがどうでしょう?

靖国神社(靖國神社、やすくにじんじゃ)は、東京都千代田区にある神社である。

近代以降の日本が関係した国内外の事変・戦争において、朝廷側及び日本政府側で戦役に付し、戦没した軍人・軍属等を、顕彰・崇敬等の目的で祭神として祀る神社である。現在の宮司は南部利昭。

単一宗教法人であり、神社本庁には加盟していない単立神社である。東京の九段に鎮座する事から、単に「九段」あるいは「九段下」などと通称される事も多い。桜の名所としても知られる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

靖国神社で祭られているのは戦死して神格化した「人」。伊勢神宮は天皇家の始祖のともいえる「天照大神」どっちがより宗教色が強いかと言われれば、普通は伊勢神宮になるのではないかなと思います。


政教分離の原則を持ち出すならば、むしろ、靖国神社の参拝より、伊勢神宮の参拝の時に、文句を言うべきだと思いますがどうでしょう?

この辺、首相の靖国神社参拝に反対する新聞記者さん達に是非とも聞いてみたいところです。

しかし、伊勢神宮においなりさんが祭られているとは知りませんでした。

« 智代アフターはじめました | トップページ | 痛くないと言ったら嘘ですけど(BlogPet) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

参拝ってすきかもー

…単一宗教法人なら…新新宗教ってことかなぁ?
オ〇ムとか創〇〇会とかと一緒のカテゴリーになるのかなぁ。わくわく(真夜中に勝手に一人でわくわくしている人)。

コメントありがとうございます。

宗教法人には、被包括宗教法人、包括宗教法人、単立宗教法人がある。被包括宗教法人とは、神社、寺院、教会のような礼拝施設を有する宗教法人のことで、 包括宗教法人の傘下にある宗教法人(仏教では本山や末寺)。包括宗教法人とは、被包括宗教法人を傘下にもつ宗教法人(仏教では宗派)。単立宗教法人とは、包括宗教法人に傘下に属さない独立した 宗教法人(単立)。被包括宗教法人が包括宗教法人から独立して単立宗教法人となることもできる。


だそうです。
この内容だと、創価学会と靖国神社は同じカテゴリに入りそうです。

まあ、創価学会が、本当に単立宗教法人科は知りませんけど。

上記の文はwikipediaからの転載です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%97%E6%95%99%E6%B3%95%E4%BA%BA


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63691/13350526

この記事へのトラックバック一覧です: 誰も言わない憲法違反:

« 智代アフターはじめました | トップページ | 痛くないと言ったら嘘ですけど(BlogPet) »

@Happy_24h

  • twilog

Amazon

趣味関係