2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 料理メモ201208-005 | トップページ | カフェスクールメモ009~カレー »

2012.08.18

カフェスクールメモ008~チーズケーキ

クッキー
薄力粉・砂糖・バターをフードカッターでバターの固まりがなくなるまで混ぜる
ならした後に、全体にかかるように卵を回し入れる
粗みじんを作るときのように、押しっぱなしにしないで、少し切って、止めてをそぼろ状になるまで繰り返す。
ラップに包み指でつぶしながら板状にする。
使用するラップはサランラップ以外の物を使用すること

ラップを開き、生地を4折りにした後、ラップで挟み込む
ラップの上から、タルト型よりそこそこ大きくなるように生地をのばす。

挟み込んだラップの片側をはがし、タルト型に敷き詰める。タルト型は穴あきの物を使用するコト
角まできっちり敷き詰める。
包丁の背などで、タルト型をこすり、余っている分を切り離す。
ラップをはがし、うまくできていない部分は補修する。
パイ生地の場合は補修不可。
そこにフォークでまんべんなく2mmていどの穴をあける。

余った生地は次回に繰り越しても良いし、クッキーとしても利用可能


チーズムース
粉ゼラチンとクリームチーズを混ぜるときは、クリームチーズ・粉ゼラチンを少し暖め、ゼラチンがすぐに固まらないようにする

生クリームとクリームチーズを混ぜるときは、クリームチーズを生クリームと同じくらいの堅さまで氷水で冷やしてから、あわせる。そうしないと分離してしまう。

生クリームを泡立てるときは、ステンレスのホイッパー+ステンレスのボールという組み合わせはNG
ステンレス同士がこすれ、微粉末の黒い粒がホイップに混じるため。
→ホワイトソース作成の時は、ステンレス製の鍋+ホイッパーだったがこれはどうして? 要確認。

型に入れるときは、チーズムースを少し暖めて、追加で足したときに、跡が残らないようにする。

Photo


« 料理メモ201208-005 | トップページ | カフェスクールメモ009~カレー »

カフェ準備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63691/55449489

この記事へのトラックバック一覧です: カフェスクールメモ008~チーズケーキ:

« 料理メモ201208-005 | トップページ | カフェスクールメモ009~カレー »

@Happy_24h

  • twilog

Amazon

趣味関係