2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 神社に呼ばれてその5 | トップページ | 神社に呼ばれて―復習編その2 »

2017.03.07

神社に呼ばれて―復習編その1

3/7に荻窪八幡神社と井草八幡宮にお参りしてきましたが摂社の御祭神がたくさんおられたので、先日、抜き出したイベントの視点から整理してみます。


まず、イザナギが黄泉から帰って、禊したときに生まれたのが、
アマテラス・ツクヨミ・スサノオと書きましたが、実際にはもっとたくさんいて、
禍津日神直毘神少童三神(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%9F)、住吉三神(底筒男命(そこつつのおのみこと)、中筒男命(なかつつのおのみこと)、表筒男命(うわつつのおのみこと))
そして、瀬織津比売大神(せおりつひめのおおかみ)、速開津比売大神(はやあきつひめのおおかみ)、息吹戸主大神(いぶきどぬしのおおかみ)、早佐須良比売大神(はやさすらひめのおおかみ)が生まれたそうです。

祓戸神社は祓戸大神を祭っていて、祓戸大神は瀬織津比売大神、速開津比売大神、息吹戸主大神、早佐須良比売大神の4柱を指すそうです。

少彦名命(スクナビコナ)は外の国から来訪した神様みたいですね。
大黒主の国造りの時に、やってきて、大黒主と一緒に国づくりをやったみたいです。
また、、神功皇后(大帯比賣命 (おおたらしひめのみこと))が角鹿(敦賀)より還った応神天皇(八幡様)を迎えたときの歌に「少名御神」の名で登場するそうです。

大物主は大黒主と一緒に国づくりをやったスクナビコナが大黒主のもとを去ったあと大国主がこれからどうやってこの国を造って行けば良いのかと思い悩んでいた時に、海の向こうから大物主があらわれたそうです。
大物主は大黒主の和魂だとされています。
和魂っていうのは、同一の神でも別の神に見えるほどの強い個性の表れであり、実際別の神名が与えられたり別にまつられたりするそうです。大物主=大黒主でもあるんですね。

国之常立神(くにのとこたちのかみ)は神話の一番最初に名前の出てくる神様ですが、登場人物としては、登場はしていないそうです。また、伊勢神道では天之御中主神、豊受大神とともに根源神とされているようです。

火之迦具土神はイザナミが生んだ神様。この神様を生んだことで、イザナミは死んでしまいます。
金山毘古命(かなやまひこのかみ)、は、イザナミが火の神カグツチを産んで火傷をし病み苦しんでいるときに、その嘔吐物(たぐり)から生まれた神様です。鉱山の神様だそうです。

日本武尊 (ヤマトタケル)は八幡様のおじいさん。
コノハナサクヤヒメはニニギと結婚した神様でした。

この感じだと、大国主の国造り~天孫降臨~国譲りあたりの神様をもう少し調べた方がいい感じでしょうかねえ。
イザナミの禊の神様は出尽くしているので、その辺の神様に会いに行った方がいいのかといった感じですかね。
この調子だと、どこかの摂社でお会いできそうな感じですけど。


« 神社に呼ばれてその5 | トップページ | 神社に呼ばれて―復習編その2 »

スピ関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63691/64984010

この記事へのトラックバック一覧です: 神社に呼ばれて―復習編その1:

« 神社に呼ばれてその5 | トップページ | 神社に呼ばれて―復習編その2 »

@Happy_24h

  • twilog

Amazon

趣味関係