2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 興奮して目が覚めたドアを開けると・・・苺茶漬け練乳大盛 | トップページ | 回収食品リスト »

2008.02.02

不可能→奇跡

幻の「青いバラ」21年中に発売へ サントリー  サントリーは1日、平成16年に世界で初めて開発に成功した「青いバラ」を、21年中に発売できる見通しになったと発表した。農水省や環境省から1月31日付で、切り花用に使用・栽培する承認を得たことで、販売スケジュールのめどが立ったという。  サントリーは平成2年、オーストラリアのフロリジン社と提携し、青いバラの開発に着手。開発過程にあった7年に世界初の青いカーネーションの開発にも成功し、9年に「ムーンダスト」の名称で日本で店頭販売を開始した。  バラには元来、赤・白・ピンク・黄色といったさまざまな色の花があるが、青色の色素が存在しないことから青いバラは「不可能の代名詞」といわれてきた。サントリーはバイオテクノロジーを駆使して青いバラの開発に成功、「不可能」を「可能」にしていた。

青い薔薇は本来絶対にできないこと、不可能の代名詞なんですよね。
英語の単語でもBlueRoseは 「ありえない事」 と言う意味だそうです。

そもそも、薔薇には青の色素がないそうで、これはどういう事かというと、青い薔薇、そして、3元素の一つを欠くために黒い薔薇も自然界にはは存在できないということなんですよね。

それが、遺伝子の組み換え技術によって、実現できるのは、まさに奇跡なんでしょうね。

青い薔薇で、思い出すのは、やっぱり、「文学少女と穢名の天使」ですかね。
琴吹さんが青い薔薇の花束である人を殴るシーンが印象的です。

後はこの記事を読んでシティーハンターを思い出しました。
最後に、目の見えない人に向かって嘘の色を告げるシーンが印象的だったのを覚えています。

青いバラの花言葉は「不可能・有り得ない・奇跡・神の祝福」だそうです。

« 興奮して目が覚めたドアを開けると・・・苺茶漬け練乳大盛 | トップページ | 回収食品リスト »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

言葉のスクラップ」カテゴリの記事

コメント

 これを題材にしようと思って果たさずに2年。
放棄ネタばらししたら商品化ですか……感慨。

コメントありがとうございます。
不思議な因縁ってありますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63691/17925157

この記事へのトラックバック一覧です: 不可能→奇跡:

« 興奮して目が覚めたドアを開けると・・・苺茶漬け練乳大盛 | トップページ | 回収食品リスト »

@Happy_24h

  • twilog

Amazon

趣味関係