2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 日本最南端のチャペル | トップページ | パソコンスペックメモ »

2010.08.22

石垣島旅行

8/18-8/21に石垣島に旅行に行ってきました。

家族と一緒に行くために、前日に、両親宅入り。
そこで、まず第一のハプニング。
両親宅入りする前に、度付きのゴーグルを買ったんですが、レンズ部が一つ足りないことが発覚。
買うときに、個数を気にしたんですが、一つの箱に重なって二個入っているように見えたんですよね。だから問題ないかなと思ったんですが。問題ありでした。とりあえず、現地調達できることを祈って、就寝。

翌日、出発。想定通り出発するものの、羽田着が、電車一本遅かったら、間に合わなかったかもというぎりぎりの時間に。あわてて、チェックイン等をすませて、乗り込み、出発し、那覇到着。
そこで第二のハプニング。
機体の調整の関係で、予定した飛行機が欠航。
石垣島行きの人は、一カ所に集められ、空港の人から説明。別の会社の飛行機を手配しているから、
もう少し待っていてほしいとのこと。で、しばらく待って、ようやく手続き終了。
乗り換えの短い時間にお昼を予定したのですが、しょうがなく、売店で弁当を手に入れることに。
しかし、その売店が行列。並んでいる間に、乗る飛行機の最終案内が告知。
なんとか、弁当を手に入れ、搭乗口までダッシュ。しかし、その売店から搭乗口まで遠い遠い。
1kmくらいあったのかなあ。ゼーハー言いながら、飛行機に乗り込み、那覇出発、石垣到着。
空港で、つぶやこうとしたら、石垣では、イーモバイルが圏外。いろいろつぶやこうとしたので、ちょっとざんねんでした。ちなみにソフトバンクと、ウィルコムは圏内でした。

石垣から、レンタカーに乗って、宿泊地のフサキリゾートまで。
部屋に入って、のんびりしていると、そこで第三のハプニング。
なんと、宿側がダブルブッキング。別のホテルに移ってもらえないかと。交渉の末、宿を移ることに。
で、しばらく散策して、シーサの写真を撮ったり海を撮ったり、度付きゴーグルの片割れをみつけたりして、晩ご飯。
石垣牛のステーキでした。おいしかったのですが、100gでちょっと物足りなかったのと、油が強すぎる感じ。
大根おろしのソースだったらおいしかったんじゃないかなあ。店員さんも、研修生が多くあまり、対応がいいとはいえませんでした。値段も高かったし。
部屋に帰って、飲み直し。地ビール飲み比べとかして、その日は終了しました。

翌日。ホテル付属のマリンアクティビティは高いので、マリンタイムというところがやっているプランに参加。父親が釣りをしたかったみたいで、釣りをやっていて、調理をしてくれるところは、ここしか見つけられなかったんですよね。
石垣港から船に乗り込み、30分くらい沖へ。そしてそこでグルクン釣り。船に魚群探知機装備で、魚のいるところに案内してくれるので、よく釣れました。
3人で15匹くらいは釣ったと思います。
釣りが終わった後は、一度港に戻ってお弁当。ふつうのお弁当でした。
港の何もないところでふつうのお弁当。ちょっとなあとか思いつつ、船酔いの人がいたら、ちょうどいい休憩になるんだろうなと思いました。
その後追加で1グループ加えてシュノーケリングに。海底いっぱいに広がる珊瑚。特に青い珊瑚はきれいでした。
このときの写真は撮っていないのですが、船長さん店員さんのブログに、写真が載っています。海の中が気になる人は見てみるといいかも。
シュノーケルが終わって、宿に帰り、お風呂とかいろいろしていると、つかれて、お昼寝。
そのあと、釣った魚を食べるために海八へ。
やっぱり産地直送…というか、とれたての魚は美味しいですねえ。グルクンの刺身も唐揚げもあんかけも美味しかったです。
このお店揚げ物が美味しいので天ぷらと鶏の唐揚げを注文したら、想定より量が多くて食べ切れませんでした。なにより、ウツボの唐揚げが思ったより濃厚だったのも敗因。
気になったところはせっかく飲むんだから、送迎してもらえるといいのに。せめて、帰りはいいけど行きは迎えきてくれるとかあるといいのにと思いました。
帰ったら、酒と疲れで、バタンキューでした。

3日目。
この日は予定なしということなので、急遽kotobukiが島内観光スケジュールを組み立てることに。
タクシーのツアーとか、ネットの口コミとかパンフとか見て目星をつけ、出発。
まずは、宿泊地に近い唐人墓と観音崎灯台。
唐人墓は中華様式の慰霊碑といったところ。すぐ近くに手作りで黒糖を作っているところがあり、そこで、雪氷(台湾風かき氷)を黒蜜食べました。ふつうのかき氷と比べると、なめらか。黒糖水を凍らせてあるのか、氷自体がほんのり甘かったです。
3人で一つ食るのにちょうどいい量でした。
次は石垣島天文台
カーナビを頼りにいったら、目的地にたどり着けそうな道は進入禁止。天文台なんてなかなかみる機会がないのでみてみたかったんですけど、あきらめました。残念。
で、みね屋工芸館
歴史の展示や機織り機などありましたが、基本はおみやげ屋さん。石垣ブルーとかいい色だったんですが、高くて手が出ませんでした。シャツ一枚19000円とかするんですもの。
それから、川平湾に向い、琉球真珠でお昼ご飯。自分はもっと沖縄系のお昼を食べたかったのですが、父親の希望で、カレーライスに。ふつうのカレーでした。琉球真珠では、8800で真珠の核入れ体験ができ、2年後に真珠を置くってくれるそうなのですが、これをスルーして、今度は、吹通川へ。
吹通川ではマングローブが見えるとのことだったんですが。走っている道路からは、どこからわからず、スルー。
そのまま玉取崎展望台に。ここの景色もすごくよかったです。
その後、石垣島鍾乳洞にいって見学。ふつう鍾乳洞はひんやりしているイメージですが、ここは暖かくむしむししていました。
5センチくらいの成長するのに300年かかるんだとか。大きく成長しているものは1万年以上たっているとか。
見学できる部分は700M近くあり、見応えがありました。
その後、宿へ。
バッティングした宿が用意した宿はANAインターコンチネンタル石垣リゾート
部屋に入って少し休憩した後は、近くのビーチで軽く泳いで、その後イタリアンバイキングで食事。パスタとか、目の前で、一手間加えて作ってくれます。
味もよかったです。
この日は、1日目に飲みきれなかった、ゴーヤドライに挑戦。思ったより美味しかったですが、最後に苦みが残るのがちょっと気になりました。

4日目。
朝起きて、近くのビーチで軽くシュノーケリング。あまり魚はいませんでしたが、そこそこ楽しめました。
で、出発の準備をして、近くの酒屋で泡盛をお買い物。で、空港へ。
空港でソーキそばをたべる。
そばといってもふつうのそばではなく。ラーメンの一種のような感じ。そばと思えば、なんだこれですが、ラーメンだと思えば、ふつうです。ホテルでも少し食べたのですが、ホテルのも空港のも、味はいまいち。次回はもう少し美味しいといいんだけど。
その後、石垣から那覇に飛んで、那覇市内観光。モノレールにのって、国際通りの近くに行き、国際通りでショッピング。旅先で浮かれてちょっと買いすぎちゃいました。
晩ご飯は、牧志公設市場で魚をチョイスし、その上でその魚を調理してもらって、お食事。
やっぱり刺身が美味しかったです。
そのあとはタクシーで、那覇空港。
予定通りについて、後は乗るだけというところでなって、最後のハプニング。
両親が、那覇で買ったおみやげをタクシー車内に置き忘れ。
気がついたのは出発20分前くらいで、もうだめだねとあきらめかけて、飛行機に乗ろうとした直後、突然係員さんに呼び止められ、

「タクシー車内におみやげ忘れませんでしたか?」

で、父親がダッシュで、おみやげを取りに行き、飛行機も無事に乗ることができました。

なんかいろいろハプニングがあったけど、楽しい旅行でした。

« 日本最南端のチャペル | トップページ | パソコンスペックメモ »

レポート」カテゴリの記事

コメント

ああああ。いいなぁ、石垣島。

こめんとありがとうございます。
いってきましたよ、石垣島。いいところでしたよ。
車乗れれば、移動には困らないところでしたし。
ただ、TRPGやる環境はすくなそうかな。

これで、借りた本も読めますのでもう少しかしておいてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63691/49219149

この記事へのトラックバック一覧です: 石垣島旅行:

« 日本最南端のチャペル | トップページ | パソコンスペックメモ »

@Happy_24h

  • twilog

Amazon

趣味関係