2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 06月21日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | きっと本望 »

2008.06.22

安部VS山崎

山拓の対話路線に安倍猛反発「百害あって利権あり」

2008年6月19日(木)17時8分配信 夕刊フジ

 自民党の安倍晋三前首相は18日、都内で講演し、同党の山崎拓元副総裁が会長を務める「日朝国交正常化推進議員連盟」が北朝鮮への制裁解除と対話路線への転換を主張していることについて、「国会議員が、交渉を行っている政府よりも甘いことを言ってしまったのでは、政府の外交交渉能力を大きく損なう。百害あって一利なしだ」と指摘した。

 また、山崎氏が安倍氏の発言を「幼稚な考え」と述べたことに対しては「(山崎氏は)日本語能力がないのではないか」とこき下ろした上で、「百害あって利権ありと言いたくなる。国会議員は国益を考えて行動すべきだ」と強く批判した。


 日朝実務者協議で北朝鮮が日本人拉致問題の再調査を表明したことに関しても、「北朝鮮には何度もだまされてきた。今回はそうならないよう気を引き締めて対応する必要がある」と警鐘を鳴らした。


 中川昭一元政調会長も同日の講演で実務者協議について「前進でも何でもない。実際に物事が動かないと、まただまされることになりかねない」と語った。

山崎氏、安倍発言に反論「私は利権政治家ではない」

6月19日20時8分配信 産経新聞


 自民党の山崎拓元副総裁は19日の山崎派総会で、安倍晋三前首相が山崎氏の対北朝鮮融和路線を「百害あって利権あり」と批判したことを受けて、「私の政治生命にかかわる発言だ。私は利権政治家ではない。誹謗(ひぼう)中傷する政治家の人格を疑う」と反論。総会後、記者団に「名誉棄損に相当する。安倍氏に取り消しと謝罪を求める」と述べた。


安倍-山崎抗争 党役員連絡会に飛び火

6月20日19時7分配信 産経新聞


 対北朝鮮外交をめぐる安倍晋三前首相と山崎拓元副総裁の応酬が20日、自民党役員連絡会に飛び火した。

 口火を切ったのは山崎派の田野瀬良太郎衆院議員。安倍氏が対北融和路線の山崎氏を「百害あって利権あり」と批判したことを取り上げ、「言葉が過ぎるのではないか」と抗議。これに対し、菅義偉選対副委員長が「政策議論の発言は自由だ。役員連絡会で取り上げるのはいかがなものか」と安倍氏を擁護。最終的に伊吹氏が、「私から安倍氏に話しておく」と議論を引き取った。

 伊吹氏はその後の記者会見で、「議員としての品性、節度、矜恃、使っている言葉によってその人が評価される。お互い言いたいことを我慢する修練を積んでいるのだから自己抑制をしてほしい」と安倍、山崎両氏に苦言を呈した。

 一方、安倍氏は国会内で記者団に「講演で述べた通りだ。講演をよく吟味し、学習してもらいたい」と意に介さぬ様子。山崎氏は記者団に無言を貫いた。



山拓、謝罪に応じず告訴も検討…安倍の利権発言に激怒

2008年6月21日(土)18時21分配信 夕刊フジ

 自民党の山崎拓前副総裁が、北朝鮮外交をめぐる安倍晋三前首相の「利権発言」に激怒し、名誉毀損などの告訴も検討しているという。一方の安倍氏は断固として引く構えを見せない。応援団による場外乱闘も激化しており、バトルはさらに拡大しそうだ。

 20日の自民党役員連絡会は両氏の応援団が激突した。山崎派の田野瀬良太郎衆院議員が「(安倍氏の発言は)言葉が過ぎるのではないか。不適切だ」と猛烈に批判すると、安倍氏に近い菅義偉選対副委員長が「政策議論の発言は自由だ。(そんな話を)役員連絡会で取り上げるのはいかがなものか」と反撃した。


 見かねた伊吹文明幹事長が「私から安倍氏に話しておく」と議論を引き取ったが、安倍氏は山崎氏の求める謝罪や撤回に応じる構えはない。


 安倍氏は20日、国会内で「(18日の)講演の全体をよく見ていただきたい。(対話路線で拉致問題が進展しなかったことを)学習してもらいたい」と突き放した。


 こうした中、永田町では「山崎氏が告訴を検討している」との情報が広まっている。


 永田町関係者は「機密情報に接触でき、北朝鮮問題に取り組んできた安倍前首相が、山崎氏の対北外交を『百害あって利権あり』と公言した重みは大きい。山崎氏の地元や国会事務所にも抗議が殺到しており、政治生命にかかわる事態となってきた。利権発言を放置できないのだろう」とみる。


 一方、自民党中堅は「対外的なポーズだけだろう。告訴すれば余計に騒がれ、週刊誌の格好の餌食になる。通常国会も閉幕したのだから、山崎氏は嵐が過ぎ去るのを待つのではないか」と話す。


 自民党の過激な舌戦に、民主党の鳩山由紀夫幹事長は会見で、「前首相が前副総裁を口汚くののしっている。政権末期症状を呈しているとしか言えない」と冷ややかに批判した。

安倍、山崎氏の泥仕合続く=対北外交で対立

6月21日19時0分配信 時事通信


 対北朝鮮外交をめぐり、「圧力」を重視する自民党の安倍晋三前首相と、「対話」を求める山崎拓前副総裁の間で非難の応酬が続いている。山崎氏は21日、地元・福岡市内での講演で「朝鮮半島の非核化がいま一歩でできるところまできている。そこが自民党の政治家で分かっていない(人がいる)。拉致問題を完全解決しない限り、あとはどうでもいいという感覚があり過ぎる」と、安倍氏の姿勢を暗に批判した。
 両氏の口論は、山崎氏ら超党派議員が訪朝を検討していることに対し、安倍氏が12日、「百害あって一利なし」と批判したことが発端。山崎氏が「幼稚な考えだ」と反撃すると、安倍氏は「『百害あって利権あり』と言いたい」と追い打ち。これに怒った山崎氏が発言の取り消しと謝罪を求めたが、安倍氏は拒否した。
 伊吹文明幹事長は2人に自制を求めているが、山崎派の所属議員が「安倍氏を名誉棄損で告発すべきだ」と反発するなど、波紋は広がるばかり。有力議員の「泥仕合」に党内でも顔をしかめる向きが多い。

対北強硬派を山崎氏が批判

6月22日8時1分配信 産経新聞


 自民党の山崎拓元副総裁は21日、福岡市内で講演し、北朝鮮が近く核計画に関する申告書を提出する見通しとなったことについて「核計画をやめさせようという動きがもう胸突き八丁まで来ていることを、実は日本の政治家、わが党の政治家もよく分かっていない」と述べ、対北朝鮮外交をめぐり対立している安倍晋三前首相を念頭に対北朝鮮強硬派の動きを批判した。

 山崎氏は「国民感情として『拉致問題が完全解決しないと後のことはどうでもいい』というような感覚がありすぎる」と指摘し、「北朝鮮の核完全放棄が今一歩のところまで来ているのだから、そこを考えないといけない」と述べた。

<山崎氏>「足の引っ張り合いやめよう」と安倍氏に呼び掛け

6月21日18時43分配信 毎日新聞


 対北朝鮮外交を巡り、自民党内で強硬派の安倍晋三前首相と柔軟派の山崎拓前副総裁が互いを批判し合っている問題で、山崎氏は21日、「北朝鮮の核問題で重要な展開がある。もっと大きく国際情勢を見て日本の平和と安全を確保すべきで、足の引っ張り合いをやっている時ではない」と、安倍氏に自制を呼び掛けた。福岡市内で記者団に語った。

 また、山崎氏は内閣改造について「福祉、医療などの問題で国民の批判が強い。局面打開が必要だ。秋の臨時国会は大変な難局になるので、7月中にやらないと時機を失する」と述べ、7月上旬の北海道洞爺湖サミット直後に内閣改造を行うべきだとの考えを示した。【田所柳子】


おまけ 国を憂い、われとわが身を甘やかすの記
安倍前首相が山崎拓氏に「私の言葉を肝に銘じろ!」

さて、北朝鮮を巡るこの二人の喧嘩、どっちの言い分が正しいんですかねえ・・・。


しかし山崎さん。福岡の講演で、暗に安部さんを批判した後に、足の引っ張り合いはやめようって・・・。
言うだけ言っておいて、これ以上反撃は食らいたくないということなんですかねえ・・・。
自分だったら、本当に矛を収める気があるなら、自分からの批判は避けると思うんですけど・・・。

とりあえず、個人的には安部さん支持だなあとか思ってます。

« 06月21日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | きっと本望 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63691/41607433

この記事へのトラックバック一覧です: 安部VS山崎:

» 安倍、山崎氏の泥仕合 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
「北鮮利権・井戸掘り人夫列伝」について  前後にいくつかの応酬があったが、安倍晋三の『百害あって利権あり』に怒った山崎氏が発言の取り消しと謝罪を求め、安倍氏が拒否した顛末を、面白おかしく報道しながら「どっちも、どっち。子供のけんかは両成敗」と、おとなの良識で解説しながら、ニュースの本質から視線をそらしたコメントがほとんどだった。『北鮮利権』といわれて「それって、なに?」なんて、いまさら幼稚な愚問を発する日本人は論外として、山崎拓の「日朝国交正常化推進議員連盟」が政府間交渉のさなかのタイミン...... [続きを読む]

« 06月21日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | きっと本望 »

@Happy_24h

  • twilog

Amazon

趣味関係