2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 07月19日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 英字毎日新聞 »

2008.07.22

ピカチュウ○○に進化

目の神経形成に重要なタンパク質「ピカチュリン」と命名 大阪バイオ研チーム

7月21日11時2分配信 産経新聞

 目で受けた光の刺激を、電気信号で脳に伝える際に重要な働きをするタンパク質を、大阪バイオサイエンス研究所の古川貴久研究部長(神経発生学)らのチームがマウスを使った実験で発見。電気を操るネズミに似た人気アニメキャラクターにちなみ「ピカチュリン」と命名し、21日、米科学誌ネイチャー・ニューロサイエンス電子版に発表した。
 ヒトなどのほ乳類の目では、光の刺激が網膜の視細胞で電気信号に変わり、双極細胞を通過して視神経から脳へ伝達される。現在、目の疾患に対してはiPS細胞(人工多能性幹細胞)などで視細胞を作ることはできても、神経伝達回路であるシナプスの形成過程が解明できていないことから、臨床応用は現実的でないとされてきた。
 古川部長らは、マウスの実験で視細胞と双極細胞の間をつなぐ視神経の周りに特異的に発現しているタンパク質を発見。光を発して電気を操る人気アニメキャラクター「ピカチュウ」をもじって「ピカチュリン」と名付けた。古川部長は「網膜の神経回路のメカニズムを明らかにする大きな一歩。将来的にもiPS細胞で視細胞を作り出す再生医療に応用できる」と話した。


動体視力左右するたんぱく質発見…ピカチュウもじり命名

7月21日3時2分配信 読売新聞


 視覚の情報を脳へ効率よく伝えるために必要なたんぱく質を、大阪バイオサイエンス研究所チームがマウスで発見した。

 動体視力の優劣に関係しているとみられることから、素早い動きが特徴の人気アニメキャラクター「ピカチュウ」をもじって「ピカチュリン」と名付けられた。

 網膜色素変性症などの治療につながる可能性がある。20日付の科学誌ネイチャー・ニューロサイエンス電子版で発表する。

 古川貴久・第4研究部長らは、マウスを使って、光を感じる網膜の視細胞ができる際に働く遺伝子を解析し、ピカチュリンを発見した。視細胞から脳へ信号を送る神経への「つなぎ目」だけに存在するという。

 ピカチュリン遺伝子を壊したマウスでは、正常なつなぎ目ができず、信号の伝達時間が約3倍かかった。速い動きに対する眼球の反応も遅くなり、動体視力にかかわっているらしい。古川部長は「イチロー選手のように動体視力に優れた一流の運動選手は、ピカチュリンの働きに違いがあるのかもしれない」と話している。


ピカチュウがとうとう生物の身体にまで進化しました。
すごい出世ですねえ。これで、人は生まれてから、ピカチュウの進化体をもって生まれてくると定義づけられるようになったと。

しかし、ポケモンの影響力も侮れないですねえ・・・。

« 07月19日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 英字毎日新聞 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63691/41933273

この記事へのトラックバック一覧です: ピカチュウ○○に進化:

» 大阪バイオサイエンス研究所チーム [バーンアウト パラダイス PS3 ]
大阪バイオサイエンス研究所チーム視覚の情報を脳へ効率よく伝えるために必要なたんぱく質を、大阪バイオサイエンス研究所チームがマウスで発見した。 ポケットモンスターのピカチューをもじって「ピカチュリン」と名付けられた。 参考 動体視力左右するたんぱく質発見… ........ [続きを読む]

« 07月19日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 英字毎日新聞 »

@Happy_24h

  • twilog

Amazon

趣味関係