2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 02月26日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | スペランカー »

2009.03.04

ふるぼっこ

今日は自分の管理しているプロジェクトが何にも進んでいないので、大目玉を食らいました。

プロジェクト管理というのは難しいですねえ。自分ではもう少し、うまくできるのではないかと思ったんですが、全然出来てなかったですし、出来なかったです。


今後のために、今回何が悪かったのか考えてみます。

1.案件を聞いたときに出来そうか、そうじゃないかの判断をあやまった。
案件はVB2005でIISをつかい、APSで、MDBでシステムを作るというもの。
自分はVB6はさわったことあるものの、VB2005はほとんどさわったことが無く、部下の人も全くの手つかず。webアプリの環境設定も一度アパッチをインストールして動かしたことはあるが、ほとんどさわったことが無く、IIS自体は、それこそ、一度もさわっていない。
一月程度でメイクを完了してテストを行えとのことだった。
この時、正直、厳しいと思ったのだが、上司のVBは簡単だし、出来るやつなら、1週間で作る。出来ないわけないという言葉に、反論出来なかった。
自分のスキルと、部下のスキルでは、やれる自信がないとはっきりと言わなければいけなかった。

2.上記のことがわかっていたのにも関わらず、普通のノリで製造が出来ると考えてしまった。自分がVB2005をよく知らないことをもっと加味してスケジュールを組まなければいけなかった。結果、部下担当のスケジュールの遅延が縮まることがなかった。

3.ドキュメント作成に関しても、順番がまずかったり、ぶれてしまったところがいっぱいあった。
最初から操作手順書を充実させて、詳細設計とかは省いてもいいと言われていたのに、用件定義をきめてとか、足場を固めるつもりで、作っていたドキュメントが、足かせになってしまった。
用件定義やスケジュールを決める段の前に、ユーザからみた場合の、使用方法や制限事項。あるいは必要な機能の洗い出しを出来なかったのは特に問題だった。
また、最初に操作手順書を充実といわれているのに、社内レビューで、アレがない。これがない。というのを上司にこういわれているので、今回は割愛。と強く言い切らないといけなかった。意見をくれたから・またそれの方が確かに、いいものが出来そう、ということで、どんどん取り込んでしまったて、結局書かなくても言いドキュメントを書いて、かつ用件もなかなか決められなかった。いいものを特に作りたいと思っていただけに、ドキュメント作成の中身の濃さにぶれが出て、結局そのままずるずる言ってしまった。
ドキュメントに時間をかけてはいけない手はずだったのに、ドキュメントに時間をかけて結局メイクの時間もつぶしてしまった

4.客先に出す質問事項等に対しての、動きの遅さもまずかったなと思う。
その点に関しては、自分の動きの鈍さの一択が理由なので、何も言うことがない。
質問事項に関しては、早く向こうに問い合わせ、早く回答を貰うべきだった。

5.次に環境の見通しの甘さ。環境に関して、工数がないからと、客まかせにしてしまった。開発サーバを作らないとという発言はしたのだが、自前でサーバを用意するのは難しい状況だったし、開発サーバなんか用意しないで、本番サーバと兼用にすればいいだろうと言う上司に、反論しなければいけなかった。いろいろ、自分たちで設定しないと、責任が持てないと。
ましてや、IISは自分の知識が全くないところなのだから、なおさら。
環境部分は自分たちでは厳しいから、助けて欲しいと、前もって言っておくべきだった。

6.新規開発というのを甘く見ていたというのもあると思う。
自分が今まで行ってきた環境というのは、基本的に開発環境は用意されていた。
修正も、似たような機能を参考に、というのが普通に出来たのだが、今回は環境もないし、そう言った参考に出来るソースも全くない状態なのに、それと同じように開発出来ると考えてしまった。しかもその環境を客まかせにしてしまったのだから、なおさらだろう。

7.さわったことがないのにも関わらず、環境がよくわかっていないのにもかかわらず、開発環境の設定を部下任せにしてしまった。
決まった時点で、vb2005のASP開発手順や、ASPのIIS設定等、参考資料に目を通して置くべきだった。

8.たぶん動くだろうという楽観も自分の首を絞めたと言わざるを得ない。
不安点がいくももあったのにもかかわらず、だぶんいけるんじゃないかなあで、なあなあにして、技術根拠を明白に出来なかった。

9.なにより、間に合わないかもしれないというアラートをあげられなかったのが、問題で、上司にもそこを一杯言われた。
自分の中では、今週中に自分のプログラムの片が付けば、何とかなると踏んでいたのだが、色々な件で、問題が吹き出て、結果として、最悪なアラートの出し方になってしまった。危ないかもとは、思っていたのだが、まだいけるんじゃないかと思っていたのだ。だから、部下の割り込み仕事に対しても、OKを出した。ただ、その割り込みのせいで、遅れているとは報告してはいけなかった。自分でもいいわけにしかならないとは思っていたのだが、つっこまれる原因になってしまった。

今回は上司にぼこぼこにされても、全く言い返せませんでしたし。

自分の中ではもっと、うまくやれたんじゃないか。何でこうなっちゃったのかあという思いで一杯です。

今となっては、全部言い訳になってしまいますし、こうなってしまった以上次の機会は当分無いと思いますが、今回の自戒として、ここに書いておきます。

自分のテリトリー以外のことは、楽観に思っちゃダメって事ですね。
仕事の時は常にマイナスをイメージしていかないといけないんだなあと、思いました。

« 02月26日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | スペランカー »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大丈夫です、どこもみんな同じですよきっと(笑

わたしは開発案件メインではないのですが、よく聞くお話しだと思います。
この後ピックアップした反省点を元に、全員で次の案件に向けての反省会ができれば良いのですが、様々な事情からやっていないところも多いようですし。
過酷な道ですよね。

Windowsなんて、何故動いているかわからないし大嫌いだー(涙

迅速なアラートと言い訳しないのが、上司を巻き込むポイント☆
仕事は振ってナンボだと思います。

頑張りすぎないで~下さいな。
他人の話に耳を傾けることが出来る稀有な人間なんだから。

コメントありがとうございます。
ようやく少し落ち着いてきた感は有りますが、もう少し続きそうです。
とりあえず、もう一段落ついたらもう一度自分ノン中で反省会をしてみようと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63691/44238112

この記事へのトラックバック一覧です: ふるぼっこ:

« 02月26日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | スペランカー »

@Happy_24h

  • twilog

Amazon

趣味関係