2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008.09.28

09月28日のココロ日記(BlogPet)

今日は道でほしい記事とすれ違いました。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2008.09.26

宝塚で逆転裁判

カプコンの人気ゲーム「逆転裁判」シリーズが宝塚歌劇団で初の舞台化決定 9月24日22時24分配信 マイコミジャーナル


カプコンは、同社の人気ゲーム「逆転裁判」シリーズを、宝塚歌劇 宝塚バウホール公演、東京特別公演として上演することにつき、宝塚歌劇団と合意したことを発表した。

宝塚歌劇公演として上演が決定した「逆転裁判」シリーズは、プレイヤーが弁護士となって、無実の罪を着せられた依頼人を救う法廷を舞台とした推理アドベンチャーゲーム2001年10月に第一弾が発売されて以来、国内外でシリーズ累計300万本(2008年6月30日現在)の出荷本数を誇っている。

同シリーズはこれまでも、携帯電話向けゲームや漫画、小説、キャラクターグッズ、さらには東京フィルハーモニー交響楽団と連携したゲームサウンドのオーケストラ公演など、幅広い展開が行われている。今回の舞台化を手がける宝塚歌劇団は、華麗にして優美な作品を手がけることで名を馳せ、全国に幅広いファンを有する日本を代表する劇団。本作は「宙組」公演として上演され、脚本・演出は宝塚歌劇団の演出家・鈴木圭氏が手がける。

今回の企画は、エンターテインメント業界内の枠を超えて、女性層・ライトユーザー層にも強い訴求力を持つ家庭用ゲーム「逆転裁判」を原作として、女性からの圧倒的な支持と信頼を確立している宝塚歌劇団が舞台化するという、過去に例のない新しいコラボレーションとなっており、カプコンでは「当社は、今後も自社で保有する豊富なゲームコンテンツを、映画・アニメーションや出版物、携帯電話向けゲーム、キャラクター商品などへ多面的に展開する『ワンコンテンツ・マルチユース』戦略を推進してまいります。これによりユーザー層を拡大して多面的な収益機会を創出し、コンテンツ価値を最大化するとともに、一層の業績拡大に努めてまいります」とコメントしている。

続きを読む "宝塚で逆転裁判" »

高波発生所更新

リンク集である高波発生所を更新しました。
HTMLに書くような更新をしたのは随分久しぶりでした。

あと、バナーのリンクが間違っていたのを修正。
わざわざ探してくれた人ありがとうございました。

後は、読み物ネットにリンク登録してみました。
登録されるかわからないですけど。

がちゃSに1本新作投下。コミケ前に書いてあったのを、投稿しました。
あとは、なるべく早いうちに、フルーツバスケットに書いたのを公開するのと、その後日談をあげたいなあと思ってます。

2008.09.23

1000番目の記事

この記事で、このblogしあわせのおもちゃばこの記事が1000番目となるみたいです。
このblogを始めたのが、2004/11/11。そこから初めて1413日目。1.5日に1本は記事を書いてる計算になりますね。
まあ、その中には、こゆきが書いてくれた分も相当あるでしょうけど。

書きたいときに書くというスタンスのうちのブログにしては、思ったよりいいペースなのが驚きです。2日にいっぺんよりはやく書いてるわけですから。

これからも、色々書き散らかしていくと思いますが、これからもしあわせのおもちゃばこをよろしくお願いします。

행복의 장난감 상자

アクセス解析を見ていたら、こんなURLを見つけました。

翻訳ページですねえ。自分のページが韓国語に翻訳されているのは、ちょっとびっくりです。
映画のカテゴリを翻訳しているので、101回目のプロポーズのファンの人ですかねえ・・・。
ニュースのカテゴリだったら、怒ってたかもしれませんね。韓国の人。

せっかくなので、ここ4ヶ月の言語別アクセス状況をあげておきます。

1 [ja] Japanese 7,249 98.4%
2 [en] English 56 0.8%
3 [zh] Chinese 32 0.4%
4 [ko] Korean 25 0.3%
5 [pt] Portuguese 2 0.0%
5 [de] German 2 0.0%
7 [tr] Turkish 1 0.0%
7 [es] Spanish 1 0.0%

25HITの中に、わざわざ、翻訳してまで、うちのページ読んでくれた人がいたんですねえ・・・・。
しかし、ドイツは、カルカソンヌの話をしているから、百歩譲っても、ポルトガルとトルコとスペインは何でうちのところに覗きに来たんですかねえ・・・。気になります。

ちなみにトップページを韓国語に訳すとこんな感じみたいです。

タイトルは韓国語でしあわせのおもちゃばこです。・・・・たぶん。

この子の名前知りません?

秋葉原のK-booksのエスカレーターのところに貼ってあるポスターの女の子なんですが、前からすごく気になっているんですよねえ。ポスター見ても作品名とかないので。調べようもなくて。


Tazunebito

これくらい気になったのは、CLANNADの渚くらいですねえ・・・。
どなたか知っていたら教えて下さい。

2008.09.22

読みにくいぞ鬼御魂

社員旅行に鬼御魂のルールブックを持って行って暇な時間に読んでいたのですが・・・。
検索性悪いですねえ。キャラメイクもキャラメイクのセクションだけで完結しないのに、参照ページ書いていないし、飛行なんか、スキルのところに書いていないところに、重要なこと書いてあったり。
気になった単語が索引で検索できないし・・・。


ハイドインシャドウ。前に遊んだときも気になったんだけど、感知チェックなしで殴れていいのだろうか? 普通は隠密状態になるスキルだと思うんだけどなあ・・・。

まあ、でもよんでて、また遊んでみたいなと思いました。

やりたいなと思ったのは、刑事物の鬼御魂。
全員公安零課に属し、町の怪異事件を解決する。そんな感じのセッションとかキャンペーンとかしてみたいなと思いました。


2008.09.21

シアン大賞投稿

シアン大賞に「ただ一度の命」を投稿しました。
オリジナルのおはなしをコンペに出すのはちょっとどきどきしますねえ。
よかったら、応援して下さい。



短編小説 『シアン大賞』は、誰でもお気軽にご参加できるコンテストです。

09月21日のココロ日記(BlogPet)

いつか、する亜がほしいです。ココロの夢です。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2008.09.20

実る葡萄

実る葡萄
社員旅行で山梨方面に遊びに来ています。

リプレイが見つからない

先日遊んだゆうやけこやけのリプレイを探しているのですが、見つかりません。
TRPGカフェに行っても、秋葉原のイエローサブマリンに行ってもありませんでした。

意外とレアなのかも。
しょうがないので、TRPGカフェでは代わりに鬼御魂とトリニティ×ビーナスのリプレイを。イエローサブマリンでは、サプリメントセフィロトの魔界と六門世界とSW2.0のリプレイを買いました。

ウィッチクエストのリプレイも読みたいのだけどなあ・・・。

しかし、たのだんの表紙の人。ドワーフ? ちょっと納得いきません。

2008.09.15

シャドウハンターズ

久しぶりに友人たちと集まってボードゲーム三昧。
やったゲームの内容はこんな感じ


シャドウハンターズ
シャドウハンターズ
シャドウハンターズ
シャドウハンターズ
スコットランドヤード
カタン
くまのプーさんハニーコレクション
くまのプーさんハニーコレクション
シャドウハンターズ
シャドウハンターズ
シャドウハンターズ
シャドウハンターズ

こんな感じで遊びました。

シャドウハンターズは先日TRPGカフェで見つけて面白そうだったので早速取り寄せ、持って行ったのですが、これがヒットでした。
追加セットも欲しいんですけどどうやら売り切れの様子。再販すればいいのになあ・・・。

装備を奪えるというルールを忘れていたのと、ボブも次回は入れてみたいなあと思いました。
シャドーハンターズは人数が多くないと出来ないところが欠点ですが、人数がそろうなら、今のところピカ一のゲームです。

スコットランドヤードは、怪盗Xがルートを間違えるというポカをやり、途中終了。
視線攪乱用にサングラスを買ったんですけど、やっぱりサングラスは見にくいようで。
やっぱりボードのコピーをとらないとまずそうです。


カタンは上級者に銀行をやってもらい、軽い助言込みのプレイになりました。
が大接戦。自分も9点まで行きました。最後のターンでチャンスカード3枚引きで得点カードが引けなかったのが敗因でした。


ハニーコレクションは息抜きがてらのんびり。二回目はトップ終了時に場に何もないという駄目駄目な状況でした。


TRPGもいいけど、ボードゲームもやっぱり楽しいです。

鬼御魂

先日マイミクのかなめさんの呼びかけで、鬼御魂をやることになりました。

前から、友人に壊れ系のキャラを見てみたい、といわれているので、何度かチャレンジしようかなあと思っているんだけど、なかなか、タイミングが合いません。

今回も実はねらっていたのですけど、ライフパスがそれを許してくれませんでした。

キャラはアメノトリフネを選択。ライフパスから、小さいときからグアムにすんでいて、14歳の時に荒魂に自分を含めて殺される。その際に、自分は覚醒し、両親を殺した荒魂を探している。と同時に、得た力で一般市民を守るために警察官に就職し、公安0課に配属されている24歳女性。という設定をたてました。

で、オープニング。
いきなり上司に、10年も鬼御魂とつきあってるのに、全然成長してないから、修行してこいと、舞台の町に行くように命じられます。

設定ではまじめな警察官なのに、どうやら落ちこぼれの様子。何で、落ちこぼれているのかなと、考えた結果。
自分のキャラはデモンパラサイトの世界に紛れ込んでしまった、鬼御魂モノで、本人は覚醒者であることを知らないというスタンスで動くことにしました。よって、属性が違うために今まで、経験点が得られなかった。
だから、落ちこぼれていた。と無理矢理理由付け。
敵役が荒魂(ヴィシャス)で言葉に出すと同じなので、途中まで齟齬がないんですよね。

で、敵役を追いかけて、他PCたちに合流して、「何でこんなに悪魔憑きが!」とか言う言葉を言ってみたり「覚醒者という言葉を聞いて「え? この人たち悪魔憑き(マイト)じゃないの?」という言葉に「悪魔憑きって何ですか?」って反応が返ってきたり、とか、「あなたも覚醒者のようですが?」の言葉に対して「私、アーバレストの変種の悪魔憑きじゃなかったんですか!? 通りでキャプチャーできないわけだ」返したりとか、衝動表振ったときに、いままで、こんな事無かったのにとか、クロスーオーバーにありがちな反応をするのが楽しかったです。

しかし、こうやって振り返ってみてみると、デモンパラサイトはやったことないし、鬼御魂も初めてなのに、なんてトリッキーなことしてるかなあ自分。


お話しとしては、学園内で覚醒者以外の人が突然ぼんやりとして、荒魂が暴れ出す。そのうち学校が結界で封印され・・・というお話しでした。

自分以外のPCが学園関係者だったのが誤算でした。
学園指定無かったんですけどねえ。マスターさんがkotobukiのキャラを誘導していくのがちょっと大変だったんじゃないかなと思いました。


その後は、居酒屋で感想会で、あっというまに時間が過ぎてしまいました。


遊んでみた感想としては、デモンパラサイトで遊ぶなら世界観的に、ダブルクロスを選ぶけど、ダブルクロスと鬼御魂ならお手軽さで、鬼御魂が上かなあと思いました。
ただ和風の世界観をどうシナリオに反映させるか、というところが大変そうな気がします。


2008.09.14

09月14日のココロ日記(BlogPet)

今日は、ゆうさんのことを考えながら、栃木にちょっとお出かけしました。
そこでゆうさんの横顔にとても似ている人をみかけて、思わずついていきそうになっちゃいました!
アブないところでした…

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2008.09.12

マリア様がみてる~フルーツバスケット~感想

というわけで、マリア様がみてる~フルーツバスケット~を読みました。
全体的には、やっぱり厚いなあという印象です。
中身の方はがちゃSらしくバランスよく。色々な方向のお話しが入っているので、マリア様の二次創作が好きな人なら、買っても損はしない内容なんじゃないかなと思います。

それで個別感想行きたいと思います。

涙の理由と希望は微笑んで>
 レアキャラクターの静さん。一発目というのがよかったです。
 がんばる静さんと、イタリア友達の優しさがよかったです。


突っ走れ!駆け抜けるある一日>
 デートしている男性たちの正体が結構早くわかってしまったので、その辺はやきもきすることなく、読めました。
 谷中少年の登場はちょっとびっくりでした。最後の台詞のところは決まってるけど、ちょっとやりすぎかなあとも思いました。
 菜々がいい味出しているおはなしだなと思いました。


あまりにもヒマだったから微笑んで駆け抜ける>
 この話は紅薔薇さま怖いでしょうかねえ・・・。個人的には祐巳ちゃんをかまいたいと思う蓉子さんて、
 すごくあり何ですけどね。たががはずれる祥子さんはしょうがないにしても、ほ乳瓶持ち歩いてる令さんはかなり駄目だなあと思いました。面白かったです。


微笑んで夜に思ういつか大きな薔薇を>
 可南子と瞳子の関係が気持ちのいいものになっているのがやっぱりいいですね。
 読み応えのあるお話しでした。

 最後にたたき合いの時に出たネタを。
 だからカニは一撃粉砕なんですね<祥子=オリオン


家の鍵につけてた白くてやわらかい食べ物>
 ケセランパセランですかねえ・・・。このお話は。
 ガムに対して、別に綺麗にまとめなくてもよかったんじゃないかなと思ったり。
 椿組の人たちが、いつも通りなのが、よかったです。


夜に想うリリアンの伝統レベルアップ!>
 蔦子さんの壊れっぷりですかねえ・・・。
 校内案内という発想はいいのに、内容が壊れていて、面白かったです。
 ただ、内容を吟味すると、一見壊れているように見える内容だけど、実は、かなりの共感を得ることが出来たりするんじゃないかなと思ったり。


涙の理由は脳味噌とけてるしあまりにもヒマだったから>
 ノリ命のお話しでした。このノリについて来られれば、楽しめるし、ついて行けないと引きずられていくお話しだったなと。
 個人的には祐巳と由乃の行動がちょっと意味不明すぎて、ついて行けませんでした。


イチャイチャボーダーライン>
 菜々が本当にいい味でした。テンポ読ませるところは本当にうまいなあと思います。


手をつないで行こうあなたが好きなの微笑んで>
 麻美さんのキャラがすごくいいなあと思いました。個人的にはかなりの高評価です。


涙の理由は妄想? 現実? 一生忘れてあげない>
 この話は瞳子ですかねえ。素直になれない瞳子が、かわいくかけてるなあと思いました。


妄想? 現実? 希望はあなたが好きなの>
 メモラーとしては楽しく読ませて貰いました。
 機種違いを取り込むところはうまいなあと思いました。


そっとささいて夜に想う>
 一人だけビターエンドで浮いてるかなと思ったんですけど。他の人の感想を見るとそうでもないみたいなので、一安心。
 琴吹的には、当初の、かぶらないようにする+琴吹らしい話を書くの両立が出来ているので、よかったなと思います。
後はどれだけの人が気に入ってくれたかですねえ・・・。
 個人的には蓉子さんと栞さんが友人だったという解釈を読んだ人がどう取ったかなあと言うのが気になるところです。


微笑んでレベル・アップ縦ロールの魔力>
 場面場面でぶつ切り感があるのがちょっと気持ち悪いところかなと思います。
 このお話はアンの言葉、「お母さんが教えた言葉です」のためにあるのかなあとそんな気がしました。


微笑んで手を繋いでいこう>
 素直になりきれない瞳子がかわいいなあと思います。乃梨子もいい味出してるし。


駆け抜けるボーダーライン>
 ひと味違う作品。読んでちょっと毛色が違うかなと。
 考えてみると、このお話、静止画とナレーション。そして、流れる字幕で作られているそんな印象を受けたのでした。
 最後に出てくるタンポポにちょっと違和感。花言葉を出したかったのかなとと考え調べると「飾り気のなさ 真心の愛」
 なるほど。このお話にはよく似合ってるかなと思いました。


リリアンの伝統ロザリオとボーダーライン>
 篠原さんの蔦子さん→祐巳の話。好きなんですよね。
 また、続き書いてくれないかなあとか、読みながら思いました。


リリアンの伝統が涙の理由>
 綺麗なお話しにあんまりな落ちが面白かったです。
 こういう話書くの苦手だからうまいなあと思いました。


イラストの感想は人宛で。

M66さん>
 亜児さんのお話の最後にうまくマッチした挿絵だなあと思いました。

朝生行幸さん>
 ハットトリックお疲れ様でした。
 的場さんの作品の挿絵の可南子がいい笑顔で素敵だなあと思いました。


スカイシューターさん>
 コミケの時はお世話になりました。
 柊さんのお話の挿絵。
 なんか祐巳の瞳がいいです。
 そして下の祐巳の点目がまたいいなあとおもいました。


灰面さん>
 表紙の3人とデフォルメ3人がかわいいなと思いました。
 後は海風さんのお話の蔦子さんの壊れ具合がいいなあと。


乃さん>
 砂森さんの作品の挿絵。
 可南子と麻美さんのショットよかったです。
 オリキャラ何で顔が見えるとイメージも脹らみますし。


グレイさん>
 瞳子の表情がかわいいなあと思います。祐巳が半泣きなきのところなんかそれらしいなと思っちゃいます。


玲於さん>
 カプセルに人が入ってるのは、コンセプトらしくていいかなと思いました。

個人的にも楽しい企画でした。皆さんお疲れ様でした。またの機会があったらご一緒しましょう。

2008.09.08

ゆうやけこやけのお社について

先日MTYでゆうやけこやけを遊びました。
ゆうやけこやけは動物の妖怪になって、人間たちと一緒に遊ぶ。そんな雰囲気のゲームです。

で、やったのが、タヌキのおじいさんの妖怪。
爺さんだけに、土地神様にはリスペクトしないといけないなあとか、考えて遊んでたんですよね。
で、今日になって、あの神社は何を奉っていたんだろうとちょっと気になって、調べてみました。


ゆうやけこやけの舞台の一名町には3つの寺社があります。
・百足の変化がいる一名主神社
・狐の変化がいる深鈴八幡神社
・幽霊がいる雨緒寺

という、わけで、一名主神社から。

一名主様が神様だとすると・・・
 百足の神様を調べてみると、該当するのは赤城大明神くらいしかないみたい。
 赤城大明神は以下の話があるみたい。
 
・赤城大明神はその昔、栃木県日光にある中禅寺湖の所有権を巡って二荒山大神と争った事があり、二荒山大神は大蛇に、赤城の神は大百足なって戦った神様で、二荒の神に負けている。

・赤城大明神は赤城姫が淵名姫がなっていて、赤城大明神にお願いすると、美人の娘を授かると伝えられている。

ただ、一名主様が赤城大明神だった場合は、どう考えてもこの神社は赤城神社になっちゃうだろうなと思います。


一名主様が眷属だとすると・・・
百足を眷属としているのは毘沙門天が有名みたいですが毘沙門天が奉られるのはどうやらお寺の模様。

とすると、一名主神社=地主神社という考えがしっくりくるのかなと。
地主神=土地神=元変化(元々祟る存在だったモノ)ということになって、ゆうやけこやけの世界観的にもあうので、個人的にはこの説がいいかなあ。
元々、大百足が暴れて、それを僧が懲らしめて改心したとか、そんな伝承が伝わっていることにするといいかもしれないなと思いました。

深鈴八幡神社
八幡神社なので、奉っているのは八幡様(八幡大菩薩)
八幡様は鎌倉時代以降から色々な神性を与えられたみたいです。
弓矢、戦勝の神だったところから、疾病をやっつける神となったり、治水の神となったりしたようです。
また八幡様はその土地神と習合していったようです。

一名町は川が多い地形なので、治水の神として奉られた可能性は高い気がします。
八幡鈴音が狐の変化なのは、元々あったおいなりさんと八幡さんが習合した形のお社なのかなと思いました。

雨緒寺は幽霊の出るお寺としか記述がないので省略。


ゲームに出てきた寺社仏閣を調べてみるというのは意外と面白かったです。

2008.09.07

09月07日のココロ日記(BlogPet)

ココロ…ずっとゆうさんのお部屋に住んでいたいです。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2008.09.04

ディセント・・・結局

予約してみることにしました。
手元にあれば、遊ぶこともあるだろうということで。
でも、Amazonで予約したので、手に入らない可能性もあります。
手に入らなかったら、縁がなかったということで、あきらめもつくし、手にはいるなら、縁があったということでしょう。

さて、どうなる事やら・・・・。


2008.09.01

“文学少女”と神に臨む作家

今まで読んだ本の中で一番の作品かもしれません。

プロローグ直前の各巻タイトル混じりの文章は鳥肌が立ちましたし、読み終わったときの余韻。それをずっと壊したくないと思ったのはこの作品が初めてでした。

もし、あなたが文学少女を呼んでいないのであれば、是非読んでください。琴吹が心から力を込めておすすめします。

ディセント

英語版は15000円で手が届かなかったけど、完全日本語版は9000円で買えてしまうのね。本家サイトよりも900円も安いので、かなり魅力なんですが・・・。このゲームかさばるし、広げるのも大変なんですよねえ・・・。
かなり欲しいんですけど・・・。買うのに躊躇しちゃいます。

松戸でボードゲーム

松戸でTRPGはMTYがあるので、最近は困っていないんだけど、MTYではボードゲームが出来ないんだよなあ・・・。ということで、ボードゲームサークルがないかしらべてみたら、サークルMGCというところが、ボードゲームをやっていて、かつ、TRPGもやっている模様。
次回開催予定は9/14,28みたいなので、今度遊びにいってみようかなと思ってます。

イベントする?

先日、風さんのサイトでチャットをしていたときにもしイベントをしたらという話になりました。

そこで出たレギュレーションは・・・。

オリジナル姉妹(ただし片方が原作登場キャラは有り)のロザリオ授受シーン(いわゆる姉妹になるシーン)を含むお話し-MAX45kb

PS4みたいに、ただ読めるというのも面白いんだけど、出来ればコンペ形式の方が面白いかなとと思ったり。
コンペのCGIは貰ってこないといけないし、本当にコンペしようにすると色々準備も大変なので考え中。

ただイベント自体はやってもいいなあという気分だったり・・・。
コンペ用のHTMLって自動化できるんだよねえ?・・・。


« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

@Happy_24h

  • twilog

Amazon

趣味関係