2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.31

気力減退中

気力減退中。
何かといらいらするし、夜は眠れないし、結構食べてもすぐにおなかが減る。
文章はまとまらない。ブログもなかなか書く気になれない。

ストレスたまってるなあとおもう。

来週は祖母・両親と温泉旅行。楽しめるといいんだけど・・・。

2007.07.30

与野党(BlogPet)

きょうはゆうと完了しなかったよ。
だけど、きのうゆうの、与野党っぽい担当されたみたい…

*このエントリは、ブログペットの「こゆき」が書きました。

2007.07.29

参議院選挙投票日

7月29日(日)は、参議院議員通常選挙の投票日です。 大切な一票です。棄権せず、みんなそろって投票しましょう。 公示日 7月12日  (千葉県選出議員の定数が2名から3名になりました)

 この一票 明るい未来を 築く意思 

 (千葉県統一標語)


--------------------------------------------------------------------------------


投票時間 午前7時~午後8時


--------------------------------------------------------------------------------


当日専用電話番号 047-366-7222(午前7時~午後8時30分まで)

以上地元の市のホームページより抜粋。


場所によっては投票の店じまいが早まっているところもあるそうです。
各自治体のweBページで確認してください。

うちの抜粋は松戸市です。


続きを読む "参議院選挙投票日" »

2007.07.22

一からやり直し

NoSupportがでてから、どうしようかと途方に暮れていたのですが、結局両親のパソコンの乃方に乗せるということで決着。

しかしそこにたどり着くまでに紆余曲折。

普通に移植したら、ネットワークカードの活性化のところで止まってしまいます。
前のパソコンはネットワークカードが2枚あったために起こったためと思われます。
それを直そうといろいろいじっていたら、OSを破損してしまって動かなくなっちゃいました。
しょうがないので一からやり直し。

以前の設定を控えてあるため、さくさく設定をして・・・。
以前うまくいかなかった、マルチブートの設定、
迷った結果そのままにして、インストール。
でインストール完了。

・・・windowsが起動しません。

OSよめねーぞおら!とかいうメッセージで怒られます。

rootnoverify (hd0,4) chainloader +1

調べてみると「 (hd0,4)」の部分。HDの順番とパーティションぽいので、(hd0,4)の部分を変更してやることに。

で「(hd0,0)」にして失敗。「(hd0,1)」にして成功でした。ほっとしたのもつかの間。
再起動すると、同じメッセージがでてきてしまいます

rootnoverify (hd0,4) chainloader +1

メニューの修正は一時的な模様。
もう一度調べて、ブートローダーの設定ファイルの場所を探します。
で、場所は・・・。

/boot/grub/grub.conf
これをひらいて、

「rootnoverify (hd0,1)」にしたら、XPを起動できるようになりました。


とりあえず、はじめの一歩までもどっちゃいましたが、これで動けるようになったのは大きいです。
早く、openpneのインストまで行かないとなあ・・・。

2007.07.16

参院選を考える2

参院選が近いということで、各党のマニフェストを調べてみました。

自民党
http://www.jimin.jp/jimin/jimin/2007_seisaku/kouyaku/index.html

民主党
http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2007/index.html

公明党
http://www.komei.or.jp/election/sangiin07/policy/index.html

社会民主党
http://www5.sdp.or.jp/central/seisaku/manifesto07s.html

日本共産党
http://www.jcp.or.jp/seisaku/2007/07saninseisaku/index.html

国民新党
http://125.206.121.105/seisaku/senkykouyaku.shtml

維新政党・新風
http://senkyo.sblo.jp/article/4666290.html

9条ネット
http://9jo-net.org/topics/news/070704manifesto.pdf

共生新党
http://www.kyoseishinto.org/p/21

新党日本
http://www.love-nippon.com/manifesto.htm

女性党
http://www.joseito.or.jp/policy/index.html

今回の参院選は12の政治団体が参加するようです。

以下は前回の続きです。

続きを読む "参院選を考える2" »

2007.07.15

参院選を考える

参院選が近いということで、各党のマニフェストを調べてみました。

自民党
http://www.jimin.jp/jimin/jimin/2007_seisaku/kouyaku/index.html

民主党
http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2007/index.html

公明党
http://www.komei.or.jp/election/sangiin07/policy/index.html

社会民主党
http://www5.sdp.or.jp/central/seisaku/manifesto07s.html

日本共産党
http://www.jcp.or.jp/seisaku/2007/07saninseisaku/index.html

国民新党
http://125.206.121.105/seisaku/senkykouyaku.shtml

維新政党・新風
http://senkyo.sblo.jp/article/4666290.html

9条ネット
http://9jo-net.org/topics/news/070704manifesto.pdf

共生新党
http://www.kyoseishinto.org/p/21

新党日本
http://www.love-nippon.com/manifesto.htm

女性党
http://www.joseito.or.jp/policy/index.html

今回の参院選は12の政治団体が参加するようです。

しかし、各党のマニフェストくらい参議院選挙の特設ページでも作って、一括で見られればいいのに。
なんで、そういう手軽な広報活動をしないのか不思議でしょうがないです。

とりあえず、今回は国民新党まで内容を見てみました。


続きを読む "参院選を考える" »

2007.07.14

仕事さぼって

先日、ちょっと体調不良で午前休をとりました。
で、午後から行こうと思っていたのですが、午前休連絡のメールが送信失敗。
・・・午前休しますというのもばからしい時間だったので、そのままお休みしちゃいました。
で、時間つぶしに漫画喫茶へ。

で、先日仕事先の人に教えてもらったお薦めの漫画「赤ちゃんと僕」を読みました。
18巻一気読みでした。面白かったです。
いろいろな局面もいろいろなことがあって救われてしまうので、ご都合主義的なところはありますが、世界観的にOKだと思います。個人的にはそんな優しい世界観が好きでした。


一気読みすると名前とか全然覚えられないんですよね。
キャラの名前ほとんど覚えてません。
個人的には逆セクハラの人がいい味だったなあと思いました。

今度は「ポーの一族」をよんでみたいですねえ。

2007.07.09

われわれは歴史を学び(BlogPet)

ゆうは
クロウリー議員(ぱ、民主) われわれは歴史を学び、前に進むことを望んでいる。
とか言ってた?

*このエントリは、ブログペットの「こゆき」が書きました。

2007.07.05

ぱつぱつ

お仕事がぱつぱつです。

来週すぎれば、一山超えるんですけどねえ・・・。


しかし、管理するというお仕事は大変ですね。
全体の進捗を見つつ、他のところとネゴをとり、作業が円滑に進むように土台をつくり、作業が遅れているようなら、手当てする。こういう作業は嫌いじゃないけど、結構しんどいです。
プログラム書いている方がらくだなあと思うことしきり。
こんかいのぱつぱつを次回に生かして、次回はぱつぱつじゃないといいなあ・・・・。
まあ、そもそも、今回の開発期間短すぎなんだけど・・・。

2007.07.03

並べてみるとほんとになんだかなあ

安倍「会期延長」で墓穴を掘る 6月23日10時1分配信 日刊ゲンダイ


 国会の会期延長が12日間にほぼ決まりそうだ。となると参院選の投票日は予定の7月22日から1週間延びて29日になる。
 延長は、(1)国家公務員法改正案など上程法案をすべて成立させて安倍の指導力PR(2)投票日先延ばしで国民の年金の怒りを冷ますためだが、「この会期延長が安倍政権の命取りになる」(自民党幹部)ともっぱらだ。
 野党は「消えた年金」問題の追及を強めている。会期を延ばしたところで、年金国会であることに変わりはない。新たな年金疑惑だって噴出しかねない。
 実際、安倍は連日の野党の年金攻勢にグッタリ。昨夜の臨時閣議では隣の久間防衛相にこんなグチをこぼしていた。
「きょうは教育関連3法の審議で年金を聞かれた。『突合か統合か』を延々と……」
 この日、国会で「年金記録を突合(照合)するのと統合するのでは全然違う」と詰め寄られたのがイヤだったらしい。
 国会会期を延長した89年と98年はどちらも自民惨敗である。安倍もいよいよヤキが回った。

「社会保険審査会」の開店休業 6月25日10時1分配信 日刊ゲンダイ


 安倍首相の肝いりで、総務省に新設された「年金記録確認中央第三者委員会」。年金の払い込み証明がなくても、この委員会が“救済”してくれるというものだが、すでに第三者委そっくりの国の組織がある。1953年から厚労省内にある「社会保険審査会」。選挙目当てに「屋上屋を架す」安倍のインチキがまたバレた。

「社保審は年金支給額などの社保行政に不服があった場合、国民の審査請求を受け付ける。6人の委員の合議制で公開審査を行い、裁決には国も従わなければいけない、いわば年金の簡易裁判所です」(厚労省関係者)
 委員の資格は法律で〈人格高潔で、社会保障に関する識見を有し、かつ、法律又は社会保険に関する学識経験を有する者〉と規定され、保険会社出身者、判事経験者、厚労省OBが2人ずつ名を連ねている。
 委員長の年収は1800万円を超え、委員も勤続期間に応じた退職金まで受け取れるのだから、破格の待遇である。
 こんな“ご立派”な組織があるのにウリ二つの委員会を設置する必要があるのか。カネもかかるだろう。
「実は審査会は十分に機能していないのです。審査の実施は週1、2回程度。委員には“ことなかれ主義”が横行し、昨年度も裁決を下した724件中、請求人の訴えを認めたのは8%程度です。うち、年金記録の訂正に関する請求は7件で、請求人の主張を認めたのは、たった1件だけでした」(事情通)
 本気で年金問題に対処する気なら、血税で高給を食んでいる組織に仕事をさせるのが先決だろう。第三者委設置は国民への目くらまし。安倍のパフォーマンスに過ぎない。

さらなる社保庁混乱招く「安倍政権の責任転稼作戦」 6月29日10時0分配信 日刊ゲンダイ


 場あたりな悪あがきを続ける安倍政権が、とうとう社保庁の全職員の「夏のボーナス返上」を打ち出した。これ、支持率回復のウルトラCにも見えるが、さらなる混乱を招くだけだ。

 25日夜に記者会見した社保庁の村瀬長官の発表は唐突だった。全職員1万7000人のボーナスの5%から50%を自主的に返納させるというものだ。さらにOBにも同程度の寄付を求めるとしている。
 職員の返納額は、部長などで賞与の2分の1(100万円前後)。この賞与の多さに逆にビックリだが、返納額の見込みは10億円程度だという。
 もちろん、これだけ全職員に及ぶ国家公務員のボーナス返上は前代未聞のこと。言うのは簡単だが、実現できるのか。
「安倍首相や村瀬長官が全額返納の手本を示したし、ある程度は根回しができている。でも、ボーナスの使い道を決めている人や一般職員、さらにOBまで素直に自主返納に応じるのかどうか。相当モメますよ。でも、安倍首相や村瀬長官はそれはそれでいいのでしょう。ゴネる職員が出てくれば、“やっぱり職員が悪い、組合が悪い、幹部以上は従っているのに”とアピールできるわけです」(関係者)

 政治家や幹部だけ“いい子”になり、批判のホコ先を職員に向けさせる姑息なやり方だ。ある官僚OBが言う。
「憲法改正を掲げる安倍首相なのだから、返納させるならさせるで、法律を変えて強制的に返納させればいい。その代わり、全責任は安倍首相が負うことになる。でも、首相は責任を負いたくないから、自主返納という形にして職員に責任を転嫁してしまった。これは卑怯な政治手法。“敗軍の将、兵を語らず”じゃなくて、“兵を語って、兵のせいにする”ですよ。組織的不祥事は最終的にトップが責任を負うもの。それに歴代の社保庁長官は返納にも応じていない。ちょっとデタラメすぎますよ」
 社保庁職員の暴動が始まるんじゃないかという声もあるが、そこまでいかなくとも、やる気をなくしたり、サボタージュで、年金記録照合作業が大幅に遅れることは確実だ。


ボーナス返上しなければクビ!? 
6月30日10時2分配信 日刊ゲンダイ


 いくら何でも乱暴だ。社保庁全職員の夏のボーナス返上を打ち出した安倍政権。塩崎官房長官は、職員が仮に返納に応じない場合、社保庁を廃止・解体して2010年に発足させる方針の「日本年金機構」への再雇用を拒否する考えをほのめかした。
 26日午後の記者会見。賞与返納への各職員の対応が再雇用の判断材料になるかどうかを問われた塩崎は、「ダイレクトに結び付くかどうかはよく分からない」とキッパリ否定しなかった。
 これでは、人事権をタテに社保庁職員は“踏み絵”を踏まされるようなものだ。いくら優秀でも、さまざまな事情で応じられない職員はクビにするのか。ボーナスさえ返上すれば、ボンクラ職員は再雇用されるのか。再雇用を口実に、職員に有無を言わせず、ボーナスを返上させるなんて姑息な恫喝である。


もうグッチャグッチャ!オール霞が関も安倍おろし
6月30日10時2分配信 日刊ゲンダイ


 支持率急落で焦りまくっている安倍官邸だが、その裏で蠢(うごめ)いている霞が関の役人の動きも目に余る。天下り先死守のために全省を挙げて、謀略を張り巡らせているかのようだ。そのトップで指揮を執っているのは、ナント、官房副長官と官房副長官補。事務方のトップ2である。改めて、この政権はグチャグチャだ。

 天下り規制が出てきたとき、担当大臣に向かって「倒閣運動が起こるぞ」と脅した役人がいた。新聞は名前を報じなかったが、的場順三官房副長官である。この発言は瞬く間に伝わり、安倍内閣がグラつく一因になった。その後も、役人たちはやりたい放題を進めている。
 坂篤郎官房副長官補などは、内閣府で各省庁の官房長を集めて、天下り規制つぶしの謀議をしていた。日刊ゲンダイ本紙が入手した議事録には、とんでもない発言がいくつも出てくる。
 冒頭、坂副長官補が「(公務員制度改革は)能力実績主義、再就職規制などがパッケージ。2、3年で済む話ではなく20年、30年かかるかもしれない」などと言い、長期戦の“反撃宣言”。その後、各省の官房長がこんな反対論をぶったのである。
 防衛「私どもには特殊な仕組みがいる。機密がある」
 警察「人材バンクが機能するか検証してから、完全移行すべきだ」
 坂「それは総理が却下している」
 某省「総理の判断は別。検証すべきだ」
 国交「公益法人をトンネルにして営利企業に行くのはダメだが、公益法人だけなら規制する必要がないんじゃないか」
 文科「定年延長は検討すると書いてあるだけで安心できない」
 財務「1年以内に結論を出すと法律に明記すべきだ」
 とまあ、役人の姑息さがつぶさに伝わってくるのである。安倍内閣の閣僚の中には「安倍政権の足を引っ張っているのは、霞が関の役人だ。スキャンダルが噴出するのは役人の自爆テロだ」と公言する大臣もいる。一方、霞が関の役人は「内閣の人気取りのために役人を悪役にするのは許せない……」と憤る。政治家と役人がお互い、責任をなすりあっている悪あがき。こういう悪弊を絶つには政権交代がスッキリする。

投票日が1週間延びてみ~んな大迷惑 7月1日10時0分配信 日刊ゲンダイ


 安倍首相が参院選投票日を1週間延期したことで、現場が大混乱だ。
 東京の隅田川花火大会実行委員会は、投票日の7月29日と開催が重なるため、日程を28日だけにすると発表した。例年、土曜日に雨が降れば翌日に順延してきたが、今年は30回の歴史で初の中止になる恐れもある。
 それでなくとも、学校が夏休みに入る29日は、全国で夏祭りやイベントのラッシュだ。福岡県直方市の「のおがた夏まつり」は、29日に予定していた花火大会を中止。大分市も少年剣道大会を1週間早めた。「香住ふるさとまつり」を予定している兵庫県香美町の役場職員もこうボヤく。
「役場の職員が祭りの実行委を務めていますが、職員には投開票の作業もある。ウチはなんとか人員を調整して予定通り行いますが、祭りの途中で抜け出して開票所に向かいます」(商工課)
 自治体も予定外の出費で頭を抱えている。東京都葛飾区は、23日以降から小中学校の耐震補強工事を予定していたが、投票日が工事期間に移動したために、わざわざプレハブ投票所を1500万円で設置。町田市は「22日投票」と印字された入場整理券を約545万円で刷り直した。全国の役場職員も休日返上でポスターの張り替え作業を行っている。
「立候補者も大学などが夏休みのため、ボランティア不足に悩んでいます。夏祭りが多ければ、投票率の低下も懸念されます」(マスコミ関係者)
 安倍首相は、この低投票率が狙いかもしれないが、国民には大迷惑だ。


年金記録 国民1億人に通知だって
7月1日10時0分配信 日刊ゲンダイ


「アホか」と言いたくなってくる。「消えた年金」問題で対応が後手後手の安倍内閣が、今度は年金の加入者と受給者全員に加入履歴を通知することを決めた。
「社保庁のミスなのに、疑問のある人は窓口に来いとか、電話で問い合わせろというのは話が逆だ」と批判が高まっているのに加え、自民党内から「国民の不安を解消して参院選惨敗を食い止めるにはこれしかない」という要望が強まってきたことで、また方針を変更したのだ。
 しかし、全員に通知するとすれば、その数は1億人に上る。郵送代など経費だけで100億円近くかかる。記録をコンピューターから取り出し、封筒詰めするだけで、社保庁職員の仕事はパンクだ。また大量のアルバイトを雇うしかない。その経費はどうするのか。税金からさらに何百億円を流用か。
 これでは「消えた年金」分以上の税金がムダ遣いされてしまう。本末転倒だ。参院選のためなら、どんなムダ遣いも平気という安倍内閣のその場しのぎ対応は狂気の領域に入ってきた。

「消えた年金」対策 投入される税金は1000億円! 7月2日10時0分配信 日刊ゲンダイ


 追いつめられた安倍内閣が、いよいよなんでもありになってきた。「消えた年金問題」で、また方針を変更。こんどは国民1億人に「年金記録」を通知するという。国民の怒りを静めるために次々に「対策」を打ち出している安倍首相。その費用は天文学的に膨らんできた。

 今年2月に「消えた年金」が5000万件あることを知りながら放置し、民主党議員から「全国民に年金記録を通知すべきだ」と指摘されても「不安を煽ることになる」と拒否し、5月8日の本会議でも「問題は解決している」と突っぱねていた安倍首相。
 ところが、支持率が急落すると一変。「年金電話相談」を設置し、「政府広報」を乱発、さらに「5000万件の年金記録を1年以内に照合する」と表明。とうとう、あれだけ嫌がっていた年金記録の通知も開始する。
 問題はその費用だ。政府は額を明らかにしないが、巨額の税金が投入されるのは間違いない。いったい、どのくらいになるのか。
 政府の内部試算では「電話相談」に20億円、5000万件の照合プログラム開発に10億円、記録通知に60億円――ざっと総額90億円。しかし、これでも見積もりが低すぎる。1億人に年金記録を通知するだけで、往復の郵便代は100億円だ。
 第三者委員会の運営費、手書き台帳記録とのつき合わせ費用なども一切、計上されていない。しかも、電話相談を際限なく増やしているから、どこまで費用が膨らむか見当もつかない。
「とにかく安倍政権は、参院選までには『相談電話』が100%つながるようにするつもりです。電話がつながらないと国民の怒りを倍加させてしまう。だから、正式契約もしていないオペレーターを大量投入している。人件費はケタ違いになります。極め付きは、社保庁のシステム変更です。政府は口を閉ざしているが、約1000億円かかります」(関係者)
 参院選を乗り切るためなら、どんなことだってやるのが安倍首相だ。参院選後、巨額の税金が投入されていたことに国民は仰天するのではないか。

続きを読む "並べてみるとほんとになんだかなあ" »

2007.07.02

ほんとうは(BlogPet)

ほんとうは、ゆうは
米「慰安婦」決議 なぜ採択すべきか 下院委討論から
日本が歴史暗部と向き合うことクリア
二国間問題でない基本的人権問題だ
って言ってたよ。

*このエントリは、ブログペットの「こゆき」が書きました。

クリア!

ようやくNEWスーパーマリオブラザーズをオールクリアしました。

しかし、相変わらず任天堂のゲームはバランスが秀逸です。
難しいんだけど、練習すればできそう。そしてできるってあたりがすごいなあと思います。

アクション苦手でも、普通にクリアできますし、そうでない人はやりこめますし、個人的にはすごくおすすめです。


あとは、マジコンの力でSONSONをクリアしました。
SONSON。さらわれた三蔵法師たちをほったらかしにして、お経を取りに天竺まで行ってたけどいいのかな?とか思いました。

2007.07.01

web拍手

コメントありがとうございます。

6月29日

14時
すごい
14時
渉;渉です おつかれさまでした
16時
(私信) ソウカイさんに乗せられて、初参加してしまいました……ピン題14。 一ヶ月も前に投稿してしまって、今からどうするんだろう、と思ってます。 これで公開されたら自分だけだった、とかなったらすごい羞恥プレイに(苦笑) 数少ないKanonオンリーイベントですし、息を吹き返して欲しいです。 エルラより

渉さん>おつかれさまでした。
ってすみません。申し訳ないですが、全然心当たりが思いつきません。よかったら本名教えてください。

エルラさん>
今回開催が遅くなったのは、自分が掲示板荒らしたせいもあるだろうなとちょっと心が痛かったり。
今回も極力参加の方向で。でも自転車・・・。難しいですよねえ。うまくかけるといいのだけど。
リンクの運営がんばってくださいね。



6月30日

2時
こちらでははじめましてのmimです。琴吹さまにはそんなつもりはなかったのかもしれませんが、新刊P225あたりを読んでから、がちゃS No.2317「人魚姫の恋」を読むと……。がんばれアリコ!

mimさん>
こちらでは始めまして。
コメントありがとうございます。自分はどっぺるかいだんの内容知らなかったので、本当に偶然ですね。
しかし、アリコ=彼と判断して彼が1年生かつ、薔薇の館の連中と面識がないことを考えると・・・。
アリコの好きな人は光の君で、光の君が好きなのは子狸弟なんでしょうねえ。
そうすると、光の君は嘘発言したから、アリコは本当に男の子がすきなのんでしょうかねえ・・・。
意外と問題発言なのかも。
ちなみに人魚姫に引きずられてかいたシンデレラというのが風さんのサイトに掲載されています。
生徒登録しないと見えないところにおいてありますが、よかったら見てみてください。

従軍慰安婦問題可決

従軍慰安婦問題 あいまいさが禍根残す


 第二次世界大戦中の従軍慰安婦問題が、あらためて国際的にクローズアップされそうな雲行きだ。 米下院外交委員会は日本政府が従軍慰安婦の責任を認め、謝罪するよう促す決議案を賛成三九、反対二の大差で可決した。現状では下院本会議でも可決される可能性が高まっている。

 米下院には同様の決議案が過去四回提出されている。昨年は外交委員会での可決まで進んだが本会議採決に至らず、廃案になった。

 今回は様相が違う。外交委員会の小委員会が二月に三人の元慰安婦を招いて公聴会を開いた。その後、安倍晋三首相が「当初定義されていた強制性を裏付ける証拠はなかった」と表明し、米議会に波紋を広げた。

 首相は四月の訪米時にブッシュ大統領の理解を求めた。上下両院幹部にも元慰安婦への「謝罪」の意を表明した。外務省も「歴代首相が謝罪済み」と可決阻止に動いた。しかし米議会の主導権を共和党から奪った民主党は人権問題への関心が高い。米議会への根回しに成功しなかった日本政府は手の打ちようがなくなっている。

 従軍慰安婦問題について一九九三年の河野洋平官房長官談話はこう述べる。「慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した」。さらに「いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる」と謝罪した。

 首相は、この談話を継承していくと述べてはいる。だが決議が可決されたということは、首相の「軌道修正」に対する理解が広がっていないといえないか。決議は「この問題を軽視しようとする教科書もある。談話を否定する世論もある」と日本の動向への懸念を隠さず述べている。注意したい点ではある。

 もう一つ、気になるのは決議案を問題視した日本人有志が米紙に掲載した意見広告に国会議員が名を連ねていた点だ。当初見込みより人数は減ったが、首相側近とみられる人もいた。そうしたちぐはぐぶりが、米議会世論を一段と刺激したかもしれない。

 決議案可決が、日本とブッシュ政権との間に直接的な悪影響をもたらすようなことはないだろう。しかし、日本に対する国際社会の信頼感に影を落としかねない、との自覚は要る。
中国新聞 2007/6/28

米「慰安婦」決議 なぜ採択すべきか 下院委討論から 日本が歴史暗部と向き合うこと重要 二国間問題でない基本的人権問題だ

--------------------------------------------------------------------------------

 米下院外交委員会は26日、旧日本軍の「従軍慰安婦」問題で日本政府に謝罪を求める決議を39対2の圧倒的多数で採択しました。討論では米国の議会がなぜ、こうした決議をすべきなのかをめぐって真剣な討論が行われました。その要旨を紹介します。(ワシントン=鎌塚由美 写真も)


--------------------------------------------------------------------------------


(写真)「慰安婦」決議案を採択した下院外交委員会。手前は傍聴者=26日、ワシントン

 ロイス議員(カリフォルニア、共和) 日本政府は、戦時被害の個人の申し立ては諸国との関係正常化条約で終了したとの立場をとっている。安倍首相の四月の発言を謝罪と考える人もいるが、外務省は謝罪を行わないと公言した。これが犠牲者をいらだたせている。日本政府が歴史の暗部と向き合うことが重要である。この決議案は、過去に関する決議案でもあり、今日に関する決議案でもある。過去の行為を塗りつぶしたり、説明責任を拒否することは、それを弱める。歴史は今日と明日に影響する連続体である。過去を正しく扱わないと未来を正しくすることは、より困難になる。

 ファレオマバエガ議員(米領サモア、民主) 日本の首相は誰一人として、日本政府を代表して明確な謝罪を一度もおこなっていない。

 スミス議員(ニュージャージー、共和党) よき友人と同盟国に人権侵害や歴史の隠ぺいをさせてはならない。安倍首相は(性奴隷の)強制性を否定した。これは河野談話の正当性と誠実さに対する挑戦だ。近年、日本は、学校教科書の修正を通して、「慰安婦」に関する歴史的正確さへの挑戦もおこなっている。事実の隠ぺい、暗黒化、否定は機能しない。

ユダヤ人と変わらない
 アッカーマン議員(ニューヨーク、民主) ホロコーストの議論は犠牲者が声を上げて光が当たった。それまでは話すことができなかったのだ。なかったことにしてはならない、世界にそれを知らせなくてはならないと自らの沈黙の壁を破ったのだ。「従軍慰安婦」たちは、強制収容所へ行進したユダヤ人たちと変わらない。女性たちは今、勇気をもって言葉を見つけ、日本軍の行為を認識させようとしているのだ。日本は自らの平静のため、歴史を前進させなくてはならない。そうすることによって汚点を取り除くことができる。

 バートン議員(インディアナ、共和) 米国はおぞましい奴隷制度に長年関与した。われわれはそれを認め、制度を廃止した。ドイツは大虐殺を認め、女性の性奴隷も認めている。日本の政権担当者に前例を示し、彼らに同様のことをすることを促したい。

 ワトソン議員(カリフォルニア、民主) 日系人を強制収容所に住まわせたのも米国政府の指示であった。これについては四十年後、政府が認め補償を行った。人権侵害について、きれいな手を持つ国家はひとつもない。選択的に真実を語ってはならない。どの国の話であれ真実を追求しなければならない。日本は重要な同盟国であり、誠実に過去と向かうことで多国間の関係が強化される。

良き友人の間違い糾弾
 マンズーロ議員(イリノイ、共和) 「慰安婦」への残虐行為は間違いないが、二国間の紛争の問題で決議をあげなくてはならないのか。日本の謝罪を韓国に受け入れられるかの、裁判官にならないといけないのか。国同士の議論に米議会が介入する資格があるとは思わない。

 ラントス委員長 二国間紛争を取り扱っているのではない。基本的人権を扱っているのだ。人権問題について声を上げることは米国議会下院の使命だ。

 シャーマン議員(民主、カリフォルニア) 被害者の傷を癒やすためだけでなく過去の真実が日本の健全な未来のための基礎になる。日本のために決議案を採択しよう。良き友の間違いを糾弾するのだから。われわれも自らの行いを認めなくてはならない。

 タンクレド議員(コロラド、共和) 性奴隷を容認するのではないが、この種の議論は生産的だろうか。過去の日本政府はあとどれだけ謝らないといけないのか。

 ペイン議員(ニュージャージー、民主) この決議案は適切である。

重荷おろし自由になれ
 ファレオマバエガ議員 安倍首相は、保守派からの圧力で、河野談話を否定した。ところが反発を受けて撤回した。筋が通っていない。

 ポール議員(テキサス、共和) 不本意ながら決議案に反対する。性奴隷制度を擁護できないが、三世代もあとの人々が、謝罪を求められなくてはならないのか。われわれに裁判権があるのか。当委員会では、グアンタナモの(収容所問題)を検討すべきだ。戦争では市民への爆弾投下をどの国でもやっている。事実、戦争終結のため市民に爆弾が落とされた。おぞましいことである。これへの謝罪も議論されるべきだ。

 ウルジー議員(カリフォルニア、民主) まったく逆のことを主張したい。勇気をもって証言した女性たちのためにも。女性たちをどう処遇するかの前例をつくるためにも重要である。世界中の人身売買が問題にされている今日、二度と起こさせないと印象づけることができる。

 ポー議員(テキサス、共和) 良き友の誤りを指摘するのは骨の折れることだが、日本は満足のいく謝罪を行ったことはない。政府当局が後悔を表明すると、他の当局者が否定する。教科書で歪曲(わいきょく)もおこなっている。戦時に日本軍が市民に集団自決を求めたことを削除しようとして沖縄の人々が抗議をしている。

 ジャクソンリー議員(テキサス、民主) 米国でも奴隷制度で多くの議論があり謝罪は意味を持つという結論に達した。

 スコット議員(ジョージア、民主) われわれは奴隷制を謝罪した。州知事たちは罪の重荷が下ろされたと感じた。日本は重荷を下ろして自由になるべきだ。

 クロウリー議員(ニューヨーク、民主) われわれは歴史を学び、前に進むことを望んでいる。


--------------------------------------------------------------------------------

ラントス委員長の発言
国家の力が試される
 国家の力が試されるのは、歴史における暗黒の時代に向き合わざるを得ない時だ。過去の真実を認める勇気を持つのか、それとも時とともに風化するという愚かな希望でもって真実から逃れようとするのか。戦後のドイツは正しい選択をした。他方で、日本は歴史健忘症になることを積極的に進めてきた。

 歴史をゆがめ、犠牲者に罪をなすりつけようとする日本の一部の人の試みも憂慮すべきことだ。最近、日本政府のメンバーらが生存者を中傷する広告をワシントン・ポスト紙に載せた。広告は「当時、世界中で当たり前だった公娼制度」に従事していたと述べている。事実に真っ向から反する、ばかげた主張だ。

 われわれの決議は、日本政府に、日本帝国が「慰安婦」に対して犯したおそるべき行為を公式に認め、謝罪することを求めている。重要なことは、決議が犠牲者たちの声を代弁していることだ。恥や偏見、暴力の脅迫で沈黙させられようとしてきた勇気ある女性たちの思いを表現している。彼女たちのために立ち上がることは適切だ。


--------------------------------------------------------------------------------

ペロシ下院議長の声明
遅すぎることはない
 日本は、米国にとって死活的に重要な同盟国であり、国際社会の責任ある一員として、リーダーシップを発揮している。しかしこの問題では、日本政府にさらなる努力が求められる。第二次大戦から半世紀以上が経過したが、過去の誤りを認め、歴史が繰り返されないよう、将来の世代を教育するのに遅すぎるということはない。下院がこの決議を可決し、「慰安婦」が耐えた恐怖を忘れないという強いメッセージを送ることを期待している。彼女たちはあまりに長く待たされてきたが、その勇気を認めるのに遅すぎることはない。

2007年6月30日(土)「しんぶん赤旗」

慰安婦決議案の骨子

 ◇慰安婦制度は日本政府による強制的な売春

 ◇日本には問題軽視の教科書や世論がある

 ◇日米同盟はアジア地域の要で両国は価値観を共有してきた

 ◇慰安婦問題について日本政府は事実と歴史的責任を認め謝罪すればこの問題の再燃を防げる

 ◇日本政府は、日本軍が女性を性的奴隷にしていないとの主張の誤りをただすべきだ

 ◇日本政府は元慰安婦に対する国際社会の声に配慮すべきだ


西日本新聞 2007年6月27日

塩崎官房長官はコメントせず 従軍慰安婦決議


 塩崎官房長官は27日午前の記者会見で、米下院外交委員会が従軍慰安婦問題に関する決議案を可決したことについて「慰安婦問題についての政府の立場は4月の首相訪米を含めて明らかにしており、それ以上、付け加えることはない。他の国の議会が決めることなので、あえてコメントするべきことではないのではないか」と語った。

 また、塩崎氏は決議が日米関係にもたらす影響について「日米という関係は本当に揺るぎのないもので、今後もまったく変わらない」との見解を示した。

 一方、公明党の北側一雄幹事長は27日の会見で、与野党の有志議員らが米紙に「決議案は現実の意図的な歪曲(わいきょく)だ」と反論した意見広告を出したことについて、「これまでの(日本政府の)姿勢に対して誤解を生むような日本側からの発言は慎むべきだと思っている」と批判した。

2007年06月27日 朝日新聞


首相「対応せず」・米下院の従軍慰安婦決議

 安倍晋三首相は27日、首相官邸で記者団の質問に答え、いわゆる従軍慰安婦問題に関する米下院の決議案について「米国訪問時に私の考えは説明している」と述べ、新たに対応する必要はないとの考えを示した。ただ、今回の米議会での動きは首相や、首相に近い国会議員らの言動が影響したとの見方に加え、外務省の対応の問題点を指摘する声も出ている。

 公明党の北側一雄幹事長は記者会見で「日本政府のとってきた説明を繰り返していくしかない」としながらも「これまでの(日本政府の)姿勢に誤解を生むような発言は慎むべきだ」と指摘。首相に近い有識者や国会議員らが名を連ねた慰安婦に絡む強制性を否定する米紙への意見広告を批判した。

 民主党の松本剛明政調会長は「首相の様々な発信による米議会とのコミュニケーションの失敗がこういう結論になった。結果責任が問われる」と首相の対応を批判。共産党の小池晃政策委員長は「侵略戦争を肯定する靖国派外交の破綻だ」と指摘した。

2007年06月27日 日本経済新聞

平沼氏ら、米慰安婦決議に「憂慮」 事実に基づく歴史研究必要と


 平沼赳夫元経済産業相(無所属)と自民、民主両党の有志議員らは27日、国会内で記者会見し、米下院外交委員会の従軍慰安婦決議案可決について「事実に基づかない対日非難決議は、日米両国に重大な亀裂を生じさせ、両国の未来に暗い影を落とす」と憂慮する声明文を発表した。

 声明文では「事実に基づく自由主義的な歴史研究を行い、未来に向けた歴史認識を持つことが必要」と指摘。(1)日米両国での慰安婦問題に関する共同歴史研究(2)決議案の根拠となった平成5年の河野洋平官房長官談話の検証-を提案した。今後、政府に米国の有力シンクタンクとの共同研究などの対応を求めていく考えだ。

 記者会見には自民党の島村宜伸元農相、民主党の松原仁衆院議員らが同席。平沼氏らは14日付の米紙に掲載された「従軍慰安婦として強制的に動員した事実はなかった」との意見広告の賛同者で、この日の会見に同席しなかった賛同者約40人も声明文に同調した。

(2007/06/27  産経新聞)

米下院に採択見送り要請へ=慰安婦決議案で自民有志

 自民党有志でつくる「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」(会長・中山成彬元文部科学相)は29日午前、党本部で総会を開き、米下院外交委員会が可決した従軍慰安婦問題に関する対日謝罪要求決議案は事実誤認に基づいており、日米関係に悪影響を与えるとして、米下院議長と外交委員長あてに本会議採択を見送るよう求める声明を送付することを決めた。声明には、呼び掛けに賛同する自民、民主両党議員の署名を添付するという。

2007/06/29 時事通信

慰安婦で釈明求める書簡 オランダでも批判噴出か


 【ブリュッセル29日共同】第2次大戦中の従軍慰安婦問題で、オランダ下院のフェルベート議長は28日、日本の国会議員らが、女性を慰安婦として強制的に動員した事実はなかったと反論する意見広告を米紙に掲載したことなどに関し、釈明を求める書簡を河野洋平衆院議長に送付した。下院報道官が共同通信に同日、明らかにした。

 日本側の対応次第では、米下院外交委員会が公式謝罪を求める決議を可決したのに続き、欧州有数の「親日国」であるオランダでも批判が噴出する可能性がある。

 日本占領下のインドネシアで慰安婦にされた国民がいるオランダでは、安倍晋三首相の3月の「(動員に)強制性を裏付けるものはなかった」との発言や意見広告を受け、バルケネンデ首相が「あまりにも不適切だ」と不快感を表明している。
2007年6月29日 中日新聞

先日米下院外交委員会で圧倒的多数で可決された「日本政府が従軍慰安婦の責任を認め、謝罪するよう促す決議案」について、いろいろ記事を集めてみました。

個人的に偉いなと思ったのは赤旗。ちゃんと反対意見も掲載されていました。共産党の新聞だから取捨選択で党に反対の意見は捨てちゃうのかと思ってました。

後面白いなと思ったのが飛び火したオランダ。
河野談話発表した、河野洋平衆院議長に書簡を送ったと。
河野さんはこんな風に思っているみたいですけど、どんな返事をするんでしょうね?

続きを読む "従軍慰安婦問題可決" »

なでしこ

あるフォルダにあるすべてのテキストファイルを対象に、AからBまでの一部分を抜き出して、別のテキストに出力するというのをなでしこで作っています。

なでしこは反復と対象がわかりにくいなあと思いました。
ループがどこまでなのかわかりにくい。

改行でループの位置が変わってしまうのが特にわかりにくかったです。

あと反復した内容を変数に入れることができなくて苦戦しました。
いろいろ試して、以下のようになりました。


このあと、とある条件で文字を区切って○○するというのを作らないといけないのですが、うまくできるかな?

#デバッグ
#初期設定
入力ディレクトリは「F:\test\」
出力ファイルは「F:\test\output.kekka」
一時ファイルは「F:\test\input.tmp」
#入力ディレクトリは「D:\test\」
#出力ファイルは「D:\test\output.kekka」
入力ディレクトリに作業フォルダ変更
開始フラグは「0」
出力ファイルに今日&「 」&今&改行を保存
出力先は出力ファイル

#入力ファイルの列挙
「*.txt」のファイル列挙
ファイルリストはそれ。
ファイルリストに対象を配列追加。
最後は数字
最後は配列要素数

#
番号を0から(最後-1)まで繰り返す。
ファイルリスト¥番号を毎行読んで反復

対象で0から「ローカルデータ開始」を文字検索
もし、それが0超ならば開始フラグは1
開始フラグが1と等しいならばファイルリスト¥番号&「 」&対象&改行を出力ファイルに追加保存。
対象で0から「ローカルデータ終了」を文字検索
もし、それが0超ならば開始フラグは「0」
「終了」を言う

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

@Happy_24h

  • twilog

Amazon

趣味関係