2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« アナログゲーム何時記201203-001 | トップページ | メール環境再構築 »

2012.03.20

佐野川温泉に行ってきました

3/18.19と佐野川温泉に行ってきました
ずっと前から旅行行きたいと思っていたので、ようやくいけました。
どこ行こうか迷ってたのですが、こんな記事を見つけたのでゲーム旅行の宿泊地のひとつに考えていた佐野川温泉に。

まずは東京でお弁当にビールを持って新幹線に。
三島で降りて、沼津を通り過ぎ富士へ、そこから甲府方面に乗り換えて富士宮で下車。
そこからシャトルバスに揺られること30分で、会場に。
東京から、富士宮までは何とか持ったのですが、バスに乗っている間に、空が泣き出しちゃいました。
小降りとはいえそこそこの雨がふるなか会場到着。
着くと人の列が延々と続いています。これはまずったかと思いきや、これは全部駅へと帰る人のバス待ち。
着いたのがちょうどお昼頃だったのと、雨が降り出したのでその辺ピークになった模様。
その列をかき分け、何とか会場入り
中は完全にお祭りモード。舞台では大正琴の演奏があったり、地場のものがいろいろ売っていたり。
そしてそこは蔵開き。お酒試飲し放題。生搾り原酒・純米酒・コケモモ酒。ゆずワインなどなど。
雨にも負けず、みそ田楽・焼き豚・たこ焼き・フランクフルト・ヤマメの塩焼きなんかをつまみに飲んだり食べたり。
舞台では大正琴が終わるとバナナのたたき売りが始まったりで、盛り上がってました。
最後にそこで、お披露目酒・ゆずワイン・福箱を買って撤収しました。
来たときに並に並ぶとやだなあと思っていたバスもすでに山を越え並ぶことなく撤収できました。

駅に戻り、おなかと相談した結果、富士宮焼きそばを見送り、目的地へ。
富士宮焼きそばは以前会社の人たちと沼津に来たときに食べたこともあり、川崎ラゾーナに富士宮焼きそばの店があり、比較的食べに行ってたりすることもあるので、今回はまあ、いいやという結論になりました。

で、一路佐野川温泉へ。
乗った電車は見延線なのですが、2両編成でワンマン電車。駅に止まっても自動でドアが開かないタイプ。
路面電車をのぞくとワンマン電車は初めてかな? 何より驚いたのは、駅について前の一両しかドアが開かない場合があること。
こんな事ができるなら、東京の方でもやればいいのになあ。人おおすぎで無理かな?

で、井出駅到着。周り何もないというか峠の道しかない。タクシー乗り場は1台のタクシーが止まれるスペースにタクシー1台。
宿まであのタクシーで行けばいいやと思いながら、宿の名前を確認していると、なんとタクシーがいなくなる。
しょうがないので、タクシーを呼ぶことに。駅から5分位で、料金は1300円くらいでした。
宿の周りもなんもなし。山に囲まれた自然の多い宿でした。
部屋の広さもぼちぼちで不自由を感じることはなかったです。
料理は味も良く、かなり量があり、仮に富士宮で焼きそば食べてたら全部食べ切れませんでした。
そしてメインの温泉。ここはぬる湯でそこそこ有名だそうですが、ぬるっていうか冷たいよ。
半出来温泉よりなお冷たい感じ。夏とかもう少し暖かい時期なら耐えられるけど、この時期はまだ寒く、耐えられませんでした。
あとはここの温泉。飲める温泉なのですが、便秘の人のはいいのですがおなか弱い人には向かないらしく、何となくおなかの調子が悪かったです。
水があわないってあるんだなあと思いました。

翌日。
駅まで送ってもらって、沼津へ。無人駅で乗ったので、切符の車内販売でした。これもあまりない体験でした。
いや、切符の車内販売自体は流山電鉄とかたまにあるけど。
で、沼津で降りて、バスに乗り沼津港へ。港までは循環バスが出ていました料金は100円やすいなあ。
で、港のフードコードみたいなところを巡り、入店。
イクラたっぷり丼に桜エビ・ネギトロトッピング。店を決めた理由がトッピングできるところなのでした。
そのほかに生しらす等をたのみ舌鼓。美味しかったです。
ご当地ソーダで、富士山ソーダとか、静岡茶コーラとかあったけど、おなか一杯で入りませんでした。

で、そこからは富士・三島・東京と行ったルートで帰って来ました。

まあ、帰りはちょっと、交通の関係で(乗り継ぎが良すぎて)せわしなかったですが、
なんかすごくのんびり出来た旅行でした。

 


佐野川温泉のまとめ。

EM・ウイルコムは圏外
ソフトバンクは入るものの使い物にならない。

ドコモ・AUは普通につながるっぽかったです。


富士宮駅は少し離れたところにイオンがあるけど、すぐ近くには何もなし。
井出駅・宿の周りには本当に何もないので、買い出しは早めの段階でしないと何も買えないかも。

温泉は夜10時までしか入れなかったのは残念。ただ、沸かさないとえらいぬるいのでしょうがないかも。
温度的には温水プールくらいの温度でした。内湯は沸かしているのもあり、そこは普通の温度でした。

料金的には、朝晩ついて1万弱。料理はそこそこボリュームがあるので、そこを不満に思うことはないと思うって感じです。


交通費としては東京から新幹線に乗っても片道5000円弱で3時間程度の旅。ただ乗り換えが多いこともあり、誰かとのんびりするにはいいけど、みんなでわいわいするにはちょっと向かないかなと思いました。


« アナログゲーム何時記201203-001 | トップページ | メール環境再構築 »

レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63691/54265923

この記事へのトラックバック一覧です: 佐野川温泉に行ってきました:

« アナログゲーム何時記201203-001 | トップページ | メール環境再構築 »

@Happy_24h

  • twilog

Amazon

趣味関係