2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009.03.31

北朝鮮の滅亡

ミサイルの発射を止めるため、単身北朝鮮に乗り込み、4階建てくらいの高さはあろうかという洋館にたどり着いた。
そこに、将軍様はいる。
洋館の中は掃除が行き届いていなく、ほこりっぽいところやカビに覆われているところすらある。
これが将軍様の居城でさえこんな様子なのが、今の北朝鮮の現状を物語っている。

洋館の中を探索し数少ない衛兵を打ち倒し、将軍様の居室に躍り込むが、誰もいない。将軍様はどこにいったのだろうか。あわてて、館を探し回っていると、庭へ逃げ出そうとする、将軍様と遭遇。戦闘になるが、病気の将軍様を打ち倒すのはたやすいことだった。

日本に帰り翌日、将軍様の死亡と北朝鮮の崩壊をテレビでみて、改めてその事実を確認した。

続きを読む "北朝鮮の滅亡" »

イベント終了

以上ををもちまして、しあわせのおもちゃばこ主催「ピンポイントお題SSシリーズ第18回・19回」を終了いたします。
ピンポイントお題SSシリーズ第18回・19回に参加下さった皆さん。
投稿された作品を読んでくださった皆さん、ありがとうございました。

残念ながらまだ。次の20回の開催地が未決定。どなたかやってくださる方はいませんか?

開催希望の方は、この記事にコメントするかBBSまで参加表明をお願いします。

続きを読む "イベント終了" »

2009.03.28

03月28日のココロ日記(BlogPet)

ココロ専属のマネージャーさん、誰がいいですかねえ…

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2009.03.21

台湾からの声

台湾立法院、慰安婦問題で日本に謝罪と賠償求める決議 【サーチナ】 Y! 2008/11/13(木) 13:45

  台湾の立法院は11日、第二次大戦中のいわゆる従軍慰安婦問題について、「あいまいな態度をとる日本政府に対して、正式に事実を認めて謝罪し、歴史に対する責任を負うよう求める」とする「台湾慰安婦決議文」を採択した。

台湾、慰安婦で日本に謝罪要求 立法院が決議

 【台北11日共同】台湾の立法院(国会)は11日、第2次大戦中の旧日本軍の従軍慰安婦問題をめぐって、日本政府による公式謝罪と被害者への賠償などを求める決議案を全会一致で採択した。

 決議案は超党派の立法委員(国会議員)らが提出。同委員の1人は「決議が現在の日台関係に影響するとは思わない。慰安婦だった女性はいずれも高齢で、1日も早く日本政府に謝罪してほしい」と述べた。

 決議に法的な拘束力はないが、米下院が昨年7月、日本政府に公式謝罪を求める決議を可決したほか、カナダや欧州連合(EU)、韓国が同様の決議を採択している。

2008/11/11 13:50 【共同通信】

続きを読む "台湾からの声" »

03月21日のココロ日記(BlogPet)

今度、ブログ妖精の世界にゆうさんを連れていってあげますね!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2009.03.12

03月12日のココロ日記(BlogPet)

応募は金なり……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2009.03.05

03月05日のココロ日記(BlogPet)

にゅーん。エントリはゆうさんの大切なものみたいです!だからかくれんぼさせちゃいます。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2009.03.04

逆転裁判再び!

宝塚歌劇「逆転裁判」続編上演が決定 3月2日19時2分配信 +D Games



 カプコンは、「逆転裁判」を題材とした宝塚歌劇「『逆転裁判』-蘇る真実-」の続編「逆転裁判2」の公演を決定した。

 本作は前作と同様、主演は宙組の蘭寿とむさんが務め、脚本・演出は、宝塚歌劇団 演出家 鈴木圭氏が担当する。

 8月20日~8月31日まで宝塚バウホールにて、9月5日~9月15日まで赤坂ACT シアターにて上演。



続きを読む "逆転裁判再び!" »

スペランカー

「スペランカー」BGMの歌詞募集、JOYSOUNDで配信 「最弱主人公に最強歌詞を」 3月2日19時21分配信 ITmediaニュース



(C)Tim Martin 1985,2008 IREM SOFTWARE ENGINEERING INC. Licensed by Tozai, Inc.

 最弱主人公に最強歌詞を――なつかしのアクションゲーム「スペランカー」のBGMに合う歌詞を募集する企画が、3月16日に始まる。採用されれば、カラオケ「JOYSOUND」で、ゲーム映像付きで配信する。

 スペランカーのメインテーマやゲームオーバーのBGMなど計6曲をWebサイトで公開。メロディーに合う歌詞を募集する。投稿は、PC・携帯電話の「うたスキ」サイト内に設置した特設ページの専用フォームで5月18日まで受け付ける。

 応募作から9作品を採用し、メドレー形式の楽曲「みんなでスペランカー~最弱主人公に最強歌詞を!~」として5月29日からJOYSOUNDで配信する。

 「プレイステーション 3」(PS3)の「PLAYSTATION Store」専用ソフト「みんなでスペランカー」のプロモーションの一環。アイレムソフトウェアエンジニアリングとエクシングが協力して展開する。

 スペランカーは1983年、米国で「ATARI-8bit」向けに発売されたアクションゲームで、1985年にファミコンに移植された。ちょっとした段差から落下するだけでミスと判定されるなど「ゲーム史上最弱」の主人公が話題になった。

 レトロゲームのBGMが歌になり、カラオケ配信された例としては、「ロックマン2」のBGMにユーザーが歌詞を付け、「ニコニコ動画」で盛り上がった「思い出はおっくせんまん!」がある。思い出はおっくせんまん!は、USENの「UGA」で配信されている。



続きを読む "スペランカー" »

ふるぼっこ

今日は自分の管理しているプロジェクトが何にも進んでいないので、大目玉を食らいました。

プロジェクト管理というのは難しいですねえ。自分ではもう少し、うまくできるのではないかと思ったんですが、全然出来てなかったですし、出来なかったです。


今後のために、今回何が悪かったのか考えてみます。

1.案件を聞いたときに出来そうか、そうじゃないかの判断をあやまった。
案件はVB2005でIISをつかい、APSで、MDBでシステムを作るというもの。
自分はVB6はさわったことあるものの、VB2005はほとんどさわったことが無く、部下の人も全くの手つかず。webアプリの環境設定も一度アパッチをインストールして動かしたことはあるが、ほとんどさわったことが無く、IIS自体は、それこそ、一度もさわっていない。
一月程度でメイクを完了してテストを行えとのことだった。
この時、正直、厳しいと思ったのだが、上司のVBは簡単だし、出来るやつなら、1週間で作る。出来ないわけないという言葉に、反論出来なかった。
自分のスキルと、部下のスキルでは、やれる自信がないとはっきりと言わなければいけなかった。

2.上記のことがわかっていたのにも関わらず、普通のノリで製造が出来ると考えてしまった。自分がVB2005をよく知らないことをもっと加味してスケジュールを組まなければいけなかった。結果、部下担当のスケジュールの遅延が縮まることがなかった。

3.ドキュメント作成に関しても、順番がまずかったり、ぶれてしまったところがいっぱいあった。
最初から操作手順書を充実させて、詳細設計とかは省いてもいいと言われていたのに、用件定義をきめてとか、足場を固めるつもりで、作っていたドキュメントが、足かせになってしまった。
用件定義やスケジュールを決める段の前に、ユーザからみた場合の、使用方法や制限事項。あるいは必要な機能の洗い出しを出来なかったのは特に問題だった。
また、最初に操作手順書を充実といわれているのに、社内レビューで、アレがない。これがない。というのを上司にこういわれているので、今回は割愛。と強く言い切らないといけなかった。意見をくれたから・またそれの方が確かに、いいものが出来そう、ということで、どんどん取り込んでしまったて、結局書かなくても言いドキュメントを書いて、かつ用件もなかなか決められなかった。いいものを特に作りたいと思っていただけに、ドキュメント作成の中身の濃さにぶれが出て、結局そのままずるずる言ってしまった。
ドキュメントに時間をかけてはいけない手はずだったのに、ドキュメントに時間をかけて結局メイクの時間もつぶしてしまった

4.客先に出す質問事項等に対しての、動きの遅さもまずかったなと思う。
その点に関しては、自分の動きの鈍さの一択が理由なので、何も言うことがない。
質問事項に関しては、早く向こうに問い合わせ、早く回答を貰うべきだった。

5.次に環境の見通しの甘さ。環境に関して、工数がないからと、客まかせにしてしまった。開発サーバを作らないとという発言はしたのだが、自前でサーバを用意するのは難しい状況だったし、開発サーバなんか用意しないで、本番サーバと兼用にすればいいだろうと言う上司に、反論しなければいけなかった。いろいろ、自分たちで設定しないと、責任が持てないと。
ましてや、IISは自分の知識が全くないところなのだから、なおさら。
環境部分は自分たちでは厳しいから、助けて欲しいと、前もって言っておくべきだった。

6.新規開発というのを甘く見ていたというのもあると思う。
自分が今まで行ってきた環境というのは、基本的に開発環境は用意されていた。
修正も、似たような機能を参考に、というのが普通に出来たのだが、今回は環境もないし、そう言った参考に出来るソースも全くない状態なのに、それと同じように開発出来ると考えてしまった。しかもその環境を客まかせにしてしまったのだから、なおさらだろう。

7.さわったことがないのにも関わらず、環境がよくわかっていないのにもかかわらず、開発環境の設定を部下任せにしてしまった。
決まった時点で、vb2005のASP開発手順や、ASPのIIS設定等、参考資料に目を通して置くべきだった。

8.たぶん動くだろうという楽観も自分の首を絞めたと言わざるを得ない。
不安点がいくももあったのにもかかわらず、だぶんいけるんじゃないかなあで、なあなあにして、技術根拠を明白に出来なかった。

9.なにより、間に合わないかもしれないというアラートをあげられなかったのが、問題で、上司にもそこを一杯言われた。
自分の中では、今週中に自分のプログラムの片が付けば、何とかなると踏んでいたのだが、色々な件で、問題が吹き出て、結果として、最悪なアラートの出し方になってしまった。危ないかもとは、思っていたのだが、まだいけるんじゃないかと思っていたのだ。だから、部下の割り込み仕事に対しても、OKを出した。ただ、その割り込みのせいで、遅れているとは報告してはいけなかった。自分でもいいわけにしかならないとは思っていたのだが、つっこまれる原因になってしまった。

今回は上司にぼこぼこにされても、全く言い返せませんでしたし。

自分の中ではもっと、うまくやれたんじゃないか。何でこうなっちゃったのかあという思いで一杯です。

今となっては、全部言い訳になってしまいますし、こうなってしまった以上次の機会は当分無いと思いますが、今回の自戒として、ここに書いておきます。

続きを読む "ふるぼっこ" »

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

@Happy_24h

  • twilog

Amazon

趣味関係