2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 悪魔くん | トップページ | 日本人は調整した(BlogPet) »

2010.08.11

朝鮮学校の授業妨害容疑

朝鮮学校授業妨害:「児童対象、許せぬ」 在特会抗議、刑事事件に /京都

 ◇朝鮮学校側弁護団
 京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)に対する「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の「抗議行動」が刑事事件に発展した10日、学校側の弁護団が中京区で会見を開き「警察が着手し、児童や保護者も安心したと思う」と述べた。

 弁護団によると、京都地裁が3月に学校近辺での演説を禁止する仮処分決定を出した後も、在特会側は複数回繰り返し、登下校の児童を保護者が引率するなど警戒していたという。弁護士の一人は「表現の自由を隠れみのに、子供を対象にデモをすることは許されない」と非難。金志成(キムチソン)校長は「子供たちが安心して健やかに育っていけるよう願っている」とのコメントを出した。

 一方、学校側が隣接の公園を校庭代わりに使ったとする都市公園法違反容疑で捜査を受けていることに関し、弁護団は「学校関係者から問題ないと聞いているが、コメントする立場にない」とした。

 ◇公園の使用に、京都市が指導
 在特会が抗議の理由に挙げた京都市立の児童公園。管理する市南部みどり管理事務所などによると、設置の2年後、隣接地に開校した同校が間もなく公園を使用し始めたという。

 市は昨年2月、地域住民から指摘を受け、公園内にあるサッカーゴールや朝礼台などを同校の所有物と確認。都市公園法に基づく設置許可をとっていないため撤去するよう指導していた。

 市は「50年以上たっており、どういう経緯で使用が始まったか不明。現在は撤去されており、学校が地域住民らと譲り合って使うことは問題ないのだが」としている。

毎日新聞 2010年8月11日 地方版


「在特会」幹部ら4人逮捕 朝鮮学校の授業妨害容疑

 京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)の周辺で拡声器を使い授業を妨害したなどとして、京都府警は10日、威力業務妨害容疑などで「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の幹部ら4人を逮捕した。

 捜査関係者によると、幹部らは昨年12月4日、同校周辺で「こんなもの学校ではない」「朝鮮学校を日本からたたき出せ」などと約1時間にわたり拡声器で叫んだり、同校が向かいの公園に設置したスピーカーのコードを切断したりした疑いが持たれている。

 学校側は威力業務妨害や器物損壊の疑いで府警に刑事告訴。京都地裁は今年3月、在特会に対し、同校周辺での街宣活動を禁止する仮処分を決定。その後も活動が続いたため同5月、仮処分に違反した場合、1日につき100万円を学校側に支払うよう命じる間接強制を決めた。

 在特会のホームページによると、2006年設立で、本部は東京都品川区。「在日韓国・朝鮮人の特別永住資格は特権」などと批判し、全国の会員数は9千人を超える。

2010/08/10 14:03 【共同通信】

授業妨害:「在特会」の4人逮捕 京都府警


 拡声機を使い「朝鮮学校はぶっ壊せ」などと大音量で叫んで京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)の授業を妨害したとして、京都府警は10日、在日特権を許さない市民の会(在特会)の幹部らから威力業務妨害などの容疑で事情聴取を始め、4人を逮捕した。同校を運営する京都朝鮮学園が器物損壊や名誉棄損の容疑と合わせ告訴していた。

 告訴状や関係者の話では、在特会幹部ら約10人は09年12月4日午後、同校校門前で約1時間にわたり、「こいつら密入国の子孫」「日本から出ていけ」などと怒鳴り、授業を妨害。向かいにある市立の児童公園に同校が設置していたスピーカーのコードを切断するなどしたとされる。

 在特会側は、同校が児童公園を不法に占拠していると主張し、この行動の模様を撮影してインターネットで紹介。「民族差別だ」として抗議活動が起きていた。

 また、在特会側がその後も同様の活動を予告したため、学園が「児童の精神面に深い傷を与える」として、半径200メートル圏内での演説、教職員や児童への面会強要禁止などを求めて仮処分を申請し、京都地裁が3月に認めた。

 一方、在特会側は「公園を校庭代わりに無断使用している」として都市公園法違反容疑で学園側を告発。在特会京都支部幹部はこれまでの取材に「徹底的に闘う」としていた。

 ホームページによると、在特会は在日韓国人・朝鮮人の特別永住資格を「特権」と位置付け、根拠となる入管特例法の廃止を主張。全国でデモや街宣を展開している。会員数は9252人(10日午前現在)。

毎日新聞 2010年8月10日 13時39分

 「在特会」幹部ら逮捕

 
 京都朝鮮第一初級学校(南区)の授業を妨害したなどとして、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)メンバーら4人が逮捕された10日、同校側の弁護団が京都市内で記者会見。児童らの目前で繰り返された差別的な発言について、「表現の自由を隠れみのにした犯罪行為」と指摘し、改めて在特会の活動に怒りと警戒感をあらわにした。

 逮捕容疑となった街宣活動があった昨年12月4日の昼過ぎ。同校によると、校内には1~6年の約90人に加え、ほかの三つの朝鮮初級学校の児童らも訪れ、交流会を楽しんでいた。

 メンバーらは同校の前で約1時間にわたり、「スパイの子ども」「日本からたたき出せ」などと拡声機でどなり続け、怖がって泣き出す児童もいた。翌日には「学校に行きたくない」と、腹痛を訴える子もいた。

 その後も、またメンバーらが来るかもしれないと、教員や保護者が交代で校舎の周辺などを見回った。しばらくの間、緊張した雰囲気が続いたという。

 弁護団の弁護士らは、こうした経緯を同校教員らから聞き取るなどしてきた。

 会見には6人が出席。「民族教育の場で起きた事件で、自尊心を傷つけられた子どもたちの気持ちを思うと心が痛む」と語った。

 また、在特会が動画投稿サイトに街宣の様子を公開し、会員を増やしていることに触れ、「刺激的な活動で自分たちの意見を広め、一般市民の差別心をあおっている」と批判。メンバーらの逮捕については「遊び半分で参加してはいけない行為だと警鐘を鳴らす意味がある」と評価した。

 同校の金志成(キムジソン)校長は「今回の逮捕が一罰百戒となり、民族差別、外国人いじめのない、すべての子どもが安心して健やかに育っていける社会となるよう心から願う」とコメントした。

「在特会」一問一答

 在特会の桜井誠会長(38)は今月5日、読売新聞の取材に応じ、街宣活動の正当性を訴えた。

 ――昨年12月の活動に違法性はなかったのか。

 「現場にはいなかったが、活動に全く問題はない。公園を不法占拠した朝礼台などを返しに行っただけだ。スピーカーを撤去したのは漏電の危険性があったから。遊ぶ子どもの命を守った」

 ――誹謗(ひぼう)中傷するやり方に問題はないか。

 「誰もやったことがない運動への批判は当たり前。日本人の怒りの声を学校側に真摯(しんし)に受け止めてもらいたい。非難を恐れていたら、何もできなくなる」

 ――多くの会員を抱えるようになった理由は。

 「若い参加者の根底には、今の政治や社会に対する絶望感があり、その受け皿になっている。一人ひとりが街頭で語る姿がネットで生中継されることで、共感する人たちが増えたのではないか」

(2010年8月11日 読売新聞)

会長宅からパソコンを押収 在特会事件 朝日新聞2010年8月11日


 京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)の授業を街宣活動で妨害したとして、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の幹部らが逮捕された事件で、京都府警が、東京の会長宅からパソコンを押収したことが捜査関係者への取材でわかった。府警は家宅捜索した関係先12カ所で押収した資料約130点を分析し、組織の実態解明を進める。

 10日に逮捕されたのは、在特会副会長で電気工事業川東大了(かわひがし・だいりょう)容疑者(39)と、同会京都支部運営担当でマンション管理業西村斉(ひとし)容疑者(41)のほか、友好団体「主権回復を目指す会」(主権会、事務局・東京)の元関西支部長で会社員中谷辰一郎容疑者(41)=大阪市西淀川区=と、主権会の元関西支部事務局長でスナック経営荒巻靖彦容疑者(46)=兵庫県尼崎市。4人は威力業務妨害と名誉棄損、暴力行為等処罰法違反(集団的器物損壊)の容疑を認め、「日本のためにやった」などと供述しているという。

 一方で府警は、同初級学校が市の許可を得ず、隣接する児童公園にスピーカーやサッカーゴールなどを設置していたとして、学校関係者から都市公園法違反の疑いで任意聴取を始めたと発表した。

 メンバーの逮捕を受け、在特会の桜井誠会長は動画サイトで「このような容疑で逮捕されるいわれは全くないと信じている」と主張。同校の金志成(キム・チソン)校長は談話で「一罰百戒となり、民族差別がない社会となるよう願う」とし、公園の占有については「事前に市の了解を得ていると認識していた」と述べた。

「安心の学びの場を」 朝日新聞 2010年08月11日


 京都朝鮮第一初級学校(南区)に対し、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)メンバーらが行った街宣活動は10日、幹部ら4人が威力業務妨害容疑などで府警に逮捕される事件に発展した。学校関係者は「子どもたちが安心して学べる環境を取り戻したい」と胸をなで下ろした。


 「表現の自由を隠れみのにした、許されない違法行為であることが示された」。逮捕後、弁護士98人でつくる「京都第一初級学校嫌がらせ事件弁護団」のメンバーら5人が記者会見し、そう語った。


 在特会は、街宣活動をインターネットの動画サイトで公開し、会員を増やしてきた。弁護団メンバーの一人は「市民が『ネットを見て気軽に参加しました』では済まされない犯罪行為。逮捕が警鐘を鳴らすことにもつながる」と期待を寄せた。


 この日、夏休み中の初級学校では、クラブ活動に取り組む児童らが朝から姿を見せ、大きな混乱はなかった。金志成(キム・チソン)校長は「グループが子どもたちを混乱と不安に陥れたことは決して許すことができない。常軌を逸した異常な言動が、法の裁きを受けることは当然」とコメントした。


 一方、自らも東京の自宅が家宅捜索を受けた在特会の桜井誠会長は動画サイトで主張を展開。「在特会は常に筋を通してきた。活動に犯罪行為があったとみなされるのであれば、堂々と法廷の場で戦えばよろしい」などと発言し、会員らには「暴発」をしないよう呼びかけた。


 逮捕された在特会メンバーの「日本からたたき出せ」といった言動について、太田修・同志社大大学院教授(朝鮮現代史)は「単なる誹謗(ひぼう)中傷。在日の児童らへの人権侵害以外の何物でもない。彼らの挑発は冷静に受け止めなければならない」とみる。


 アジア諸国への植民地支配をめぐり、日本政府が反省とおわびを示した1995年の「村山談話」と、それを踏まえて韓国へのおわびの言葉を述べた10日の菅直人首相の談話は、多くの国民の共通認識に支えられていると、太田教授は考える。一方で、これを極端に否定する意見が若い世代にみられることを懸念し、「歴史教育を再検討する必要がある。アジア諸国に対する、私たち市民の良識が問われている」と指摘する。

在特会 朝鮮学校に抗議活動で逮捕 京都 2010.8.11 03:18 産経新聞


 京都市南区の京都朝鮮第一初級学校の前で昨年12月、市民団体「在日特権を許さない市民の会(在特会)」(本部・東京)が拡声器を使って抗議活動をした問題で、京都府警は10日、威力業務妨害容疑などで、在特会京都支部運営で、マンション管理業の西村斉容疑者(41)=京都市右京区=、在特会副会長で、電気工事業の川東大了容疑者(39)=大阪府枚方市=ら4人を逮捕。東京都の在特会会長宅や事務所などを家宅捜索した。

 4人は容疑を認めており、西村容疑者は「日本のためにやった」などと供述しているという。

 逮捕容疑は、昨年12月4日、約1時間にわたり京都朝鮮第一初級学校周辺で、「朝鮮学校を日本からたたき出せ」とスピーカーで叫ぶなどし、同校の教育活動を妨害したとしている。

 また、府警は同日、京都市の許可を得ずに、隣接する公園にサッカーゴールや、朝礼台などを設置したとして任意で、学校関係者1人を、都市公園法違反容疑で取り調べた。


府警、「在特会」強制捜査へ
朝鮮学校民族差別問題

 京都市南区の京都朝鮮第一初級学校で昨年12月、「在日特権を許さない市民の会(在特会)」のメンバーらが民族差別発言をしたとされる問題で、京都府警が、威力業務妨害と名誉棄損、器物損壊の疑いで、在特会に対し、近く強制捜査に乗り出す方針を固めたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。

 同校と同校を運営する学校法人京都朝鮮学園が昨年12月21日、南署に告訴していた。

 告訴状によると、在特会のメンバーらは共謀し、昨年12月4日午後1時ごろ、校門前で「朝鮮学校をぶっ壊せ」「スパイの子ども」などと拡声器で叫んで授業を妨害し、学校や児童を中傷したほか、学校が向かい側の児童公園に置いていたスピーカーのコードを無断で切断し、朝礼台を撤去するなどした、とされる。

 在特会関西支部の幹部は昨年、京都新聞社の取材に、「抗議行動はしたが、違法なことはない」と主張していた。

 在特会のホームページによると、同会は「行動する保守」を名乗り、2006年12月に創立された。同会の主張や行動に賛同する「会員」は約9200人いる、という。

【 2010年08月10日 08時55分 京都新聞】

「在特会」のメンバー逮捕、「朝鮮学校の子供に応援メッセージ」-韓国


  京都府警は10日、京都朝鮮学園が器物損壊や名誉棄損の容疑と合わせ告訴していた、在日特権を許さない市民の会(在特会)のメンバーなど4人を威力業務妨害、名誉棄損などの疑いで逮捕した。

  在特会のメンバーは、昨年12月4日に京都市南区にある京都朝鮮第一初級学校に訪れ、拡声機を使い約1時間にわたり、同校の前で叫ぶなどして、授業を妨害したとされている。

  韓国の複数のメディアもこのニュースを報じている。同団体は、朝鮮学校が市の管理している児童公園を運動場代わりに使用し、スピーカーやサッカーのゴールポストを無断で設置したとし抗議にきたとし、拡声器で「北朝鮮のスパイ養成所」「スパイの子ども」「日本からたたき出せ」などと、聞くに堪えない差別的な罵詈雑言を繰り返した。また児童公園にあった同校が管理しているスピーカーの線を切断し、ゴールポストを校内に投げ込むなどの暴挙を行ったと伝えている。

  これに対し、学校側は半径200メートル圏内での演説、教職員や児童への面会強要禁止などの仮処分を京都地裁に要請し、京都地裁はこれを認めた。

  事件発生後には、同小学校の子供に、励ましのメッセージを送ろうと呼びかけた韓国のメディアも複数見られた。これは日本国内にある朝鮮学校の支援団体「朝鮮学校を支える会・京滋」が行った運動が発端となったもの。在日韓国人や良心的な日本人から送られた手紙が紹介されている。

  手紙の一部には、クリスマスカードや、本を購入して応援の気持ちを示す場合もあった。また東京に住んでいる日本人は「この(右翼団体の)大人たちは、あなたが考えること以上に愚かな子どものような人々です。皆さんの心が少しでも癒されるよう祈っており、応援している日本人がたくさんいることを知ってほしい」とのメッセ―ジを送ったという。

  韓国・富川の青少年団体所属の高校生は「助けることができず申し訳ありませんが、頑張ってください。私達も応援しています」などの温かい応援の言葉を伝えたという。

  一方、京都府警は、京都朝鮮初級第一学校が市の許可を得ずに朝礼台などを設置し、公園を占領したとして、都市公園法違反の疑いで捜査を開始している。(サーチナ 編集担当:李信恵・山口幸治)

この手のニュース串刺しは久しぶり。
記事を串刺しで読んでみると、各マスコミの姿勢がわかりますね。

今回の在特会の行動は、マスコミの記事だけ読むとやりすぎな感はしますね。
「スパイの子ども」「日本からたたき出せ」は子供を対象にするヤジとしては、問題ありだと感じます。

器物破損に関しては、機材の漏電についてや、朝鮮学校が無断で公園にそういったものを置いているというのを記載しているかしていないかで、ずいぶん印象が変わりますね。集めてみてわかるとおり、記載していない方が多く、そういった記事は、在特会があからさまに悪人です。

在特会があげている動画を確認していないので、自分は何ともいえないですが、この時期。菅さんが談話発表したのにあわせて逮捕とは、なにかつながりがあるんですかねえ。


しかし、民主党はろくな事やらない。

マスコミにつぶされた麻生さんや安部さんがもっと長く総理をしていたらと思います。

« 悪魔くん | トップページ | 日本人は調整した(BlogPet) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

ゆうが占有したの?

違うよ。
ねぇ聞いてる?、違う。

*このエントリは、ブログペットの「こゆき」が嫌いなしょうたが書きました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63691/49124435

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮学校の授業妨害容疑:

« 悪魔くん | トップページ | 日本人は調整した(BlogPet) »

@Happy_24h

  • twilog

Amazon

趣味関係