2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 03月04日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 大人のドラゴンクエスト4 »

2008.03.05

mixiの規則変更はどんなモノ?

「ミクシィ」日記情報タダで自由に使用 利用規約改定にユーザーが大激怒

2008/3/ 4 J-CASTニュース

大手SNS「ミクシィ」(mixi)が「ミクシィ」内にある日記などの情報を自由に使用、改変し、その際「作者」には対価を払わないし、著作者人格権も行使させない、と受け取れる新規約を公表した。ミクシィでは「無断で使用することではない」と説明しているが、「規約改定に異を唱える」コミュも出現、利用者からは大反発が起きている。

日記等の情報を無償かつ非独占的に使用する権利

新規約が波紋を呼んでいる 「ミクシィ」が2008年3月3日付けで発表した利用規約改定「第18条 日記等の情報の使用許諾等」には、こう書かれている。

「本サービスを利用してユーザーが日記等の情報を投稿する場合には、ユーザーは弊社に対して、当該日記等の情報を日本の国内外において無償かつ非独占的に使用する権利(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変等を行うこと)を許諾するものとします。ユーザーは、弊社に対して著作者人格権を行使しないものとします」
実施日は08年4月1日からだ。

勝手に出版・公開・改変されても文句は言えず、しかも、対価も払わない、と受け取れる内容で、「ミクシィ」内では「あまりの暴挙だ!」と、規約改定に異を唱えるコミュや、スレッドが多数出現している。

「mixiの規約改定に異を唱える」コミュには08年3月4日午後5時時点で1000人を越えるメンバーが集結。

「こんなバカなことは黙認できません。参加します」
「『編集権』をmixiが持ち、著作者人格権の行使を禁止されたら、自分の意図とは正反対の内容にされることもあり得る」
「DV等の被害を受けている方も安心して書き込みが出来なくなりそうです」
「規約改定案が撤回されないなら、非常に残念なんですが、4/1付で退会します」
など多数の反対意見が寄せられている。

「ミクシィ」がイヤなら辞めればいい
インターネット事情に詳しい小倉秀夫弁護士はJ-CASTニュースの取材に対し、こうした規約が作られ承諾して参加する以上、ユーザーは規約に従うのが当然、としている。ただし、不当と思われる事態が起きた場合は、訴訟に持ち込む事が可能で、

「勝訴できるかどうかはケース・バイ・ケース。もっとも、他にもSNSは多く存在しているから、(ミクシィが)イヤなら辞めればいい」
と話している。

ITジャーナリストの井上トシユキさんは今回の規約変更をこう見ている。

「キワドイ書き込みが増えているため、発見したものを勝手に削除することを強化したいのではないか」
「ミクシィ」では盗撮画像掲載や、飲酒運転の告白、援助交際、クスリの販売など様々な「事件」が取りざたされ問題になっている。また、「ミクシィ」の悪評もコミュで展開され、そうしたことが株価に悪影響をもたらしている、との見方も出ているのだそうだ。だから、パトロールと、該当箇所の削除・変更を強化する必要に迫られているのではないか、というのだ。

そうであるならば、「皆さんの著作権は守られる」「自由な創作活動を妨げない」などの文章が必要で、ユーザーに対する配慮が足りない、と井上さんは言う。ユーザーは「ミクシィ」に対し、著作権問題を問い質すべきだとし、きちんとした回答が来なかった場合は、「ミクシィ」を続けるかどうか考えたほうがいいのではないかと、アドバイスする。

ユーザーが権利を有することに変わりはありません
当の「ミクシィ」はJ-CASTニュースの取材に対し、

「この条項につきましては、ユーザーの方々が『mixi』のサービス内で作成した日記、著作物等の情報について、従来どおりユーザー自身が権利を有することに変わりはありません。また、ユーザーが投稿した日記等の情報(公開している自主作成の映像やイラスト、テキスト等)の使用に関しては、当社の以下対応について同意いただくもので、当社が無断で使用することではありません」
と文書で回答した。

同意事項とは(1)投稿された日記等の情報が、当社のサーバーに格納する際、データ形式や容量が改変されること(2)アクセス数が多い日記等の情報については、データを複製して複数のサーバーに格納すること(3)日記等の情報が他のユーザーによって閲覧される場合、当社のサーバーから国内外に存在するmixiユーザー(閲覧者)に向けて送信されること――だそうだ。

非常に分かりにくい説明だが、日記等の情報を書籍化する場合も、ユーザーの事前の了承なしに進めることはない、という。


mixiの利用規約変更が話題になっているので、どんなモノなのか自分でも検証。


第17条 日記等の情報に関する権利

本サービスを利用して日記等の情報を投稿するユーザーは、弊社に対し、当該日記等の情報が第三者の権利を侵害していないことを保証するものとします。万一、第三者との間で何らかの紛争が発生した場合には、当該ユーザーの費用と責任において問題を解決するとともに、弊社に何等の迷惑又は損害を与えないものとします。

ふむふむ。日記に書いた情報は他人に迷惑をかけない情報であることを書き手がmixiに対して保証しろといってるわけですね。
で、万一迷惑をかけた情報である場合、mixiは関係ないから、自分たちでやってください。ってことですね。


第18条 日記等の情報の使用許諾等

1本サービスを利用してユーザーが日記等の情報を投稿する場合には、ユーザーは弊社に対して、当該日記等の情報を日本の国内外において無償かつ非独占的に使用する権利(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変等を行うこと)を許諾するものとします。
2ユーザーは、弊社に対して著作者人格権を行使しないものとします。

mixiを使って、投稿する場合――日記等って書いてあるから、情報に制限はなく、プロフィール、日記、レビュー、コミュニティ記事、メッセージ、マイミクさんの紹介文などなどのすべてを使用する権利を無償でmixiによこせってことですね。

著作者人格権を行使しない―これを検討する前に、著作者人格権を確認。

著作者人格権

ベルヌ条約6条の2第1項には、著作者人格権の種類として以下の二種類が規定されている。

著作物の創作者であることを主張する権利(氏名表示権)
著作物の変更、切除その他の改変又は著作物に対するその他の侵害で自己の名誉又は声望を害するおそれのあるものに対して異議を申し立てる権利(同一性保持権、名誉声望保持権)
後述するとおり、日本の著作権法は、ベルヌ条約に規定されていない種類の著作者人格権をも認めている(著作権法第2章第2款)。また、著作権法が規定する著作者人格権には該当しなくても、民法の不法行為に関する規定により著作者の人格的利益が保護される場合もある。

ふむふむ、これを見る限り、たとえばAさんがmixiのスペースで小説を公開していたとして、
mixiは面白いと思ったら、mixi名義でAさんの小説を出版できるわけですね。
でその小説が大ヒットになっても、作品はAさんものではなく、mixiのもので、Aさんは、何にももらえないと。

Bさんの日記をmixiが本にして、ヒットしたとする。
その日記をmixiが改編し、Cさんの権利を侵害した内容になっていたとする。
Cさんがmixiを訴えた場合、mixiは改編の許可をもらいかつ、日記の記事に対しては、トラブルにタッチしないことになっているから、印税はmixiに訴訟はBさんに行くと。
かつ、mixiが改編したらから悪いというBさんの訴えは、著作者人格権を行使しないにひっかかってるので、これでmixiはBさンの訴えを退けられるわけですね。

Cさんのプロフィールが男性で登録してあったとして、
このひとがいわゆるおかまっぽい人だとします。
mixiでこのCさんを知る人が性別をおかまに変更したとして、それを契機にCさんのマイミクさんが全員になくなったとしても、
著作者人格権を行使しないにひっかかってるので、Cさんは文句言えないわけですね。

なるほど。こうやって考えると問題になっている理由もわかる気がしますね。
悪意を持って改変されるとかなりひどいことになりそうです。
著作者人格権を行使しないを利用規約に載っけるのはかなり問題ありなきがします。

免責事項抜粋

5弊社は、次に掲げる場合には、当該日記等の情報の内容を閲覧したり、保存したり、第三者に開示すること(以下、本項において「閲覧等」といいます)ができるものとします。弊社は、それによって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。
(1)弊社が日記等の情報を投稿したユーザーの登録メールアドレスに宛てて閲覧等の同意を求める電子メールを送信した場合であって、次の各号に掲げるいずれかに該当するとき。
(ア)当該ユーザーが閲覧等に同意したとき。
(イ)弊社が閲覧等の同意を求める電子メールを送信してから2日以内に、これを拒否する旨の当該ユーザーの電子メールでの回答が弊社のメールサーバに到達しなかったとき。
(2)本サービスの技術的不具合の原因を解明し、解消するため必要な場合。
(3)裁判所や警察などの公的機関から、法令に基づく正式な照会を受けた場合。
(4)本利用規約に違反する行為又はその恐れのある行為が行われ、日記等の情報の内容を確認する必要が生じたと弊社が判断した場合。
(5)人の生命、身体及び財産などに差し迫った危険があり、緊急の必要性があると弊社が判断した場合。
(6)第6条第2項各号に掲げる事項に該当する場合
(7)その他本サイトを適切に運営するために必要が生じた場合。

うーん免責事項はあるけど。だからなに? ってかんじですね

禁則事項でユーザの同意についての記述があるけど、第18条 日記等の情報の使用許諾等がある限り、mixiはどんな場合でも記事を好きなようにいじることができるわけで。
ユーザの許可は下りていないけど、第18条に基づき、複製・頒布しますね。といわれてしまえば、ユーザは何もできないわけですね。
なるほど。


特にお問い合わせの多い【第18条 日記等の情報の使用許諾等】に関しまして、

誤解を避けるため、当社が想定している具体的な使用について補足説明をさせていただきます。

上記の条項につきましては、ユーザーのみなさまが『mixi』のサービス内で作成した日記、著作物等の情報について、従来どおりユーザー自身が権利を有することに変わりはありません。

また、ユーザーのみなさまが投稿した日記等の情報(公開している自主作成の映像やイラスト、テキスト等)の使用に関しては、当社の以下対応について同意いただくもので、当社が無断で使用することではありません。

投稿された日記等の情報が、当社のサーバーに格納する際、データ形式や容量が改変されること。

アクセス数が多い日記等の情報については、データを複製して複数のサーバーに格納すること。

日記等の情報が他のユーザーによって閲覧される場合、当社のサーバーから国内外に存在するmixiユーザー(閲覧者)に向けて送信されること。

なお、ユーザーのみなさまの日記等の情報を書籍化することに関するお問い合わせもございますが、こちらの点につきましても、従来どおり、ユーザーのみなさまの事前の了承なく進めることはございません。

で、上記は問い合わせに対してのmixiの回答ですが・・・。
こういうのは、どこまで、信用していいんでしょうかねえ?

第4条 本利用規約の変更 1弊社は、弊社の判断により、本利用規約をいつでも任意の理由で変更することができるものとします。 2変更後の利用規約は、弊社が別途定める場合を除いて、オンライン上に表示した時点より効力を生じるものとします。

「前こんな風に言ってたじゃん」
「前はそう言ってましたけど、今はそうじゃありません。運営上のそう決まりましたので」
「オンラインの規約には変更されたって書いてなかったけど?」
「オンラインには乗せていないですけど、うちが別途定める場合な状況に適合しましたので」

現在の規約ではこういわれたらユーザは負けるわけですね。
なるほど。

mixiの言葉を信用すればそんなことは起こらないはず・・・ですけどねえ・・・。

で、自分に、どれだけ被害があるかっていうと・・・プロフィールくらいかな。
日記はblogだから、該当しない。お話しなんかはmixiを使っていないから問題なし。
コミュニティ記事はあまり書かないし、改変されてどうこうなるような記事は投稿していないかなあ・・・。
メッセージもそんなにもらっていないしなあ・・・。
まあ、mixiに対して不信感が増したくらいですねえ。

mixi自体には切れていた縁をつないでくれたというのもあるので、退会は現段階では保留で。
コミュのだんご大家族♪もありますしね


今回のmixiでジオシティ・yahooのwebスペースに関する著作権の取り扱いの騒ぎを思い出しました。
アレは結局撤回されなかったのかなあ・・・?

« 03月04日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 大人のドラゴンクエスト4 »

つぶやき」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

 退会することにしてまわりに告知中。やっぱり人格権がね。気に入らない。……ちょっとだけどあったの、mixi内に日記以外の書き物が。
(mixi外で邑さまが既読のものとほとんど同じもですけれど)
 音楽系コミュの方々は、かなり深刻に捉えてるみたい。すでに、とっとと他のSNSに場所を移す動きもあるみたい。

 mixiのコミュで創作はしない、ということになるんじゃないのかなあ。

確かにこの条件の規約だと、創作物をおく気にはなれないですよね。
mixiのほうでは、あまりのユーザからの文句に再度規約を改訂るするようですが、どうなることやらですねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63691/40376905

この記事へのトラックバック一覧です: mixiの規則変更はどんなモノ?:

» 規約改定その後 [しあわせのおもちゃばこ]
mixiが修正規約を公表 「ユーザーに著作権」明記 3月19日18時14分配信 [続きを読む]

« 03月04日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 大人のドラゴンクエスト4 »

@Happy_24h

  • twilog

Amazon

趣味関係